カナダ学校情報サイト

カナダ学校体験談

2014年7月10日 Embassy PGIC - Embassy Pacific Gateway International College(PGIC )体験談 


本日、PGICのトライアルに行ってきました。到着して受付のある3階へ。 受付の場所はちょっと見つけにくい。
それらしきものを見つけたが、生徒たちがたくさん並んでいたので、困ってしまった。 近くにいる生徒に、日本人カウンセラーさんのいるオフィスをお伺いし4階へ。 PGICの階段とドアは一方通行(?)なので慣れるまでは難しそう。 カウンセラーさんのいるオフィスでは皆フレンドリーに迎えてくれた。
簡単に説明を受けて体験レッスンのクラスへ。

クラス内には16人程生徒がいて、 その半分以上が日本人。でも英語で話してた。 そういえば廊下ですれ違う人たちの中にも日本人は多かったけど、英語オンリー。 普段から徹底されているのがわかった。
授業が始まりまずは出欠確認。続いて宿題の答え合わせ。 ペアと一組になり、相手の英語を直し合う。また、先生が各ペアを周り、内容をチェック。 その後各自用意してきた写真を基に、相手に説明と質問の受け答え。日常でもよくある光景のため、 実践のために頑張ろうと思えると思う。その後クラスメイトに『あなたは__ですか?』という質問をして、 自分の答えで返すという内容の授業。日常生活で出会うシーンを想定しての授業内容だったし、 歩きまわってクラスメイトと話す機会が多いので楽しみながら身になる授業だったと思う。
授業が終わりカウンセラーさんのもとへ。学校の説明などを聞き、学校を後にしました。  生徒がこういうのがあればいいのに、と思うような、目線の授業内容やプログラム構成になっている なと思いました。日本人同士だと日本語を話してしまうかもしれない、そんな心配のある方はむしろ この学校の方があっているかもしれないです。

チェックポイント!

受付の様子
受付がどこかわからなかった

体験レッスンまでの流れ
クラスまで案内していただいた

授業の様子
Elementary Classだったためか、とにかく話すことに慣れるための工夫がされた授業だった

授業の感想
ペアやグループ、そして歩き回りながらクラス全員に話しかける形の授業だったため飽きること無く楽しめた

担当カウンセラーの説明
Kumikoさんは優しいお姉さんのような雰囲気なので、安心してなんでも話せると思う

気に入った点

  • 日本人が多いけど、それは見た目でわかるだけで、日本人同士でも英語で話しているから好印象。そして他の学校とは違って、学校のあるブロック内もEnglish Onlyとしているため、同じ国籍でも学校外でも英語で話しやすくなるよう工夫されている。トーキングコンテストと称して、一ヶ月にどれだけの町中の人と会話をすることが出来たかを競うというのもあり、歴代上位3位には日本人が入ることも多いとのこと
  • 大規模で人数も多いけどみんな仲良しなイメージ
  • 英語を総合的にかつ楽しみながら学ぶ工夫がされていると思う。クラスメイトとも話す機会が多いので友達も作りやすいと思う。
  • レベルが上がれば選択授業の選択肢も広がる。カフェトレーニングコースやTOEICに特化したクラスなど、個人のニーズにあったコースの選択肢が幅広い
  • 放課後に様々な無料のレッスンがある。発音矯正やカンバセーションクラブ等
  • 授業料に毎月のTOEIC受験料が含まれているため、自分の英語力の向上が目に見える。

ちょっと残念だった点

  • 日本人が多い。多国籍の友達をつくる、という目的の人には少し向かないかも。でも日本人同士でも英語を話しているため、他の日本人が多い学校と比べると、刺激しあうから英語力向上には逆にいいかも
  • 自分から進んで問題解決などが出来る人でないと埋まってしまうかも

PGIC学校紹介ページへ

ライター Hikaru
カナダ、バンクーバー在住8年です。カナダの学校では、体験レッスンを受けた後に申し込みが出来る ことをこっちに来てはじめて知りました。取材に行った学校の数は多くはないですが、同じようにみえて ぜんぜん特徴が違うことに驚きました。


お気軽にお問い合わせください

必須
必須