カナダ学校情報サイト

カナダ学校体験談

2014年7月10日 CANADIAN COLLEGE OF ENGLISH LANGUAGE(CCEL)体験談 


本日、CCELで体験レッスンを受講してきました。
8時半から授業開始なので若干早め。ただ駅からすぐのところにあり、 アクセスは抜群なので始業時間の早さは気にならないかと思いました。
校舎は、4階まで。専門学校が併設しているので、語学学校というより、 専門学校の中のESLコースに通っている感じです。ただの語学学校では物足りない人にオススメです。 一定のレベルをクリアすれば、専門学校の授業を取ることもできるし、専門学校のレッスンに移行する こともできます。
そして、何よりもこの学校の売りは、コンピュータシステムを使った授業でしょう。 紙のテキストは一切用いず、全てWeb上で行います。PC操作の苦手な人も、この学校のレッスンを 受けるうちに、英語のみならず、PCスキルも身につくこと請け合いです。
慣れるまでは多少時間がかかるかもしれませんが、先生も生徒もとても親切なので、 教えてもらいながらコミュニケーションも深められそう。

チェックポイント!

受付の様子
本日はあいにく受付のスタッフが不在で、マネージャー自ら案内してくれた。本日が初日の生徒が多く上手に裁いていた。

体験レッスンまでの流れ
アポをとっていたカウンセラーが約束の時間に不在で多少とまどった。 体験レッスンは、火、水、木。午後のみの体験も可。午後のほうが会話中心とのこと。

授業の様子
先生は教授経験も長くベテラン。教えることに慣れているという印象。システムを使った授業であり、先生のPC使いは見事。トレーニングがあるとのこと。生徒は、アジア人は半数で全体的に大人しめ。その分、発言できる機会が増えそう。

授業の感想
中級クラスの午前中は、文法中心の英語を理解する授業が中心。独自のシステムを用いて、上手に学習事項を導入し、まとまりのある授業。ドリルなど練習問題も多く取り入れていた。生徒同士に協力して作業させたり、話させたりし、インターアクションも取り入れている。ただ、後半、ちょっとだらだらと説明ややりとりが助長的な印象も。

担当カウンセラーの説明
2人の日本人スタッフのうち、アリサさんが説明してくれた。若く快活な方。説明は、基本的なことを短時間で説明してくれた。もう少し、学校の独自性、売り、エピソードなどを話してくれるとよかった。

気に入った点

  • ダウンダウンの中心部、バラード駅からすぐで便利。
  • 教室の壁が磨りガラスで、おしゃれ。校内にカフェレストランがある。 学校から徒歩10分のところに学生寮あり。男20、女25人収容できる規模。朝食は、学校のカフェレストランで食べられる。3ヶ月以上の受講者は、ランチも提供。
  • 学校独自のsmrtというシステムを使用した授業なので、完全PCや端末利用。 先生独自のBlogがあり、その日の授業内容、宿題などもすべてBlog上でチェックできる。 ユニットごとに、語彙から、文法事項の説明、練習問題、リスニング、ライティングなど網羅されており、CDなどの購入の必要がない。 説明は、Web上にすぐアクセスして、映像として瞬時に示すことができるので、分かりやすく明確。
  • ワーキングホリデープログラムとして、レストラン、カフェで働く際に役立つ英語、資格を取得できる。併設のカフェレストランで、実習ができる。
  • Canadian Collegeという専門学校が併設しており、CCELで一定以上のレベルになれば、Canadian Collegeの授業を受けたり、移行できる。会計学、ホスピタリティなど専門的な勉強ができる。

ちょっと残念だった点

  • アジア人が4割を占める。日本人は年平均15%ぐらい。他、ラテン系、サウジ系、東欧系。
  • 休み時間に、母国語を使用している学生もいる。厳格な罰則があるわけではない。
  • コンピューター使用に慣れていない人はとまどうかも。しかし、コンピューター使用は大学でも仕事上でも必須のスキルなので、ここで慣れておくのも手。 授業中にネットサーフィンができてしまうので、先生がひとりひとりの机を回るなどしてチェックしたほうがよい。
ライター Chika
もともと語学学校に興味があったので、学校潜入レポートは、私自身とても楽しく、毎回ワクワクしながら、 レッスンを受けたり、学校のスタッフさんにお話を伺っています。自分が学校を選ぶなら、 どんなところが気になるか、聞きたいかを考えながら、根掘り葉掘り、直球で聞いております!! みなさんの学校選びの際に、少しでもお役に立てればうれしいです!

CCEL学校紹介ページへ戻る


お気軽にお問い合わせください

必須
必須