Canada Journal
移民&ビザ

ビジネス移民 (Business)

投資移民 (Investor)

  • 合法的に得た純資産額が80万カナダドル(7,200万円)相当額がある。 当資産は申請者本人及び配偶者の合計資産額から負債金を差し引いたものである。
  • 管理職経験もしくは事業主の経験があること。申請者は申請以前の5年以内に、 最低二年以上に認められた事業または、5人以上の部下を管理していたこと。
  • 移民プログラムの投資ファンド全額40万ドル(4,000万円)を利回り無しで購入し、 5年間保持すること。元本はカナダ連邦政府またはケベック州政府に100%保証され、5年後投資元金が返金されます。また、12万カナダドル(1,200万円)を前払いで、 銀行から無担保で資金融資を受ける方法もあります。
    • 全額投資
      申請者は移民プログラムに必要な全額40万カナダドルを指定した金融機関を通して連邦政府またはケベック政府に支払います。 5年後の満期の際に、政府より元金のみを投資家に返します。
    • 融資オプション
      申請者は12万カナダドルを金融機関の口座に入金し、 5年間の金利と手数料として支払いますので、このお金は返還されません。 金融機関が不足の28万カナダドルを直ちに融資し、トータル40万カナダドルを連邦政府 またはケベック政府に移民プログラムの投資額として支払います。

企業家移民 (Entrepreneur)

  • 合法的に得た純資産額が30万カナダドル(2,700万円)相当額がある。 当資産は申請者本人及び配偶者の合計資産額から負債金を差し引いたものである。
  • 申請者は申請以前の5年以内に経営事績がある企業で、経営者として2年以上の運営経験が必要。
  • 申請者は企業家としてカナダに移民後、3年以内に企業を運営し、決められた条件 を満たした場合、最終的に永住権が認められる。  

自営業移民 (Self-employed)

  • 文化やスポーツ分野にて専門技術や資格を持ち、国家レベル選手、俳優、芸術家または農場を経営、管理の経験者で、カナダ移住後も、カナダ社会に貢献できる;家族の経済独立に、一定額の資産証明を必要とされる。

個人移民(Skilled Worker)

スキルドワーカークラスは、数あるカナダ移民クラスの中でも全案件数の約6割を占める、最も一般的なプログラムです。一定水準以上の職歴および学歴を持ち、6項目の基準(学歴、語学力、職歴、年齢、雇用の確保、適応性)でパスマークを超えていることが条件です。

申請条件

  • 6項目の基準で合計67点以上のポイントがある
  • 最低1年間フルタイム(パートタイムなら、フルタイムに相当する期間)有償の職務経験がある
  • 上記職務経験が過去10年以内のものである
  • 上記職務経験がカナダ人材開発省 (HRSDC) の職種リスト (NOC: National Occupational Classification) に記載されているスキルタイプ0(マネージャー)、A(プロフェッショナル)またはB(テクニカル)に該当する
Federal Skilled Worker Class ポイント査定表
  Selection factors Mark
1 学歴 25
2 語学力 24
3 職歴 21
4 年齢 10
5 雇用 10
6 適応性 10
Total(満点) 100
Pass Mark(合格) 67

追加条件

2008年2月28日以降、以下3つの要件のいずれかを具備しなければなりません。
・カナダでアレンジドエンプロイメントがある(Skilled Level)または
・1年以上カナダで就労、又は就学している または
・指定された38職種での就労経験がある
38職種リスト


カナダ国内で雇用が確保されている申請者以外は一定の資金証明も求められます。
申請者本人を含む家族の合計 求められる資金(カナダドル)
1 $10,833
2 $13,846
3 $16,850
4 $20,130
5 $22,831
6 $25,749
7 又は以上 $28,668

申請方法

2009年4月15日以降、全てのスキルドワーカークラスの案件はノバスコシア州Sydneyにある中央集中オフィス(CIO: Centralized Intake Office)に提出するよう発表されました。

