カナダ学校情報サイト

カナダ学校体験談

2014年7月10日 Kaplan International Vancouver(PLI)体験談 


本日、Kaplan PLIの体験レッスンを受講してきました。
中級レベルのクラスでしたが、一言で言うと、とっても楽しい!! まるで、小学校(?)のように明るくにぎやかな雰囲気。 それは先生のアクティブで明るく、ユーモアたっぷりの人柄と、アラブ系男子の勢いによるのかもしれません。 とにかく終始笑いが耐えない授業でした。
ウォームアップはゲームから始まり、本日の文法事項は、名詞の種類、数え方についてでしたが、 食べ物の名前、夕食のメニュー、好きな料理の材料など、日常生活に根ざした例をひとりひとりにあげさせ、 自然な形で名詞の使い方をマスターできるように仕向けていました。授業中にネットを使うこともOKで、 好きな料理の材料について話し合うときは、メニューを視覚的に共有することもできます。 こうした先生の教え方は、英語を学ぶとき、目から耳から、身体から、得意な方法を使うことが大切だとの方針に 基づいているそうです。
クラスメイトもとても仲がよく、レッスン、クラスについては申し分なかったのですが、学校の制度自体に際立つ 魅力、特徴というものは正直見えてきませんでした。 それは、日本人スタッフならではの詳しく丁寧、かつ熱い説明がなかったからなのかもしれませんが。 ちなみに、今回お話してくださったマネージャーさんはとても明るくチャーミングな方で、 英語での説明もゆっくりしてくださるので、よい英語の練習だと思って、分からないことは積極的にどんどん 聞いていく姿勢が大切だと思いました。

チェックポイント!

受付の様子
朝の受付は、スタッフが少なくマネージャー自ら受付に座っていた。

体験レッスンまでの流れ
マネージャーがトライアルで来たことをちゃんと把握しており、始業前に校内をくまなく案内してくれた。その後、教室へ。

授業の様子
先生がアクティブでフレンドリー。クラスメイトは、8人で少人数。アジア人3人(日本人1、韓国人2)、アラブ系4人、ヨーロッパ系1。みなとても仲がよく、すぐに仲間に入れてくれる雰囲気。先生の影響もあるかな。

授業の感想
ウォーミングアップに、げームを取り入れ、和気あいあい、盛り上がる。そのあと、文法のテキストに入る。導入の仕方が上手。文法も身近な例をあげさせ、日常生活に即した言葉の使い方を学べるのでよい。

担当カウンセラーの説明
今日は、約束していた韓国人のカウンセラーが休みでマネージャーが説明してくれた。私をトライアルの生徒だと思っていたようで、授業、コースの説明がメインだった。こちらから質問することで、いろいろ答えてもらったが、この学校ならではのウリのようなものは聞けなかった。

気に入った点

  • ダウンダウンの中心部、バラード駅からすぐで便利。
  • 先生がアクティブで明るくフレンドリー。アラブ系が多いからか元気で仲の良いクラスだった。授業は、ゲームを取り入れたウォームアップから始まり、その後、文法のテキストへ。文法といっても、日常生活に即した語彙表現が多く、生徒ひとりひとりから具体例をあげさせ共有させるなどして、楽しみながら自然に文法事項も身につけられるのがよい。

ちょっと残念だった点

  • 日本人のスタッフがいないので、相談にのってもらうにもある程度英語力が必要。逆に英語力アップの早道かもしれないが。
  • なぜかアラブ系が多い。ついでブラジル、同、韓国、日本と続く。日本人の割合は14パーセント。
  • 一般英語、インテンシブ英語コースでとれる、選択授業ストラクチャースタディ、オンラインのセルフスタディレッスン、週2~3のスタディクラブ、インテンシブでのみ選択できるスペシフィックスキルレッスンと色々選択肢はあるが、ストラクチャースタディとスペシフィックレッスンの明確な特徴、違いがよくわからない。 オンラインのセルフスタディレッスンがどこまで活用されているか、役に立つのか説明だけでは不明。レッスンの変更が2週間毎にしかできない。

Kaplan International Vancouver(PLI)学校説明へ

ライター Chika
もともと語学学校に興味があったので、学校潜入レポートは、私自身とても楽しく、毎回ワクワクしながら、 レッスンを受けたり、学校のスタッフさんにお話を伺っています。自分が学校を選ぶなら、 どんなところが気になるか、聞きたいかを考えながら、根掘り葉掘り、直球で聞いております!! みなさんの学校選びの際に、少しでもお役に立てればうれしいです!


お気軽にお問い合わせください

必須
必須