Canada Journal
CANADA e INVEST.com

1) 海外投資はカナダがNo.1-なぜカナダか?

◆政治、経済の安定した国
G8のメンバー国で、世界でも最も安定した国の一つです。

◆金融機関の最も安定、発達した国の一つ
北米では投資信託が、個人の資産運用手段として大きな役割を果たしてきました。日本でも、長引く超低金利や資産運用への関心の高まりから、投資信託が注目され、資産運用の一端を担っています。長寿時代において、インフレに強い資産運用を海外でするには、カナダでの資産運用は必要不可欠です。カナダは2008年の金融危機の影響も比較的少なく、金融機関は非常に優良で、G8の中で、最も高い成長率を誇り、投資信託は抜群の運用利益を上げています。

◆屈指の天然資源大国
豊富なオイルサンズ、金を含む鉱物、食料資源の一大供給国ですので、カナダ経済は堅調で、投資信託は金融危機後のマーケットの回復期に、抜群の利回りを上げ、資金流入が続いています。 天然資源に富むカナダの投資信託は非常に魅力があり、高齢化に備えた、資産形成における世界分散投資の大きな一翼を担っています。

カナダの代表的なFundの運用利回り(%)

Fund 3ヶ月 6ヶ月 1年
Manulife Canadian Value 4.1 7.6 37.4
Manulife Growth Opportunity 8.3 23.2 57.7
Manulife Dividend 4.6 5.9 35.1
Dynamic Power Balanced 2.8 7.2 35.4
Dynamic Power Canadian Growth 3.9 9.1 55.4
Dynamic Value Balanced 2.1 9.9 38.8
Dynamic Far East 4.4 10.7 71.9
Dynamic Focus Resource 1.7 14.2 84.5
Dynamic Precious Metal 8.1 14.9 39.5
Fidelity Canadian Discipline 3.3 5.9 35.1

投資実績例

名前 投資金額 投資開始日 市場価値 現在 運用益
Aさん $25,000 06 May 2009 $29,000 07 Jan 2010 $4,000 (8ヶ月)
Bさん $50,000 07 Apr 2009 $64,000 12 Jan 2010 $14,000 (7ヶ月)
C さん $80,000 30 Oct 2009 $88,500 06 Jan 2010 $8,500 (2ヶ月)
D さん $100,000 30 Mar 2009 $127,300 09 Jan 2010 $27,300 (9ヶ月)
E さん $200,000 19 Jun 2009 $228,300 16 Sep 2009 $28,300 (3ヶ月)

カナダの過去30年間の平均運用利回りは年率10%―12%です。
従って、カナダで投資すれば、投資元本が6年間で、2倍になることになります。

2) 豊かなセカンドライフのプラン作り

金融危機、長引く超低金利、頼れない公的年金への不安など、セカンドライフへの様々な不安が取り巻いています。少子高齢化が進む中、今までのように、公的年金に退職後のお金を頼れなくなっている現在、長い人生をゆとりをもって生きていくためには、自分でお金を増やす、資産運用が非常に重要になってきました。
定期預金のような超低金利のもので運用していては、老後に必要な十分な資金を確保できません。
成長性の高い、株、投資信託で積極的に運用し、また、国内だけではなく、海外での運用と分散投資が不可欠になってきています。

3) 完全元本保証のプランで、全く安心

リタイアメントの不安を排除する、理想的な、個人年金保証プラン登場!!!

新しい個人年金保証プラン “インカムプラス”

そこで、投資信託と保証機能を合体させた、個人年金保証プラン “インカムプラス”が発売されました。 これは、リタイアメントを不安なくすごせるようにと開発された商品で、発売以来、爆発的な人気商品です。 これは、成長性のある各種の投資信託で運用しつつ、元本保証機能をつけ、予測可能、持続可能な収入を生涯にわたって保証するというすばらしいプランです。

インカムプラスの特徴
  1. リタイアメントの収入を生涯、死亡するまで、保証します。
  2. 完全元本保証で、運用益に加え、毎年元本の5%のボーナスが、毎年加算されます。
  3. リセット機能で、3年毎に運用益を確保するので、元本が確実に成長します。
  4. 債権者からの保護があります。
  5. 遺産相続の際、指定した受取人に速やかに、死亡保険金として支払われます。
  6. 変更、解約がいつでも出来、資金にいつでもアクセスできますので長期投資に向いています。
  7. RRSPにもできます。
  8. 収入の生涯保証があるので、安心してゆとりある老後が過ごせます。

Q & A

Q- 将来のライフプランはどのように考えればいいのでしょうか。

A- 長引く超低金利や公的年金の不安等、私たちの定年後への様々な不安が取り巻いています。また、平均寿命もどんどん長くなり、退職後の長い人生を豊かに暮らすためには、早めに将来のライフプランをたてる必要があります。
今までは、一生懸命働いた後は、貯蓄と公的年金で十分生活でき、投資はあまり、馴染みのないものでしたが、少子高齢化が進む中、もはや、公的年金だけに頼ることはできず、これからは、自己責任で“お金を上手に運用する” 時代です。長い老後に十分な資金を蓄えるためには、賢い資産運用が必要不可欠になってきました。
ほぼ、ゼロ金利が続く中、定期預金だけでは、お金はふえるどころか、インフレ・リスクを考慮すると目減りします。そこで、インフレに強い投資による積極的な資産運用が必要になってきます。

