カナダ学校情報サイト

カナダ学校体験談

2014年7月10日 GEOS Language PLUS (GEOS)体験談 


グループに分かれてスピーキングをする授業は他の学校でもよく行われるが、今回受けた体験レッスンでは90分間の授業時間を丸々それに費やしていたので驚いた。
体験レッスンの前の時間の授業が「Integrated Skills」というものでスピーキング、リスニング、リーディング、ライティングと総合的に学ぶ授業とのことなので、 もしかしたらその時間とのメリハリをつけているのかもしれないが、私が受けた授業はゆったりと緩い時間に感じた。
扱うテーマに興味を持ち、先生の求める内容が何かわかればいいディスカッションの時間になると思うが、この時間を有効に使えるかは生徒次第にも感じた。

チェックポイント!

受付の様子
受付には人がいなかったが、受付奥の部屋から日本人スタッフの方が出てきて対応してくれる。

体験レッスンまでの流れ
日本人スタッフの方から日本語で授業についての説明があり、その後、他のスタッフと体験レッスンのレベルを決めるため簡単な英会話をする。授業開始まで時間があったため、受付前のソファで待機させてもらった。

授業の様子
体験レッスンを受けた授業の名前は「Active Listening」だが、この日はスピーキングのみだった。 一つのテーマについて、3人1組のグループに分かれ意見を出し合った。1時間半の授業だったが、その間ずっとそのグループでの話し合い。 先生が各グループを順次回りアドバイスをしてくれた。 しかし、私たちが意見を出し書き出したものは先生が求めるものとは方向性が違ったようで、何度も先生から誘導してもらい書き直す。 それでもいまいち先生が求めるものが理解できず、最後はほとんど先生の言う通りに書いて終わった。

授業の感想
グループでのディスカッションは最初はスムーズに意見を出し合ったものの、上記の通り先生が求めているものと異なっており、 3人とも何を書けばいいかわからず中盤からはあまり会話も発展しなかった。 他のグループもそんなに盛り上がっている様子ではないように感じた。ただ、先生が各グループを回ってくれるので、質問はしやすい雰囲気だ。

担当カウンセラーの説明
授業後にはレベル決めをしてくれたスタッフの方と少しお話し、その後に日本人スタッフの方にもお話を伺った。 現在の全校生徒は約30人、日本人は2人とのこと。クラスのレベルは本来6レベルあるが、現在は1番下のレベルと1番上のレベルは該当する生徒がいないため開講していないとのことで、4レベルとなっていた。1レベル1クラスだが、午後の授業は全レベル合わせて3つ。 午前のクラスのレベルによりほぼ自動的に午後のクラスが決まる。パートタイムでも授業を受けられるので、仕事をしながら、また苦手分野の授業だけ取ることも可能。 日本人スタッフの方には、授業のこと以外にも、体験レッスンとは直接関係がないが、英語を上達させるための自己学習の方法についても教えてもらった。学校ではアウトプット、学校以外の一人の時間はDVDやTVドラマを繰り返し見るなどしてインプット、というふうに役割を分けて考えて相互作用を図るのが効率的とのこと。実体験をもとに親身になって詳しくこちらの相談に乗って下さった。このままの勉強方法でいいのだろうかと思っていたり、英語が思うように上達しないと行き詰まりを感じていても、 この方に相談をすれば、具体的そしてすぐに始めたくなる方法を教えてくれると感じた。

気に入った点

  • 全校生徒が少なく1レベル1クラスで、1日中クラスメイトが同じという生徒がほとんどだと思うので、クラスメイト同士の距離はすぐに縮まりそう。 先生・スタッフも全校生徒のことを把握しているため、何か相談事がある時には相談しやすそうだ。日本人生徒が少ないが日本人スタッフはいるので心強い。

ちょっと残念だった点

  • 午後の選択授業が3クラス、うち1つはIELTSのテストに向けた授業。いろいろな授業の中から選びたい生徒には不向き。

GEOS学校紹介ページへ戻る

ライター Kaoru
カナダに来て約半年。その間に2つの学校に通いました。その体験から、何が生徒にとって嬉しいか、何をポイントにして選んだらいいのか、生徒の日常視点でレポートしていきます。


お気軽にお問い合わせください

必須
必須