カナダ学校情報サイト

カナダ学校体験談

2014年7月10日 Canadian as a Second Language Institute (CSLI)体験談 


まずエントランスに入ると沢山の国旗が置いてあったり、クラスには大きな国旗が置いてあったりして、本当にいろんな国の人が集まる学校といった感じでした。 生徒が案内してくれるというのも生の声が聴けるしいいことだと思いました。私が今回受けた授業は、80パーセントくらいの生徒さんが選択するという話すことが一番の目的とされた授業でした。 ゲームやカンバセーションが中心の授業で、私は盛りだくさんな内容で楽しく参加させて頂きました。
ただ、ゲームによってはルールや何をするのか分かっていない生徒がいたり、意欲にも差があったように感じました。 金曜日はアクティビティディで実際にどこかへ先生といって楽しみながら英語を学べるようになっていたり、卒業パーティの内容などお聞きしてほんとうに楽しそうだなと思いました。
文法についてはある程度自分で勉強が必要だと思いますが、沢山友達を作りながら実際に学んだことを沢山話したい方はいいと思います。

チェックポイント!

受付の様子
入口に入るとすぐに受付の方が挨拶してくれ、トライアルレッスンを受けたいことを伝えると名前を確認して席に案内される。

体験レッスンまでの流れ
簡単なカンバセーションの後に、自分で簡単なクラスと難しいクラスを選んでいいといわれクラスが決まる。 その後、生徒に校内を案内してもらい、自分のクラスまで連れて行ってもらう。

授業の様子
今回80パーセントの生徒さんが選択するという会話を中心とした午前中の授業を受けた。 私のクラスは、長方形のテーブルが4つ置いてあり生徒同士が向かい合って座るようになっていた。国際色豊かでこのクラスには日本人は一人だけだった。 導入として、一人が廊下の外に出て他の人がテーマ(家族・食べ物など)を決め、10個のワードを予想する。そのあと一人の人にテーマを伝え2分間スピーチをしてもらう。 スピーチの中で、予想した10個のワードのうち多く当てたチームが勝ちになるゲームがあった。その後、形容詞などの文法を学び、それを使ったグループ対抗のゲームがあった。 文法を学ぶ際もただ先生が一方的に話すのではなく生徒に尋ねたりしながら進めていたが、生徒の反応はあまりないときもあった。

授業の感想
楽しい雰囲気の学校で、生徒はフレンドリーな方が多くラウンジに集まって話したりしていた。 私のクラスの先生は、とても優しい雰囲気の方で生徒の気持ちを盛り上げていこうとされていたが、先生の質問に対して最初はあまり発言がなく、 誰かが言い出したらほかの生徒も言い出すような感じで徐々に盛り上がっていく感じだった。ただ、ゲームが多く取り入れられており、 生徒が飽きないように楽しくメリハリのある授業の組み合わせをしていることは感じられた。 沢山話す機会はあるが、文法についてはあまりしっかり行うという感じではないので、理解するためにはある程度自分で復習することが必要かなと思った。

担当カウンセラーの説明
この学校の特徴や料金について丁寧に教えて頂いた。 学校の特徴としては、24か国の生徒が在籍しており国際色豊かで、全員がカナダ人の先生。 また、立地を生かしてアンケートを行ったりできるところであるということだった。 アクティビティにもとても力を入れてあり、毎週金曜日はアクティビティディで実際に体験・経験しながら先生と一緒に楽しく学べるようになっているとのこと。 どのようなところを伸ばしたいのか尋ねられ、それに合った授業のクラスも紹介して頂いた。

気に入った点

  • とても国際色豊かで色々な国の友達ができやすい。
  • 全員がカナディアンの先生なのでカナダのきれいな英語が学べる。
  • アクティビティが充実しており、体験しながら英語を学べるようになっている。
  • イエールタウンにあるので、比較的静かな環境で学べる。

ちょっと残念だった点

  • カンバセーション中心のクラスをとるなら、文法の基礎はある程度自分で勉強が必要と思われる。(別にグラマーの授業もあるので不安な場合はそれをとる方法もある。)

CSLI学校紹介ページへ戻る

ライター Yurika
カナダ、バンクーバー在住。こちらに来て7カ月になり、実際に会話の中で使える英語をもっと勉強したいと思っています。 皆さんにわかやすくお伝え出来るように頑張ります!!


お気軽にお問い合わせください

必須
必須