カナダ学校情報サイト

カナダ学校体験談

2014年7月10日 English Language School(ELS)体験談 


体験レッスンを受けてきました。授業はリーディングだったからあまり生徒の会話はなかったし、少し大人しい感じに見えた。
そして、その後、ディレクターと会話をさせてもらいました。 ディレクターは2人ともカナダ人でパワーポイントで説明してくれているのだけど、 英語だから、つかむのが難しい。

そしてテストを受けて自分専用の紙?が渡されて、どこが悪いとか判断ペーパーが渡される。それで判断できるのかな?と心配・・・。

テスト結果で自己分析を表に表してくれて、自分の苦手な点とか、 これから必要なスキルとかを出してくれるのだとか。 なんか、しくみはすごいんだろうけど、テストを受けた結果が紙一枚になってしまったら先生に相談する時間 とかもなくなりそうだし、実際の自分の問題に直面出来ない気がする。すごい堅いイメージ。 この学校のポイントは大学の提携学校が非常に多いこと。

本当に種類は豊富だった。だから、大学進学を既に考えていて、 大学までスムーズに進めたい人はパートナーシップがあるから、利用できると思う。 それ以外はあまり感じるものはなかったかな。ディレクターはとてもさわやかで話しやすい。

チェックポイント!

受付の様子
受付の担当者は笑顔で迎えてくれ、名前を把握し、すぐにディレクターとコンタクトを取ってくれた。

体験レッスンまでの流れ
印象は特になし。

授業の様子
真面目に勉強している人が多い。あまり笑わない印象。

授業の感想
趣きが少ない感じ。

担当カウンセラーの説明
ディレクターの話はダイナミック。でも心に響かない。

気に入った点

  • 提携している大学やカレッジが多いため、進学したい人には、サポートが充実している。 学校によっては、ELSの基準のレベルに達していれば、TOEFLやIELTSのスコア不要となる。
  • 日本の予備校のように、きっちり勉強をするので学力を上げるためにはよい。

ちょっと残念だった点

  • 歴史もあるため、カリキュラムを紙一枚で表現できてしまう制度がつくられていたり、学校というよりかはビジネスのような環境。 始めての生徒には、むかない。自分で自己分析をして自分で勉強を進められる人じゃないとついていくのが大変。

ELS学校紹介ページへ戻る

ライター Yuka
カナダ、バンクーバー在住です。こちらに来てまだ2週間、右も左も分かりませんが、 いろいろな学校を見てきた感想を辛口視点で評価しました。10校以上の学校を見てきたので だいぶ学校を見る目が変わりました。


お気軽にお問い合わせください

必須
必須