カナダ学校情報はこちらから!

カナダ学校留学割引情報| カナダ学校留学相談| カナダ学校生活| カナダ学校検索サイト | カナダジャーナル| カナダ留学体験談

充実のプログラム、アクティビティで価値ある学校生活
St.George International College (SGIC)

St. George International Collegeはメインキャンパスがトロントにあり、2013年で創立19周年を迎える。 バンクーバー校は2010年に設立され、ダウンタウン・ロブソン ストリー ト上に位置しており、アクセスしやすい立地となっています。 学校の規模も比較的小さく、「楽しく、そして厳しく」をモットーとしています。 一般英語プログラムの他、生徒のニーズに合わせた様々なディプロマプログラムやテスト対策プログラムを提供しています。

受付の様子 受付の方に体験レッスンを受けにきた旨伝えると、すぐに日本人スタッフの方に伝えてもらえスムーズ。
体験レッスンまでの流れ 日本人スタッフの方が日本語で対応してくださり、受講するクラスのレベル、クラスについての簡単な説明を受けたあと教室へ誘導してもらう。
授業の様子 受講したのは午前の授業で、文法が中心。前日の宿題の答え合わせから始まり、テキストを使い問題を解いていった。生徒が「自分の答えはこうだが間違いか?」と質問をすると、他の生徒も「自分もそう答えを書いた」と声が上がることが多く、わからない時はわからないと言える雰囲気。その為、わからない人が置いてけぼりになるということはなく、不明な点は皆で共有し、それに対して他の生徒が代わる代わる説明していた。 先生も、質問があがった時に、ただ正しい答えを教えるのではなく、「どうしてそう考えたのか?」と生徒に聞き、その上で説明をしてくれるので、わかりやすかった。
授業の感想 体験レッスンを受けたクラスの年齢層が高めで、先生の教え方もゆったりとしていて、クラスの雰囲気が落ち着いていた。 また、先生が生徒をあてる前に、生徒同士が次に答える生徒を自主的に指名したりと仲が良さそうだった。 先生がぐいぐいと引っ張って授業を進めるスタイルではなく、生徒をうまく流れに乗せながら、自由に生徒が発言できる余白のある授業で心地よかった。
担当カウンセラーの説明 アクティビティが充実しているのが当校の特徴の一つとのこと。映画鑑賞、グランビルアイランドへの観光、ボーリングなど、ほぼ毎日様々なアクティビティが行われている。 他校と違うのは、土日もやっているところ。日本から来たばかりで休日どこに出掛けたらいいかわからない、一緒に行く友達もまだいないという時、土日もやっているのは嬉しい。他のレベルのクラスの友達もできるし、先生がアクティビティコーディネーターを兼ねているのも、 そのクラスをとったことのある生徒にとっては参加しやすく、先生と話す機会が増えて良さそうだ。
担当カウンセラーの方は話しやすく素敵な方で、体験レッスンを受けたもう一人に対しても、当校の魅力を伝えながらも、押しつけがましさはなく、 「自分にとって外せないポイントは何かを考えると学校選びがしやすいと思いますよ」とアドバイスをされていた。

良い点

立地 ダウンタウン中心地グランビル駅から徒歩約5分。ロブソン通り沿いにあり、周りには沢山のお店がある。図書館も近い。
スピーキングに特化したプログラム SSP(Speaking for Success Program)というスピーキングに特化した4週間または8週間のプログラムがある。正しい発音を学ぶのと同時に、写真を見てそれについて説明をするなどの即興スピーチ、プレゼンテーションなど、多角的にスピーキングを伸ばすプログラムがあるので、文法は概ね理解しているがスピーキング力が足りないという方には打ってつけ。
国籍 体験レッスンを受けた時点では在校生約100名のうち日本人は9名と少なかった。国籍で1番多いのがブラジル、次いで韓国、スペイン、メキシコなど。
カンバセーションクラブ フルタイムのコースを受講している生徒は無料で放課後1時間のカンバセーションクラブに参加することができる。他校も週1回などのペースでカンバセーションクラブを開催しているところは多いが、当校は毎週月曜~木曜と頻度が高い。先生が1人入りスラング、困ったときのサバイバル英会話などを学ぶことができる。定員10名までの少人数制というところも、他校との差別化が図られている。

こんな人に向いています

*様々なアクティビティを体験して放課後や休日を充実させたい方
*スピーキングを伸ばしたい方

体験談

担当カウンセラーの方が、この学校はいくつか他校の体験レッスンを受けた上で選ぶ生徒が多いと仰っていたが、納得できる。
1レベル1クラスで規模は大きくないものの、一般英語以外にスピーキングに特化した授業、ビジネスイングリッシュ、TOEFLなどのテスト対策コースなどのほか、 カンバセーションクラブ、アクティビティも充実しており、必要なものがギュッと詰まっているので十分に満足することができるだろうと感じた。
ライター写真
ライター Kaoru
カナダに来て約半年。その間に2つの学校に通いました。その体験から、何が生徒にとって嬉しいか、何をポイントにして選んだらいいのか、生徒の日常視点でレポートしていきます。

更新履歴

カナダ学校1
ZONI
自由にのびのび            
カナダ学校2
inlingua
Speakingに力を入れたい人に           
カナダ学校3
Ashton College
実践的なノウハウを学べる学校     


カナダ全国学校検索サイト

お問い合わせ