カナダ学校情報サイト

カナダ学校体験談

2014年7月10日 Study English in Canda Inc.(SEC)体験談 


2013/11/26にSECの8レベル中レベル5のスピーキングのクラスを受けた。
「2人~3人のグループで話し合い」→「結果発表」がセットになっていたので、常に良い緊張感を持って話し合う事ができた。
プログラムとして、ワーホリの仕事探し準備コース(カスタマーサービス プロトコル)やケンブリッジBECなどビジネス英語関連のコースや、 キャビンクルートレーニングといった独自のコース(2014年1月開講)もあり、働く上で役に立つコースが多数あると感じた。

チェックポイント!

受付の様子
受付スタッフが常に2人おり、丁寧に対応してくれる。

体験レッスンまでの流れ
日本人カウンセラーさんが学校内を案内してくれてから、今回受けるクラスへ連れていってくれる。

授業の様子
生徒は、ヨーロッパ圏1人、サウジアラビア人1人、中国人1人、韓国人4人、日本人は私を含めて3人だった。 生徒が楽しく授業を受けている印象を受けた。但し、数人の生徒が時間にルーズな生徒がおり、休憩時間を過ぎてもなかなか帰ってこない生徒もいた。

授業の感想
2人~3人で問題に取り組み、その結果を発表するスタイルで授業が進んでいったので、 緊張感を持って議論できていてよかった。先生がこまめにメンバーを変えていたので、色んな生徒と意見交換ができ、楽しく授業を受けることができた。

担当カウンセラーの説明
生徒数は、200人~250人で日本人は20%前後、アジア圏の生徒がだいたい50%前後になるとのこと。 入学初日にカウンセラーさんとマンツーマンでカウンセリングをして今後の事を相談に乗ってくれるとのこと。 また、生徒と先生も仲がよく、アクティビティ以外にも先生主催で遊んだりする事もあるとのこと。 勉強に関しては、毎週金曜にテストがあり、このテストの平均でレベルが上がるか決まる為、生徒は毎週しっかり復習をするようになり実力がつくとのこと。 ビジネスに興味ある人には、ケンブリッジBECコースがオススメで、当校受講者の80%が合格しているとのこと。 姉妹校であるUCCBTへ授業料を移行する事も可能なので、UCCBTで専門的なスキルを身につける事も可能。

気に入った点

  • 中規模の学校だけあり、コースも多数用意されている。 特にビジネス英語関連のコースが充実している。初日にカウンセリングがあるので、カウンセラーさんに顔を覚えてもらう事ができ、その後も気軽に相談できる。

ちょっと残念だった点

  • 日本人を含めてアジア圏の生徒数が圧倒的に多い。

SEC学校紹介ページへ

ライター Kesuke
取材するまで体験レッスンを甘くみていたKesukeといいます。体験レッスンを受けることで、各学校の特色がビックリする程見えてきて、楽しく取材ができました。
辛口コメントは苦手なので、各学校の良い点を中心に書いてみました。どういった学校があるのか参考にしていただければ嬉しいです。


お気軽にお問い合わせください

必須
必須