カナダ学校情報サイト

カナダ学校体験談

2014年7月10日 SELC Vancouver(SELC )体験談 


生徒の夢・やりたい事へのサポートがとにかく手厚く熱いのが印象的。真剣かつフレンドリーに日本人スタッフの方が対応してくれる。明確な夢を持っている生徒への支援はもちろん、何かしたいけれど自分は何ができるのか、何をしたいのかわからない・・・と悩んでいる生徒へも、一緒になってやりたい事を探して実現に向けて伴走してくれそうだ。英語力を伸ばした先にしたいこと、それを夢から現実へと変える推進力がこの学校にはあると感じた。

チェックポイント!

受付の様子
エレベーターを降りるとすぐ受付。受付の方がすぐに声を掛けてくれた。

体験レッスンまでの流れ
到着が早過ぎ、体験レッスンの時間まで1時間もあったのにも関わらず、日本人スタッフの方が快く対応してくださり学校の特色などについて説明をしてくださった。校内見学もさせてもらえ、その後、体験レッスンのレベルを決めるため他のスタッフの方と5分程度の会話をし、授業へ。

授業の様子
午前中、午後と異なるレベルのクラスを受講。午前中のクラスは生徒が12人だった。グラマー、ライティング、スピーキングをする。練習問題を解く際は先生が生徒をあてずとも、 生徒から答えを言っていた。 午後のクラスは生徒が10人だった。文法についての説明や、テキストを使ったリスニングはありながら、基本的には先生と生徒との自由な会話を中心としていた。

授業の感想
午前のクラスでは先生が、生徒が興味のありそうな曲を教材にしたり、スピーキングの際も面白い内容の質問を用意してくれたり、また発音の仕方についても身振り手振りを使ってわかりやすく教えてくれたりと、先生の熱心さを感じた。先生が一生懸命に教えてくれるので、生徒としても「こんな質問は低レベルすぎるだろうか?」などと心配することなく、安心して質問ができる。 午後のクラスでは、生徒が自由に発言できる雰囲気で、かつ先生は全員の生徒が発言できるよう会話の流れをコントロールしてくれるので、自分から話すのが得意な生徒とそうでない生徒、どちらも対等に参加できるように感じた。

担当カウンセラーの説明
日本人スタッフの方が、生徒が持つ夢や挑戦したい事を全力でサポートしてくれる。 バリスタコースやリゾートホテルでの有給仕事斡旋ほか様々な学校のプログラムがあり活用できるのはもちろん、それらのプログラムには乗らない一人一人の目標も、 スタッフの人脈・学校という組織など「持っている資源は最大限に活用」し支援してくれる。 また、週1回放課後に、日本人向けのグローバル塾というものがあり、「外国人にひけをとらない自己主張のしかた」「語学留学で最大の効果を上げるためのノウハウ」「何のために働くのかを考える」などのテーマを取り上げ、英語力を伸ばし、さらに留学で自分を成長させたいと願う生徒を強力に後押しする。

気に入った点

  • 駅から2~3分、またお店の多いガスタウン内という好立地。さらに教室の方角によっては窓から入り江と山が見え、晴れた日は素晴らしい景色。
  • レベルによるが、平均9~10人、最大15人とのこと。
  • 日本25%、韓国25%、ヨーロッパ20%、南米20%、タイ10%が現在のおおよその比率。
  • 生徒数が80~90人と他校に比べ大規模ではないため、その分スタッフとの距離が近い。かと言って小規模過ぎもしないため、選べるクラス数の多さは保たれている。

ちょっと残念だった点

  •  
ライター Kaoru
カナダに来て約半年。その間に2つの学校に通いました。その体験から、何が生徒にとって嬉しいか、何をポイントにして選んだらいいのか、生徒の日常視点でレポートしていきます。


お気軽にお問い合わせください

必須
必須