<プロセスの流れ>

CIOによる審査
 ↓
適格(承認)通知を受け取る
 ↓
管轄ビザオフィスに移民申請書類一式送付
 ↓
管轄ビザオフィスにてプロセス開始

カナダ経験移民 (Canadian Express Class)

2008年9月17日より実施された新しい移民プログラムです。 カナダでの就学あるいは就労経験を持ち、一定期間以上の管理・専門または技術職 (Skilled Worker) の経験がある人を対象とし、基本・または中級レベルの語学力が求められます。

基本条件 ケベック以外の州に移住する予定(ケベック州は独自の移民プログラム有) 申請はカナダで在職中、または退職から1年以内に行う

選択条件

  1. カナダの就学経験がある場合
    • - 申請時カナダの一時居住者である
    • - カナダの公立または州政府に認定された一部限定の私立大学・カレッジ・CEGEPsで2年(1年大学院生の場合、予備課程の1年も認められる)以上の就学プログラムを修了している
    • - 申請時から遡り2年以内にカナダ国内で1年以上管理・専門または技術職(Skilled worker)の就労経験があり、その職種に必要とされる語学力がある
  2. カナダの就労経験がある場合
    • - 申請時カナダの一時居住者である
    • - 申請時から遡り3年以内にカナダ国内で2年以上管理・専門または技術職(Skilled worker)の就労経験があり、その職種に必要とされる語学力がある

必要語学レベルとは

Skilled Level O, A → 中級レベル以上(英語・フランス語)
Skilled Level B → 基本レベル以上
※移民局はIELTS受験を強く推奨しています。

Skilled Workerとは:
カナダ人材開発省 (HRSDC: Human Resources and Social Development Canada) の職種リスト(NOC: National Occupational Classification)に記載されているスキルタイプ0(マネージャー)、A(プロフェショナル)またはB(テクニカル)

家族移民(Family Class)

カナダの市民権/永住権を持つ人がスポンサーになり、その方の家族の移民申請をすることができます。このクラスで申請できる家族メンバーは以下の通りです。

申請可能な家族メンバー

  • 配偶者/コモンロー/コンジャグルパートナー
  • 両親
  • 子供(*未婚で22才未満、他)
  • 18歳未満の養子
  • 兄弟、甥、姪、孫などで両親がいない。未婚・18才未満
  • その他の親戚(移民法の規定に基づく)

ファミリークラス(家族)移民申請の流れ

スポンサー資格の確認
以下の全ての条件を満たさなければスポンサーにはなれません。
  • カナダ在住のカナダ市民又はカナダ永住者
  • 18歳以上
  • Undertaking agreementに承諾すること(3~10年間の経済保証)
  • 配偶者、子供以外の家族メンバーをスポンサーする場合、カナダ政府が定める一定以上の収入があること
※以上の条件を満たしても、スポンサーになれない場合もあります。例えば、以前の配偶者をのスポンサーになり、離婚したがその扶養義務がまだ完了していない場合、新たに外国の方と結婚した場合でも、すぐにスポンサーになることはできません。

国外、国内のどちらかの提出先を決める
カナダ国外に居住する移民申請者はMississauga, Ontarioへ
カナダ国内に居住するならば、Vegreville, Albertaの移民センターへ書類を送付します。

※国外申請で申込んだ方は申請中何度でもカナダへの訪問は可能。
※国内申請の場合出国後カナダ再入国も可能だが、入国拒否された場合は移民申請が中断されてしまう可能性はあるので、十分にご気をつけてください。

申請フォーム記入と書類の収集
必要な申請フォームは移民局のウェブサイト又はコールセンターに電話をしてリクエストすることができます。 移民局コールセンター  1-888-242-2100

フォームに自分に当てはまる項目を全て記入しましょう。
記入漏れがあると申請書類が返送されてしまうこともあります。

州ノミネート移民(Provincial Nominee Program)

カナダの各州政府は各地の経済、産業、労働市場、地理などの面を考慮し、独自に開発した移住プログラムをもっています。

PNPのステップ

  1. 州移民部にノミネート移民の申請
  2. ノミネートとして承認
  3. カナダ国外にある連邦移民局へ永住ビザを申請
現在、計10州がノミネート移民プログラムをもっています。

