カナダ留学情報サイト カナダジャーナル~ライブ~カナダ留学中の留学生やカナダ留学する留学生以外にもワーキングホリデーカナダ旅行者移住者へ役立つ情報満載な総合情報ポータルサイト

カナダ子育てMOM

いつのまにか新しい年になったと思ったら、あっという間に桜が咲いて、ちって、もう新緑 の5月、なんと5ヶ月以上も更新してなかったんですね。筆が遅いにもほどがあります。すみません。


今年の冬はカナダ生活20年の中でもびっくりするくらいの珍しい暖冬で、春まで雪をたた えている美しいライオンの山頂も、夏のように土が見えているなんて、いったいこれどういうことなのか不安になりました。

暖かい冬は嬉しいし、雨が少ないのも嬉しい。でも、これはここでは異常気象。半月も一ヶ 月も早く、いろいろな花が咲き始めて、この時期のズレが自然界にどんな影響をあたえるのか。


世界中で異常気象、異常気象って言われ始めてもう何十年もたっています。危機感を持たな いで生きている私達だけど、動植物の世界では、大きな影響を及ぼして、それが原因で失われている生命がどれほどか。

考えるだけでも怖くなる。

その上、人間社会はあいも変わらず争いの繰り返し。神様の名前を語って人の命を殺めるな んてことが平気で起きている。子供が子供を殺してしまう。子供がおとなを殺してしまう。おとなが子供を殺してしまう。

みんな誰かが生み出して、誰かに愛おしんで育ててもらった生命なのに。

テレビやコンピューターのゲームみたいに簡単に生命をいたぶり、殺すなんてどうしてでき てしまうのか。生命にリセットも再生も無いってみんなわからない。


世の中はすごく便利になった。私の子供の頃のマンガの未来社会がもう殆どここにある。そ の反面、ひとが心をどこかに置き忘れているみたいに、みんながどんどん自分中心になって、こんなにひとがいるのに、目の前のひと が見えなくなった。誰もがコンピューターや携帯の画面越しに誰かと関わり、誰かを抹殺してしまう。メールやテキストが来ないとま るで奈落に落ちたように孤独になり、名前も顔も隠して、誰彼にでも言葉を送れることで、自分のなかの悪の塊を誰彼ともなく投げつ ける。

みんな生きているのに、みんな画面の中の偽物の世界みたい。


目を画面からちょっと離して、目の前を見てください。見上げる空の本当の青、頬にあたる 風のやさしさ、花をくすぐるいのちの香り、手に触れる本物の暖かさ、素足で感じる固い地面、土のぬくもり、草のつめたさ。そして 抱きつく子供の柔らかなぬくもりとやさしい香り、全ては現実の世界にあって、画面にはないもの。生きているからこそわかる体中の 感覚。

画面から目を話して、もう一度本当の世界を見つめなおしたら、この世の中の問題がきっと たくさん解決する、そんな気がします。

あなたの目の前に生きている人がいる。家族、友達、恋人、我が子…触れ合ってこそわかる いのちの喜び。あなたが笑顏になりたいなら、目の前のひとを喜ばせてみて。きっとあなたも嬉しくなる。


あんぱんのおいしさ、甘さ、やわらかさは、やっぱり食べてみなくちゃわからない。


関連するブログ

愛すること捨てないで カナダ子育てMOM

食べないと死んじゃうよ カナダ子育てMOM