カナダ学校情報サイト

カナダ学校体験談

2014年7月10日 Vancouver International College (VIC)体験談 


speakingプログラムが充実しているが、文法など基礎的なことを理解していない人には不向きな印象。発音、正確さ、表現力、文章構成に力を入れていて、 「流暢さは自分で習得できる。」という考えから、重視されていない。
全クラス選択授業制で、1週間単位でクラス変更も出来るなど便利なシステムがある。 毎週入校可能で1週間から週単位でプログラム受講が出来るが、発音のクラスは英語を話すときに使う筋肉の発達などを考慮して、12週間のプログラムになっているため、 短期の受講だとあまり意味が無いように思われる。アクティビティーが豊富、卒業生へのサポートが充実している点は魅力的に感じた。
また、専門学校との提携もあり、英語+資格を目指す人にはお勧め。
校内は勿論English onlyの環境になっている。

チェックポイント!

受付の様子
受付はあまり印象にない。狭くてごちゃごちゃしたオフィスの様だった。

体験レッスンまでの流れ
日本人カウンセラーのShigeoさんが英語でいくつか質問をし、その答え方によってレベルを把握し、トライアルを受けるクラスを決める。とてもスムーズだった。

授業の様子
テーブルがコの字に並んでいるので、コミュニケーションが取り易く先生の目もよく行き届く。生徒は特定の人以外、消極的な印象。先生は生徒の事をいつも気にかけていることがよく分かった。

授業の感想
reading,listening中心の授業だった。聞き取れた事だけをどんどん書いていくlisteningの授業が楽しく、訓練になると思った。 解らないことは先生が例を使って教えてくれる。

担当カウンセラーの説明
Shigeoさんが詳しく説明し、質問にも丁寧に答えてくれたのでVICをよく理解できたと思う。

気に入った点

  • レコーダーに自分の発音を録音してチェックする授業もある。英語を話すときに使う口の筋肉の発達を意識し、手鏡を使う授業もある。
  • 1クラス平均9名。 8レベルにレベル分け。
  • アクティビティーで友達作り。コーヒー、紅茶が無料。 コピー無料。卒業生もセミナー、アクティビティー、カウンセリングに参加可能。
  • 他のビルに校舎が分かれているため移動が大変。トイレが少ないので休み時間には列ができる。

ちょっと残念だった点

  • 狭い。

VIC学校紹介ページへ

ライター Saori
バンクーバーにESLが多いことに驚きました。 私も半年間学校に通っていましたが、 もっとよく調べて体験談などを聞いてから学校を選べば良かったなと 思ったので、トライアルを受けてしっかりレポートしたいと思います。 少しでも参考になれば嬉しいです。
みなさんが自分に合った学校に出会うことができますように☆


お気軽にお問い合わせください

必須
必須