ブリティッシュコロンビア州 (British Columbia) PNP
BC州の移民プログラムはStrategic OccupationsとBusiness Category の2つのカテゴリがあり、Strategic Occupationsには以下のクラスがあります。

BC PNP Strategic Occupations

  1. Skilled Workers(マネージャー、スーパーバイザー等専門技術職)
  2. Entry Level and Semi- Skilled Pilot Project (ELSS) 
  3. Designated Health Professionals(医師、看護士など医療関係者)
  4. International Graduates(BC州の大学、大学院等を卒業した留学生)
  1. Skilled Workers
    連邦政府のSkilled Workersと同じく、職業リストのO, A, Bレベルの方が対象。

    申請条件

    申請者はBC州の会社からのオファーがある(NOC/O, A, Bレベル )
    スポンサー(オファーを出す会社)はBC州で経営1年以上、従業員5名以上、および財政面も良好である

  2. Entry Level and Semi Skilled (ELSS)
    一部エントリーレベルの職種(NOC/C, Dレベル)で働く外国労働者が対象。こちらは2010年2月までの期間限定。

    申請条件

    スポンサーはBC州内で2年以上している
    スポンサーは5名以上フルタイムの従業員を雇用している
    スポンサーは法令を遵守し、財政面も良好である
    申請者は9ヶ月以上スポンサー企業で継続して就労している

    対象職種(一部)

    Food and Beverage Servers
    Hotel Front Desk Clerks
    Food counter Attendants
    Light Duty Cleaners
    Kitchen Helpers
    Specialized Cleaners
    Bartenders
    Other Attendants in Accommodation
    Tour and Travel Guides
    Long-Haul Truck Drivers
    Outdoor Sport and Recreational Guides
    Casino Occupations

  3. Designated Health Professionals
    このクラスは登録された正看護師、精神科看護師、州保健局の医師、助産師の職種に限られます。

    申請条件

    看護師は登録、または登録資格を持つものに限る
    医師はBC州内で最低9ヶ月以上の医療活動経験があり、推薦状がある
    助産師はBC州の最低6ヶ月以上の認可グループでの助産活動経験があり、Midwives of British Columbia Collegeの登録証明がある

  4. International Graduates
    BC州で認可を受けたPost-Secondaryレベルの教育機関で卒業および学位を取得し、Skilled Levelのジョブオファーを持った留学生が対象です。

    申請条件

    取得した学位で、総合的に最低70%(あるいはそれに相当するポイント)の成績を修めている
    成績証明書の日付から1年以内に申請を提出する
    Skilled Levelの職種で雇用される予定である

BC PNP Business Category

申請条件
申請者は事業経営・管理の経験を持ち、その実績を証明する
個人資産は最低80万カナダドル以上、BC州に40万カナダドル以上投資、3名以上の雇用を創出すること。ただし、グレーターバンクーバー、アボーツフォード以外の地方エリアに投資する場合は、個人資産額は40万カナダドル、投資額は20万カナダドル、1名以上の雇用の創出が要求される
一度BC州を視察し、ビジネスプランを提出する
積極的にBC州に投資した会社を経営及び管理すること50万カナダドル以上の新規プロジェクットまたは既存の会社への増資の場合、キーパーソン及び家族を移民として同行させることも可能
PNPビジネス移民クラスをもつ州は、BC州の他、アルバータ州、マニトバ州、サスカチュワン州など合計10の州があります。州政府の移民プログラムの利点としては審査が早いことですが、各州の経済事情に大きく影響を受けます。ご自身のバックグランドではどの州が一番適正か、十分に情報収集をしましょう。

ワークビザ

≪就労許可書(Work Permit)の種類≫

レギュラーのワークビザWork permit (regular type)
留学生のワークビザWork permit for students
ワーキングホリデービザWorking holiday work permit
オープンワークビザOpen Work permit

