カナダ学校情報サイト

カナダ学校体験談

Cornerstone Pan Pacific College(CPPC)体験談 


2013/11/18にPan Pacific Collegeのレベル7中3番目のスピーキングクラスを受けてきた。
一番印象的だったのが、生徒にただ英語を話させるだけではなく、生徒のスピーキングの内容を先生が板書し正しく訂正してくれる時間があったことである。
スピーキング専門校と言ってるだけのことはあり、正しいスピーキングの力が付くと感じた。リーディング・ライティングを選択授業にして、単語と熟語を学ぶ授業が毎日80分あること、 最大5名で受けるカンバゼーションクラブ、選択授業の2時間をスピーキングにあてるアカデミックスピーキングなど、 スピーキング専門校ならでばのカリキュラムが会話を重点的に学びたい人には魅力的だと感じた。

チェックポイント!

受付の様子
昼休み中に受付へ行った為、受付の周りにはたくさんの生徒がいた。

体験レッスンまでの流れ
ディレクターさんと英語で会話をして、今日受けるレベルを決めてクラスへ案内してもらった。

授業の様子
生徒は、サウジアラビア人4人、韓国人3人、日本人私1人だった。 スピーキングの授業だったこともあり、みんなで楽しく盛り上がった。 あまり発言のにない生徒には、先生が話をふったりしてみんなが発言できる配慮がされていた。

授業の感想
ゲームを取り入れるなど、おもしろく授業を受けられる工夫があった。 ただ話すだけでなく、生徒のスピーキングに対して先生が文法をチェックして指摘してくれたので一段と鍛えられると思った。

担当カウンセラーの説明
日本人の比率は最大30%になることもあるが、11月/12月は10%程で現在はサウジアラビア人、韓国人が多いとのこと。 午前・午後全て授業を受けると16:30まで授業となる為、日本人の生徒はしっかり勉強をしたい人、会話に重点をおいて学びたい人にオススメとのこと。 日-英語 通訳・翻訳クラスが意外とオススメとのこと。 例えば、日本に戻って外資企業へ勤めて、英語圏の上司の話を日本人のお客様に説明する際など、スムーズに翻訳するにはコツが必要であり、意外と日本に帰ってから使えるスキルが学べるとのこと。 先生はカナダ人ネイティブで、日本についても勉強した方が担当しているため、他の学校ではあまり学べないとのこと。

気に入った点

  • 午前(単語と熟語・文法)と午後(スピーキング・選択クラス)でクラスを分けている。 よって、スキルに偏りがある人(文法はできるがスピーキングは苦手など)でも全て自分に合ったクラスを受けられる。 選択授業で自分の弱点を徹底的に改善できる。1クラス最大5名でスピーキングを鍛えるクラス(カンバゼーションクラス)が用意されている。

ちょっと残念だった点

  • スピーキングに特化しており、リーディング・ライティング・リスニングの授業が選択授業にしかない。

CPPC学校紹介ページへ戻る

ライター Kesuke
取材するまで体験レッスンを甘くみていたKesukeといいます。体験レッスンを受けることで、各学校の特色がビックリする程見えてきて、楽しく取材ができました。
辛口コメントは苦手なので、各学校の良い点を中心に書いてみました。どういった学校があるのか参考にしていただければ嬉しいです。


お気軽にお問い合わせください

必須
必須