カナダ学校情報サイト

カナダ学校体験談

2014年7月10日 St. Giles International(St Giles)体験談 


今日、体験レッスンに行ってきました。受付の方は私に名前を聞いてきてすぐに担当の方を呼びに行ってくれた。笑顔で。今日は他にも新規の学生がたくさんいたみたいなんだけど受付の人がテキパキにこにこ説明と案内をしてた。雰囲気が明るい!そして、その後、校舎を軽く案内してもらって早速授業に。
クラスは皆、新しい生徒さん~?とニコニコ聞いてくれたり挨拶してくれて雰囲気はいい。 でも授業が始まると、会話が途切れ、みんな静かに。

週末何してきた?という先生の質問に生徒が順番に答える程度で生徒同士の会話はあまりない。 ボキャブラリーの授業だからかな。その後は、レッスンの内容をやってたんだけど。 単数、複数、数えられる、数えられない名詞をやっていて難しいなーと思ってたらやっぱり隣の席のブラジル人の子が 分からない様子。でも先生はほぼ無視。わからないわ~って言ってるけど、他の生徒が出来てるからスキップしたり・・ 私もちょっとわかるから説明してあげたりしたけど・・・先生、おい!って思ったよ。 クラスも8人と多くないし。その子はブラジル人だから、わからないわーって何回もアピールしてたけど、 私だったらそんな何回も質問できないね。。。委縮して終わりそう。そんな調子で授業は終了。

その後、Harunaさんにお会いして学校についてもっと詳しく聞きました。 やはり、イギリスから始まったためヨーロッパの方が知名度が高いらしい!一番多いのがスイス人なんだって。 他の学校にはあんまりない。そして日本人も少ない印象!先生が指摘する言語はドイツ語やフランス語が多いらしい! めずらしいよね?でもその分、日本人がなじむのも大変かもって・・・
日本人ってやっぱり勉強は出来ても話すスキルが本当にないし、そもそも話そうとする気合いが足りない。 だからヨーロッパやブラジルなど他国のメンバーにメンタルで押しつぶされる。。可能性もあるらしい。。。 ありえる。。やっぱり始めは話せないっておもいが強くなって押しつぶされるかも?ガンバレっていって頑張れることでもないしね。。。

・・・食堂にTishさんというかたが常勤していて、日替わりの軽食を作っているようで・・ 今日はでっかい生春巻きが3ドルで販売されてて、もちろん魅力に負けて食べました。 笑 大きい、安い、おいしい!今日は、作り立てのラップサンド4ドルと手作りクッキー1ドルも有り♪ 安いし、日替わりだから、毎日楽しめる♪すごい魅力を感じた。最後がゴハンで、終わりよければすべてよし!

といった感じだけど、学校の雰囲気としては受付もディレクターも先生も食堂のTishさんもみんなアットホームに 感じたかな。そして日本人がすくないのも魅力!!ただ、他の国の中に混ざれるか・・・心配。。。 でもせっかくの機会だから自分で気合い入れて前向きに話せば乗り切れるし、その後は絶対他の学校より磨きがかかるなー と思った。ヨーロッパの友達も欲しいし!いままであちこち体験レッスン受けてみたけど、ほぼ日本人、韓国人、 サウジの3カ国で成り立っている学校ばかりだったから、本当に雰囲気が違うと思った。"

チェックポイント!

受付の様子
受付担当の方は名前を言うとすぐに対応。その他の新規生徒にも素晴らしい対応だった。

体験レッスンまでの流れ
部屋をある程度案内してもらい教室へ。

授業の様子
雰囲気は悪くない。しかし、先生 対 生徒 という感じで生徒同士の会話は少ない。

授業の感想
追いついていない生徒のフォローがあまりないようだった。

担当カウンセラーの説明
普通。生徒を入れたいと言うよりは、きたかったら来て下さい。といった感じ。新鮮。

気に入った点

  • イギリスでは名の知れた学校のため生徒はヨーロッパ(特にスイス)が中心。 日本人は12名MAXのクラスに3人いたら多い方・・!!
  • 小規模で1フロアの校舎のため先生、生徒がほとんど顔見知り。 アクティビティも参加率が高く、参加することでほとんどの生徒と触れ合える。(小規模のため)
  • 食堂でTishさんのホームメイドクッキーや日替わりの軽食(生春巻きやサンドウィッチなど)が低価格で食べられる! 朝一番でも満席のラウンジでは生徒たちが英語で楽しく会話を楽しむ姿が見られる。
  • 21歳以上でほぼ30~40歳。企業に努めた後や目的がはっきりしている人が自分で授業内容を組み立てられる。

ちょっと残念だった点

  • 選べるコースは少ない。メジャーなケンブリッジはヨーロッパ向け。アジアで人気のTOEFLやTOIECなどはメジャーではない。 プレミアムはフレキシブルだがコースがあるのではなく自分でコースを作るタイプ。自分のしたいことがきちんとないと厳しい。
  • パンフレットが見にくい。(4カ国すべて同じパンフレットを使用。カナダ版は存在しない。) もちろんのこと英語のパンフレットはない。

St. Giles学校紹介ページへ

ライター Yuka
カナダ、バンクーバー在住です。こちらに来てまだ2週間、右も左も分かりませんが、 いろいろな学校を見てきた感想を辛口視点で評価しました。10校以上の学校を見てきたので だいぶ学校を見る目が変わりました。


お気軽にお問い合わせください

必須
必須