Q- 定年後は貯蓄と年金で十分というのが今までの日本でしたが、これからは貯蓄だけでは不十分ということですか。

A- そうですね。将来日本は、人口が減少し、経済成長も低くなると予想されています。金利はほぼ、ゼロで、貯蓄によるリターンはほとんど期待できません。今後は貯蓄より投資をして“お金に働いてもらう”ことが大切な時代になります。

Q- 投資信託とは、そもそも何なのでしょうか。

A- 投資信託は多くの投資家からお金を集めて、資産運用のプロが色々な株式、債券、金融商品に投資し、その利益を投資金額に応じて分配します。従って、個人投資家は小口の資金で、分散投資でき、世界中の色々な市場に投資できます。もともと、投資リスクを分散させる方法として、考え出され、小額の投資でも、それをまとめて投資することにより、リスクの軽減を図ります。プロが運用するので個人レベルではできない高度なデリバティブの運用手法、リサーチ力を駆使し、ハイレベルな資金運用が可能です。また、北米はほとんどの人が投資信託で運用しているので、政府からもきびしく規制されているので、個人投資家は大切な資金を安心して預けられ、資金運用手段として、非常に人気が高いです。

Q- 分散投資の効果は。

A- 投資を行う際はリスクを分散させることが大切です。世界には発展著しい新興国や、カナダのように資源に恵まれた国など、投資環境の良い国がたくさんあります。これらの国に資産を分散させてリスクを軽減するのが、これからの資産運用の基本です。

投資信託のメリット

  1. 高度な専門知識をもったファンドマネージャーが様々な手法を駆使して運用、管理する。
  2. 株式、債券投資にはまとまった資金が必要ですが、少ない金額で投資できる。
  3. 分散投資でリスクを軽減できる。
  4. 小額で世界中の市場に投資できる。

個人の投資目標の設定

投資目的の明確化

自分の投資目標? 緊急時資金、教育資金、住宅資金、資産形成、老後資金等
に分け、下記の表を作成し、まず、自分の投資目標と投資期間の設定をします。

投資目標 優先度(1,2,3..) 投資期間 目標額 現在投資額 毎月の積立額
緊急時資金
教育資金
住宅資金
資産形成
老後資金

運用期間が短く、すぐに使うお金は安全性の高い、リスクの少ないファンドで運用しなければいけません。 一方、中、長期的運用は、少しぐらいリスクはあっても、積極的に収益性を追求するファンドで運用できます。
また、老後資金は、運用益を最大限にのばしつつ、しかも、保証もある、"インカムプラス"のようなプランで運用します。

将来のために海外に目をむける

資源大国としてのカナダ
カナダはロシアに次ぐ世界No.2の国土をもち、世界でNo.2の埋蔵量の石油、天然ガス、また、ウランは世界No.1を誇る天然資源大国です。。 また、ファンダメンタルズも非常に良好で、金融システムも世界で最も健全です。 国家財政も良好で、カナダはG8で唯一財政黒字を続け、GDP 成長率も年3%と先進国でトップで、金融危機後、最も早い経済成長が予想されています。また毎年30万人ほどの移民により、人口の増加も顕著です。従って、カナダでの投資は、非常に安全で、魅力的で、絶対に無視できません。

日本、英国、カナダの金融部門(株式、債券、投資信託)で30年の経験ある投資スペシャリストが資産形成のお手伝いをさせていただきます。
お金を少しでも増やすために、資産運用プランをご提案いたします。
投資信託、保険、RRSP、何でもお気軽にお問い合わせください。

●●●資産運用セミナー!●●●
毎月第1水曜日、午後7時~
River Rock Resort, Richmond

日本からの投資もご相談ください

先行きが不透明な今、自分の資産は自分で育てる、守る、時代です。 そのための、お客様のニーズにあったトータルな資産運用、金融に関するアドバイスをさせていただきます。 グローバルな時代に、国際分散投資は必要不可欠です。その中で、カナダへの投資は抜群の運用実績を上げています。
カナダへの投資信託のことなら、私にお任せください。

投資の問題にお答えを下さった専門家は...

Canada Financial Group

小林ヒロコ

Tel : +1-604-727-2320
Fax: +1-604-647-0631
Email: moxeyh@shaw.ca
Address: 2200-1177 West Hastings Street Vancouver B.C. Canada
V6E 2K3 (日本領事館と同じビル) > 地図を見る


プロフィール
英国、ロンドンの金融街シティの日系金融機関で、長年、日本株、日本国債券を扱う。
その後、カナダロイヤルバンクで、金融関連商品の部署に勤務後、Independent Advisor として投資、資産運用のアドバイザーとして、きめ細かいサービスをご提供しています。