カナダ留学

カナダジャーナルは1981年創業。
信頼と実績の老舗現地エージェントです。

INTERVIEW
留学インタビュー

学生ビザ 2014年09月~
Inlingua 就学

未紗さんはなぜ留学をしようと考えたんですか?


元々英語は一番嫌いな教科で、勉強するのは受験のためだけでそれ以上はなるべく関わらないようにしていたほどでした。 長い間留学という考えは全くなかったのですが、大学の夏休みを利用してカンボジアに一週間観光に行ったことが留学したいと思ったきっかけになりました。
その時まで海外に行った経験がなかったということが大きいのですが、私の予想を上回る多くのカンボジアの人々が多言語を喋ることが出来るという事実を目の当たりにして衝撃を受けました。 一番驚いたことは10歳か11歳ぐらいのカンボジアの女の子が英語だけでなく中国語、韓国語も喋ることが出来、日本語に至っては、私となんの違和感もなく会話が出来るほどのレベルであったことです。 ほんの小学校中学年ほどの女の子が多くの言語を使うことが出来るのに対して、私は世界共通語の英語すらまともに使えないことが酷く悔しく、この時初めて英語を使いたいと自分から思いました。 しかし、長年の英語嫌いはなかなかすぐには払拭出来そうになかったので、それならば自分を逃げられない状況に置こうと思い、留学に至りました。

今回選んだInlinguaですが最初の印象はどうでしたか?


Inlingua を選んだ理由はスピーキングに力をいれている学校と知ったからです。
最初の印象は、私がカナダに来た時期も関係しているのですが、アジア人が思ったよりいるな、というものでした。 留学先の学校を決めるに当たり、多くの人が同じ事を考えると思うのですが、やはり日本人の割合を気にしていました。 しかし、授業が始まってからは日本人がものすごくいるとは思いませんでしたし、実際周りに本当に様々な国籍の人々がいました。 クラスによってアジア人が沢山いるということはあまりなく、様々なアクティビティで色々な人と話す機会が沢山ありました。 キャンパスには広いランチルームがあり、そこでほとんどの生徒がお昼を食べるので、そこで友達を作ることもできました。

Inlinguaという学校はどういうところが魅力でしたか?


Inlinguaはスピーキングに力を入れているということで有名なため、自分から喋ることが好きな生徒が多いように思います。 正直、私はこの学校にしか行ったことがないためはっきりと比較できるわけではないのですが、いくつかの学校に行った経験を持つ友達に話を聞くと、多くの人がInlinguaの生徒はとてもフレンドリーだと言います。 Inlinguaを選ぶ生徒は実際に英語を使ってみたいと思っているので友達が出来やすいと思います。 実際私もとても沢山の友達を作ることが出来ました。 また全てのクラスでスピーキングの時間があるので練習することが出来ます。
先生についてはとてもフレンドリーで親身になってもらえ、また私の意見を尊重してもらえるため変に硬くならなくて済み、毎日充実した日を過ごすことが出来ています。
また、Inlinguaは毎日違ったアクティビティを計画しているため、カナダでしか体験できないものも経験することが出来ます。
日本に帰ってからはインリングアのオンラインプログラムで先生とオンラインのやり取りを行う予定で、日本に帰国して一切、生の英語に触れることができない、ということが避けられるのでほっとしています。


今回の留学経験を生かした上でのこれからの目標は?


私は1年の留学なのですが、1年は私の満足できる英語のレベルに達するには短いので、日本に帰ってからも勉強するつもりです。 日本にいた頃は考えてもなかったのですが、せっかく英語に本気で取り組もうと思ったのでそれを生かせる仕事につけたらいいなと思っています。 また英語が使えることで海外の人ともコミュニケーションをとることができるため、もっと自分の視野を広げ、奥行きのある人間になりたいと思っています。 もし時間とお金に余裕があればもっと世界を見てみたいなと考えています。



最後に、今回の留学でご自分の英語力向上はもちろんのこと、海外で生活をしたことで、特にプラスになったことはありますか?


多くの海外の人や、文化、考え方を知ったことで、今までの私の考え方やアイデアはとても狭く浅はかなものだったということに気づかされました。 また、日々の勉強がどのように大事なのかも分かり、無駄な勉強は無いと思えました。
また海外の人の日本人のイメージを聴くことができとても面白いです。
海外での生活はやはり日本と違うため、沢山の発見があります。 ほんの些細なことなのですが、バスに乗っていると多くの乗客がドライバーにお礼を言ってから降りていきます。 それもまたとても自然で、そういった小さな気配りの大切さにはっとしました。
アジアを出て思ったことは皆自分の意見をしっかり持っているということです。 私はそうではなかったので恥ずかしかったですし、何よりも意見がないことで自分から英語で話す機会を潰していたので、何事もしっかりと考えようとする姿勢がつきました。




カウンセラーからひとこと
もともと英語が一番嫌いだったという未紗さんも、カンボジアに初めて旅行で1週間行き、そこで多国語を話す子供達から刺激を受けたことが主なきっかけとなり、カナダ留学を決断しました。 今回Inlinguaに通ったことで、多国籍のお友達ができたのはもちろんのこと、それぞれの文化を知り、また今まで知ることもなかった海外の人が考える日本人のイメージを聞くこともでき、物事を違った視点から見ることができるようにもなった未紗さん。 Inlinguaに通ったことで身につけた英語力はもちろんですが、バンクーバーで過ごした日々のことを忘れることなくこれからのさらなる飛躍を期待しています。

(担当カウンセラー Yuto より)
学校紹介

Inlingua 日本人担当の方からのコメント

Inlingua 学校紹介


お問い合わせ

こちらの学校について興味をお持ちの方はこちらよりお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ、ご相談は全て無料です。
目的、学校、ステイ方法、期間など何も決まっていなくても大丈夫。
経験豊富なカウンセラーがご希望を伺った上で、あなただけのオリジナルプランをお作りいたします。

お名前*
 
メールアドレス*
 
電話番号*
 
ご希望の滞在ビザ
学生  ワーキングホリデー  観光  就労  未定・わからない
お住まいの都道府県
 
LINE ID
 
コメント*

上記ご記入後、下記のチェックボックスをオンにして送信ボタンを表示してから送信をお願いします

*は必須項目