通常のワークビザ申請のステップ

  1. 雇用主がHRSDC(カナダ人材開発部)にジョブオファーの承認(LMO)をもらう
  2. 労働者がカナダ移民局へワークビザ(Work Permit / 就労許可証)を申請する

HRSDCの審査基準

カナダ人や永住者を優先的に採用するために、求人活動またはトレーニングを十分に行ったか
カナダ労働市場の賃金や労働条件に見合っているか
その雇用を通してカナダ人や永住者の雇用を増やす、または維持することにつながるか
その雇用を通して、カナダに新しい技術や知識をもたらすか
その雇用はカナダの労働市場に過大な影響を与えないか

HRSDCからジョブオファーの承認(LMO)が下りたら、東京にあるカナダ大使館査証部、
またはカナダの入国地でワークビザ(Work Permit / 就労許可証)を申請します。

留学生が取得できるワークビザ

  1. オンキャンパス就労 (On-Campus)
    対象者:公立のカレッジ、ユニバーシティ、または一部私立の学位プログラムを就学しているフルタイムの在学生。Work Permit 申請不要。

  2. オフキャンパス就労 (Off-campus)
      大学に在学中の留学生が勉強以外の余暇時間を利用し、校外で週に20時間(夏・冬休みはフルタイム就労は可能)就労できるプログラム。

    申請条件

    公立のカレッジ、ユニバーシティ、または一部私立の学位プログラムを就学している
    フルタイムで6ヶ月以上経過している
    学校が定めた出席率、平均成績、またはコースの終了を満たすこと

  3. コープ・インターンシップ (Co-op and internship)
    これは在学中、企業で実務研修として働くことが可能なワークビザです。

    申請条件

    有効な就学許可証を所持していること
    就労は就学プログラムの一環であること
    就労の期間が就学プログラム全体の50%を超えないこと

    ※コープは、学生がアルバイトをする為のワークビザではありません。

  4. 卒業生の就労 (Post-Graduation Work Permit) NEW

    申請条件

    公立または承認された私立の大学・カレッジの学位プログラムを修了すること
    最低8ヶ月以上のプログラムであること(8ヶ月から2年までのプログラムの場合はそれと同じ期間まで、2年以上の場合は最長3年のワークビザが取得可。)
    卒業してから90日以内に申請すること
    申請時、有効な学生ビザを所持していること

    ワークビザ(就労許可)が免除される一部の例
 外交官などの公用赴任、宗教家、ニュース報道メディア、スポーツ参加選手、会議などの講演者、劇場公演などのパフォーミング・アーティスト、契約に盛り込まれた技術サポート(機械の修理及び据付けなど)、企業間研修者、キャンパス内就労、医療関連の実習生、宗教関連者、その他。

オープンワークビザ Open Work permit

Foreign Worker、Foreign Studentの配偶者、及びパートナーOpen Work Permit

カナダで一時就労する高等技能者、もしくはPost Secondary Schoolで就学するフルタイムの学生の配偶者、及びパートナー(内縁の配偶者)は雇用者が特定されないOpen Work Permitを申請する事が可能です。

学生ビザ(就学許可証 / Study Permit)

学生ビザを東京で申請する場合
日本に在住する方は東京にあるカナダ大使館・査証部へ学生ビザを申請することができます。

申請に必要な書類:

書類チェックリスト
  • 申請書(IMM1294)
  • 申請料金($125/CAD)
  • 証明写真2枚 (35x45mm)
  • 入学許可書のコピー
  • 残高証明(1ヶ月以内発行されたもの) と学費の領収書
  • パスポートのコピー
  • 返信用封筒(切手を貼付)
詳しい情報、申請書は下記のサイトからダウンロードできます。
申請ガイド:http://www.international.gc.ca/missions/japan-japon/pdf/s2008_10j.pdf 
申請書:http://www.international.gc.ca/missions/japan-japon/pdf/imm1294_2005_05.pdf

