カナダ学校情報サイト

カナダ学校体験談

2014年7月10日 Cambridge Western Academy(CWA)体験談 


初めに、正直この学校には入学したいと思いました。
ダウンタウンにある小さな語学学校の一つであるCWAはまだバンクーバーにできたばかりで、校舎内や設備などはとても綺麗な印象でした。
なにより思ったことは、「日本人が少ない!」ということです。 今まで見たきた語学学校は大抵三割から四割が日本人でしたがこちらの学校はヨーロッパ系、ラテン系の生徒が大半を占めています。
自分の意見ですが、多国籍の中で勉強するということはすごい刺激になりますし、英語上達の一つの大きな糧になると思います。
そしてこの学校は語学学校だけではなく、校舎内にに専門学校もありたくさんのビジネススキルを短期から長期まで学べるといった形をとっているようです。
そのほかにもCWA特有の「CWA Diary」(名前は定かではありません)という日記帳があり、生徒全員配られるもので日々の出来事を英語で日記に書き先生にチェックしてもらったり、 自分の英語を見返したりできるという独自のシステムにも大変興味を惹かれました。
とにかく自分にもう一度チャンスがあるならCWAで勉強したい。と思えるような学校でした。

チェックポイント!

受付の様子
入口の目の前にあるのでまったく困りませんでした。

体験レッスンまでの流れ
担当の方が軽く学校の話などをしてくれ、先生との数分のコミュニケーションテストを受けた後、授業に参加するという形です。

授業の様子
生徒と先生のコミュニケーションがよく取れていて明るく楽しい雰囲気でした。

授業の感想
先生も生徒もすごくフレンドリーでトライアルレッスンにもかかわらず馴染むことができました。個人的にはすごくいい印象を受けました!

担当カウンセラーの説明
担当の方は学校やカレッジに関してよく説明してくれました。CWAでは学校に関する相談所だけではなく、カナダでの生活に関するファイナンス担当のカウンセラーの方もいらっしゃったので、いろいろな面で頼りになる学校です。

気に入った点

  • 少なくとも自分が受けた授業では日本人は自分を除いて0人でした。他にはヨーロッパ系、南米の留学生が多く、たくさんの外国人の友達を作るにはよい環境だと思います。
  • 様々なプログラムがあり、中でも面白いと思ったのは”Canadian Life”という選択授業がありカナダでの生活において必要なことや役に立つことを学習するといった授業です。他の学校では見たこともないような科目であったので興味を惹かれました。
  • 校内にはESLと同様にカレッジが併設しており、ビジネスや専門的な分野を短期間で学ぶことができる言った点も魅力的でした。

ちょっと残念だった点

  • 比較的にEnglish only policyがあまり守られていない雰囲気でした。しかしこの問題は自分自身で変えることができるので問題はないと思います。

CWA学校紹介ページへ戻る

ライター SHING
ワーキングホリデーで現在バンクーバーで働きながら語学学校の取材をさせていただいてます。 僕自身、語学学校は特にこだわらず選んだので様々な学校の特徴などに毎度驚かされます。何より学校の多さに驚きました。 留学の上で学校選びは一つの重要な選択だと思います。 これからバンクーバーに留学される方、学校の変更などを検討されている方に少しでも役に立てるように頑張ります!


お気軽にお問い合わせください

必須
必須