カナダ学校情報サイト

カナダ学校体験談

2014年7月10日 Kaplan International Vancouver(PLI)体験談 


今日、体験レッスンにいってきました。担当を呼んでもらうと日本人カウンセラーはいないとのこと。
インターンの日本人男性に部屋を案内してもらう。クラスは、2種類用意してもらっていて、ビジネスのクラスとインターミディのクラス。 インターミディのクラスのEdward先生は自分の教科書を出している人で教え方がうまいなーと思った。 実際、トピックは難しいボキャブラリーだけど、英英で説明する時、自分の体験を交えながら、笑いも誘いながら説明。だからすごい覚えてる!忘れない!これからも使える!って新出単語がたくさんあった! そして生徒も笑いながらも結構まじめにうけてる。 面白いことに、隣の席の子は私に興味深々で、「新しい生徒さん?ここいいよ!」って宣伝。笑 授業が終わって、担当のカウンセラーさんとお話。 英語で。
日本人のカウンセラーだけでなく、英語以外の言語は存在しないらしい。。。 だから始めは大変かもしれないけどそれくらい意識して英語が使えるし、何か起きたからって日本語が使えちゃったら簡単だし、逃げそうだもんね。 厳しいかもしれないけど良い環境かもしれない。そして、一応常に日本人のインターンの子がレセプションとかにいるらしいので本当に厳しい場合は日本語も使えるらしい。
あとポイントは先生の質だとか・・・先生のすべての人が学歴と資格を持っていて、すぐに辞める人は少ないから結構指導方法もぶれないし、ベテランぞろいなんだとか。学費は高いけど、 その分勉強する価値はあります!ってはっきり言ってた!その後は、2人の日本人の子にお会いして、どうやって学校を選んだか聞いてみた。 そしたら、一人の子は4校自分で体験レッスンを受けてから選んだらしいんだけど、やっぱり勉強をしっかりできる環境だって! 学校によっては本当に遊び~って感じのところもあるけど、限られた時間の中でしっかり勉強したいから選んだとか。実際宿題も多くて大変なんですよーって二人とも言ってたけど満足度も高いらしい。 さっきカウンセラーの方も言ってたけど、生徒さんも、学費は正直高いけど、出す価値はある!って言ってた!それは興味わきますね。

チェックポイント!

受付の様子
雰囲気があまり明るくなかったように感じた。

体験レッスンまでの流れ
インターンの日本人男性のため、説明があまりなかった。

授業の様子
結構濃い内容をしているのに、楽しそうに学べる。

授業の感想
先生の教え方がうまい。実際の話を交えながら、面白おかしく授業をしている。

担当カウンセラーの説明
日本語の担当者はいない。

気に入った点

  • 日本人カウンセラーが不在なのはもちろん、学校内の厳しい校則があり、英語以外のいかなる言語が聞こえた際には、すぐ罰が与えられる。また宿題が非常に多いと生徒が話していた。
  • トライアルを受けている中で、たくさんの生徒から声をかけられ、この学校は良いよ。と聞いた。学生の雰囲気も遊びにきているというよりは、勉強しにきているという雰囲気の学生が多い。
  • 何カ国かの生徒さんと話をしたが、ヨーロッパの生徒さんもたくさんいて、どのように見つけたか聞くと、やはり口コミの評判だとか。知り合いを通じて、選んでいるそう。その分、日本、韓国に偏っている雰囲気はまったくなかった。

ちょっと残念だった点

  • 日本人が全くいないため、相談したいときに日本語が使えない。 英会話スクールに通う初心者にはまず厳しい環境だといえる。
  • 先生も生徒も言っていたが、学費は高い。(が、払う価値はある。らしい。)
  • 校舎はあまり綺麗とは言えない。そして、部屋が小さくてわかりにくい。

Kaplan International Vancouver(PLI)学校説明へ

ライター Yuka
カナダ、バンクーバー在住です。こちらに来てまだ2週間、右も左も分かりませんが、 いろいろな学校を見てきた感想を辛口視点で評価しました。10校以上の学校を見てきたので だいぶ学校を見る目が変わりました。


お気軽にお問い合わせください

必須
必須