カナダ学校情報サイト

カナダ学校体験談

2014年7月10日 Sol Schools International(Sol)体験談 


スピーキングの時間が多かったが、トピックが面白く、また先生の話の持っていき方も上手で授業そのものを楽しめた。
トピックについての質問が、答えが想定されたようなものではないため、いろいろな考えを頭の中で整理しながら英語で話す訓練になる。
トピックに興味がなく特に言いたいことがないとスピーキングは上達しないと思うが、体験レッスンを受けたクラスでのトピックは、 一般的な答えを求めるものではなく一人一人の考えを聞かれるものだったため、普段の生活以上に自分の意見をどう言おうか頭を使い、他のクラスメイトの意見を聞くのも面白く、 授業があっという間に終わった。

チェックポイント!

受付の様子
入り口を入ると校長自らが出迎えてくれた。日本人カウンセラーはこの学校にはいない。

体験レッスンまでの流れ
紅茶を頂きながら、校内を見学し説明を受ける。その後、教室で少し話をした後、今日受けるクラスなどについて書かれた紙をもらい授業へ。

授業の様子
2つのレベルのクラスに参加。1つ目のクラスは生徒数8人。文法について学んだ後、その文法が使われている曲を聴き、その歌詞についてディスカッションをした。 2~3人のグループに分かれて話す時間が多く、先生が一方的に説明をするといったスタイルではない。 短い時間の中で、文法、リスニング、リーディング、スピーキングの全てが網羅されていた。 2つ目のクラスでは、一つのトピックについて、賛成・反対どちらかの立場に立ち意見を言い合った。対立する意見を持つ人と2人1組になってディスカッション。 短い時間で次々とペアを替え、その後全体で賛成派・反対派に分かれ意見を闘わせた。スピーキングの時間がほとんどだった。

授業の感想
どちらのクラスも、クラス全体の雰囲気がとても良かった。生徒同士が仲が良さそうで、それぞれ1つのクラスとしてまとまっている印象。 発言しやすい。自分から発言しないタイプの生徒に対しても、先生がタイミングを見計らいその生徒をあてるので、どの生徒も発言ができていた。 スピーキングの時間が多いので、スピーキング能力が鍛えられそう。また時期にもよるのだろうが、生徒の平均年齢が高めのようでクラスは落ち着いていた。 先生が投げかける質問は、簡単なものから始まり徐々に高度になり面白く、それに答える生徒の答えもまた面白かった。 先生はフレンドリーで、生徒は授業内・休み時間にも気軽に質問をしていた。

担当カウンセラーの説明
他校に比べ小規模のため、校長が生徒一人一人を認識しているようで、日本人の生徒の名前、どのクラスに在籍しているかも把握していた。 生徒とスタッフとの距離が近そうだ。日本人の割合は時期により5%~20%の間を変動するとのこと。1クラスの人数は最大12人。

気に入った点

  • お店が立ち並ぶガスタウン内にあり、駅から2~3分という好立地。建物は歴史のありそうな煉瓦造りで、古いが校内はきれい。教室の壁も一部は煉瓦になっていたり、一部は濃い青に塗られていたりとおしゃれ。教室によってはガスタウンの通りが見える。 蔵書数は少ないが本やDVDが置かれており、借りることができる。コンピューターが使えるスペース、ミニキッチンも有り。
  • クラス数が少ないため、生徒同士の距離が近く、それがクラスの雰囲気の良さにつながっているように感じた。沢山の生徒と知り合いになりたい、沢山のクラスの中から自分のクラスを選びたい、という人には不向きだが、 それらに拘らなければ、居心地が良さそうだ。

ちょっと残念だった点

  •  

SOL学校紹介ページへ

ライター Kaoru
カナダに来て約半年。その間に2つの学校に通いました。その体験から、何が生徒にとって嬉しいか、何をポイントにして選んだらいいのか、生徒の日常視点でレポートしていきます。


お気軽にお問い合わせください

必須
必須