カナダ学校情報サイト

カナダ学校体験談

CANADIAN COLLEGE OF ENGLISH LANGUAGE(CCEL)体験談 


本日(7月30日)、体験レッスンを受けてきました!受付では、体験者の名前を把握していない様子で時間がかかり、その後、日本人カウンセラーにはお会いすることなく教室へ。クラスがどのレベルなのかも分からないまま・・。大規模だから仕方ないか。

授業は、パソコンのみを使っためずらしいシステム。教材がすべて入っているため体験の私でもすぐに内容に追いつくことができる。すごい!でも、パソコンばっか見てるから他の生徒さんとの会話はほとんどない・・・せっかく日本人以外の学生がたくさんいるのに!!!教室は7カ国11名おりましたが先生の質問以外の時間は皆パソコンを見ているだけ。

その後は日本人カウンセラーのしょうじさんに話を聞きました。色々な資格を取るプランはあるけどせっかくカナダで生活をするなら会話力を向上したいし、たくさんの国の人と触れ合いたい!多分、シャイじゃない人、どこにでもどんどん入っていける人には最高の場だと思うけど、初心者の私にはハードかな。校舎、レストラン、屋上など施設は素晴らしいし、パソコンを使ってるので自分で授業の予習、復習が出来る。大人の人、目的意識がしっかりしてたら、こんな素晴らしいサービスすべて満喫できるんだろうなーと思った。

チェックポイント!

受付の様子
受付の担当者は体験レッスン受講者を把握していないようだった。

体験レッスンまでの流れ
受付担当者が説明なしにクラスへ誘導。レベルを聞いても答えが得られなかった。

授業の様子
パソコンを使用しているため生徒はパソコンのみ見てる場合が多い。(YoutubeやFacebookなど)

授業の感想
パソコンは便利だが会話はほどんどない。

担当カウンセラーの説明
担当しょうじさんはとても話しやすい。

気に入った点

  • 世界中の大学や語学学校で使用されているハイテクなシステムを使用。教材がすべてファイルに入ってるため授業はパソコン1つのみで可能。 すべてのレッスンが共有にて閲覧可能のため予習、復習が可能。
  • きれい。新しい。レストラン有り。パティオ有り。 レストランの広いスペースはイベントなど交流にも使用。
  • 偏りがない。ヨーロッパ20%、中南米20%、 中東アフリカ20%、アジア40%(日本人13%)
  • 証明できる資格取得コースがたくさんあるため、帰国後の就職活動に役立つ。
  • 学校より徒歩10分以内に学生寮があり、朝食は学校がレストランを提供

ちょっと残念だった点

  • パソコンを使用することで授業に集中できない誘惑が増える。パソコンに特化しすぎて会話の減少。
  • 学校が大きいためレセプションはもちろん先生も生徒を把握できていない。 日本人は自分から積極的にいかないので先生が気づかなければ・・・。

CCEL学校紹介ページへ戻る

ライター Yuka
カナダ、バンクーバー在住です。こちらに来てまだ2週間、右も左も分かりませんが、 いろいろな学校を見てきた感想を辛口視点で評価しました。10校以上の学校を見てきたので だいぶ学校を見る目が変わりました。


お気軽にお問い合わせください

必須
必須