ビジタービザ

ビザ & パーミット

通称“ビザ”とはカナダに入国できる許可のものであり、滞在するには目的によって“パーミット”を空港・国境又は国内の移民局に申請し、発行してもらわなければなりません。本文中、皆様が理解しやすいため、パーミットをビザと称する箇所がありますのでご注意下さい。例えば、Temporary Resident Status as a Visitorをビジタービザと記載しています。
ビジタービザ (Temporary Resident Visitor Visa & Temporary Resident Status )
観光・親族訪問・視察の目的でカナダに入国する前に、居住地にもっとも近いカナダビザオフィスにTemporary Resident Visaを事前に取得しなければなりません。入国の際、空港・国境(Port of Entry)の移民官よりテンポラリーレジデント許可が発行されます。ただし日本は査証免除の国であるため、日本人の場合は事前にこちらのTemporary Resident Visitor Visaを取得する必要はありません。通常はパスポートにスタンプのみが押されて、6ヶ月の滞在期間が与えられます。

注意点

ビジタービザにより滞在許可の期限(6ヶ月)までカナダで修学することができます。ただしそれは滞在期間を超えないことが原則であり、 滞在期限を超える学校のコースに申し込む場合、学生ビザを取得することが必要です。
ビジタービザの延長 (Visitor Extension)
入国時許可された期間(通常6ヶ月)を超えてカナダに滞在したい場合、延長申請をする事が可能です。申請できる回数の制限はありませんが、十分かつ適切な理由が必要とされます。また、ビジタービザを延長する場合は現在お持ちのビザの有効期限が切れる1ヶ月前までに申請することをお勧めします。

申請書類

延長申請書(IMM1249):http://www.cic.gc.ca/english/pdf/kits/forms/IMM1249E.PDF
チェックリスト:http://www.cic.gc.ca/english/pdf/kits/forms/IMM5558E.PDF
ビジター延長申請料 $75(CND)
パスポートのコピー(パスポート番号、有効期限、氏名、生年月日が記載された
  ページ、及び直近でカナダに入国した際のスタンプのページ)
現在所持しているビザのコピー(もしあれば)
残高証明書
日本への帰国予定日の航空券(もしあれば)

ビジター延長の申請できる回数は制限されていませんが、あまり長くビジター延長で継続的に滞在していると、カナダで不法就労している疑い、また自国との結びつきがないという理由から却下される事もあります。ビジター延長申請の際は滞在理由を具体的に説明し、その理由を証明する十分な補助書類をご用意下さい。

ビザトラブル

勿論のことですが、ビザのトラブルが発生する前に、移民&ビザの専門家に相談することを強く勧めします。それでも以下のような問題が発生した場合、
弊社にいち早くご連絡下さい。
  • カナダに入国の際、入国拒否をされた
  • うっかりビザの延長を忘れて、許可された滞在期限を越えてしまった
  • ビジタービザ・学生ビザ・ワークビザの延長申請が却下された
  • 移民局から国外退去の通知を受けた
  • LMOの申請が却下された
  • 東京でワークビザを申請したが、却下された
  • 移民局に書類を送付したが、送り先が違うと書類が送り返された
思わぬトラブルが発生しても、まずパニックにならず、エービックのビザアドバイザーに相談してみましょう。
お問い合わせはこちらまで
移民&ビザの問題にお答えを下さった専門家は...
Picture of Terry
ABIC logo
ABIC(エービック)移民コンサルティング
テリー金(ジン)先生

同志社大学経済学部卒&アメリカNYIT大学MBA取得。日本の大手製造メーカーの生産管理、海外営業を経てから、2000年カナダに移住、移民コンサルタント業に就き、ABIC(エービック)を設立。
皆様に安心してご利用いただくため、常時、日本人アドバイザーがオフィスにて対応しております。経験・実績・成功率ともNo.1。毎月セミナーを開催しております。日系新聞または弊社のWebサイトにてご確認ください。
ABIC(エービック)移民コンサルティング
CSIC正会員(MeiYu M052713)
United Kingdon Building 409, Granville Street, Suite1617,Vancouver, BC, Canada V6C 1T2
Email: Japan@ABICanada.com  Web: www.ABICanada.com
Tel: 604-688-1956  Fax: 604-688-6387