カナダ留学情報サイト カナダジャーナル~ライブ~カナダ留学中の留学生やカナダ留学する留学生以外にもワーキングホリデーカナダ旅行者移住者へ役立つ情報満載な総合情報ポータルサイト

カナディアンEYE

“その瞬間に生きることをしなければ、将来の不安と直面しながら生きることになるか、後悔に苦しんで生きることになる・・・・”
ジム・キャリー

父はフランス系で、祖先の苗字は Carré(カレ)。母はスコットランド系。カトリック教徒の家庭で育つ。
子供の頃からコメディアンになる事を夢見ていた。高校を中退し、15歳で地元のコメディ・クラブの舞台に立つようになった。19歳でアメリカに移った後にスタンダップ・コメディの舞台やテレビ出演で下積みを続け、1984年に映画デビューした。
その柔軟性のある体と顔をフルに使っての演技が受け、初めて主演した『エース・ベンチュラ』が大ヒット。同年の『マスク』もヒットし、コメディ俳優 としてトップに立った。下品で単調な顔芸喜劇役者と言われ、彼を嫌う人間も少なくなかったが、近年はコメディ以外にも出演し、演技の幅を広げている。
アカデミー賞には縁がなく、『トゥルーマン・ショー』(1998年)、『マン・オン・ザ・ムーン』(1999年)で2年連続ゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞しながらも、その年のアカデミー賞ではノミネートすらされなかった。
1987年にメリッサ・ウォーマーと結婚し、娘ジェーンをもうけるが1996年に離婚。1997年に女優のローレン・ホリーと再婚したが、8ヵ月後に別れている。モデル・女優のジェニー・マッカーシーとは2010年4月まで事実婚関係にあった。マッカーシーには自閉症の息子がおり、彼女とともに自閉症についての啓蒙活動を行っていた。
近年では俳優業のほかに、子供向けの絵本も出版している。
2004年にアメリカの市民権を取得した。(ウィキペディア)