カナダ留学専門のカナダジャーナルでは無料学校手続き、無料現地サポート、インターン手配、永住権取得のお手伝いなどのカナダ留学サポートを行ないます
カナダ留学ならカナダジャーナル留学クラブ
創立1981年

Tel : 1(604) 688-0303
日本時間: 日曜〜木曜 午前2時〜午前10時まで
HOME ›› ここが違う!私達のメッセージ

私が入社した当初はひと月に多くて5名、普段は2-3名のお客様のサポートしかすることができませんでしたが、堅実に仕事をしてゆく姿勢を皆様から評価いただき、また優秀なスタッフや信用のおける取引先にも恵まれて、毎月沢山のお客様のサポートができる組織を作ることができました。 カナダジャーナルの新規のお問合せの実に63%がお友達、以前ご利用のお客様からのご紹介のお客様ですがその数も毎年増え続け、2014年には実に1034名ものお客様濁り世頂くまでになりました。

もちろんこれからも、さらに沢山のお客様、一人でも多くの悩んでいるお客様に力になれるように、組織的拡充や人的資本の拡充をはかり、より良いサービスを沢山のお客様に提供できるようにしていくつもりです。

カナダジャーナルは日本に立派なオフィスもなく、スタッフもわずか10名弱の小さな会社です。5年前までは少人数の小さな会社であったカナダジャーナルが34年もの間、ビジネスを継続できたのは、カナダジャーナルで留学をご希望のお客様が弊社のサービスを気に入っていただき、お友達にご紹介くださったからでした。派手なパンフレットや資料作り、沢山のお客様に送付したり、立派なオフィスを構えたり、沢山の従業員を抱えたり、そのようなことをせずに、ほんの少しのWebサイトでのサービス内容のご案内と、お客様からの声に支えられ、ようやくこれだけの数のお客様のサポートをすることができるようになりました。
※※このサイト自体も、この文章を含め一部は私自身がコンテンツを作成して、ネットで調べた知識を使いながら作成しています。※※


カナダジャーナルが考える「留学の際に一番大切なこと」

ここからは、カナダジャーナルが考える「留学の際に一番大切なこと」を少しお話させてください。

エージェントという言葉を聞くと、おそらく、多くの方が下記のような不安を持つと思います。

  1. 高額な手数料を取られてしまうのではないか
  2. エージェントの都合の良い学校しか紹介しないのではないか
  3. 頻繁にメールや郵便で営業をされたり、望まない時間に連絡をされるのではないか

カナダ留学と聞くと、ほとんどの方はまったく業界のこと、手続きのことをご存じなく、闇雲に沢山の会社に問合せをしたり、資料請求を求めたりする場合が多いでしょう。その結果、執拗に電話で勧誘をされたり、膨大な資料の山で、どの学校を選べばよいのか分からない、と言うケースに陥ったりします。選択肢が多すぎで誰に頼ってよいのかわらず、結局ご自身でも満足なされないまま、パンフレットの綺麗さや一度しか会ったことのない学校担当者の説明、まったく知らない人のネットでの体験談や評判で決めてしまうことが多いと思います。


カナダジャーナルは「お客様の立場に立てる」めずらしいエージェントです

カナダジャーナルでは、留学に関して様々な悩みを抱えたお客様と真正面で向き合い、お客様の立場に立ってコンサルティングをしております。

単に学校選びのお手伝い、ご希望に沿った学校手配をするのではなく、留学を通じてどのような目的を達成したいか、自己実現をしてゆきたいか、夢は何か、そのような観点で一緒の立場になって学校、留学のプランを作成しています。 インターネットの環境が世界中に整ったことで、物理的な距離が遠くても、インターネット上だけで学校選びが完結する業態が増えています。学校のお申し込みも、メールのやり取りだけで完了してしまうことが多くなってきています。

綺麗なパンフレット、Web上にあふれるこぎれいな言葉や写真、イメージ、学生数、日本人率などの数字上のデータだけで、近くの友達の言葉、素性の知らない誰かの書き込んだネット上の評判など、じっくり自分で学校を選んでいるように見えて、本当のところはしっかりとした根拠に基づくのではなく、フィーリングで選んでしまったりするお客様がとても増えています。


バンクーバー最大の学校データベース。一人ひとりの個性を大切にカウンセリングを続けて30年
カナダジャーナルの出来ること

カナダジャーナルでは、こぎれいな美辞麗句に惑わされずに、実際に学校まで私が出向いて様子を見て、授業を受け、現在の留学生からの声を集めた上で学校を評価しています。そこには、定量的には計れない尺度で学校を判断する基準も含まれています。カナダジャーナルは今まで30年以上ビジネスを続け、歴史を重ねてきました。その期間、学校が新しく出来ることもあれば、合併、縮小、倒産する事例も数多く見てきました。これらの歴史的な蓄積をベースに、毎年データベースを刷新し、今現在、留学生の方々に最適な学校を選んでいます。

※参考カナダジャーナルの学校評価サイトはこちら

学校をご紹介する際は、まずは留学生の方々お一人お一人の状況把握、分析、コンサルティングからはじめます。従いまして、まったく同じ時期にまったく同じご依頼内容を頂いても、結果的にご紹介する学校が異なるというケースは良くあります。それは、誰にとっても万能な満足する学校があるのではなく、一人ひとりの個性、性格、目的に応じてふさわしい学校がそれぞれ異なるからだとカナダジャーナルが考えているからです。

もちろん、どんな人にも万能な学校も一部ございます。日本に拠点を置く留学エージェント様が良くご利用されるような全てにおいて"無難な"学校です。ただ、私たちはこのような学校を紹介することは、それほど多くはございません。もちろんこのような学校をご紹介すれば、お客様からはクレームは来ないですし、リーズナブルで他にも沢山似た境遇の方が多くいて安心です。ただ、コンサルティングを進めていくうちに、もっと満足していただくぴったりな学校はどこか、と言うことをまじめに考えると、結果的にそれとは違う学校を紹介することが多くなります。


学校選びはお客様の満足度重視
カナダジャーナルの出来ること

例えば、どんなメニューも選べるファミリーレストランは便利でどんな人にも喜ばれますが、ここで注文した日本そばと、行列の出来る日本そば専門店で食べるそばの違いと考えていただけば分かり易いかもしれません。
同じ日本そば、材料も見た目は同じ、料金もほぼ変わらず、いずれも食べられますが、満足度と言う観点では大きく違うことが多いと思います。学校選びこれと同じことはいえるでしょう。 毎日のお食事の場合は失敗したと思えば次回は別の飲食店に行けば済みますが、留学の場合はそう簡単にお店を変えることはできません。

このような学校選びの"こだわり"がカナダジャーナルにはあります。カナダジャーナルではスタッフすべてがこのようなこだわりを持って全ての留学生の方々に接しています。

カナダジャーナルはカナダにある会社です。時差の関係でお返事が遅れてしまうこともございますが、お問い合わせいただく際は、下記のお問合せフォームから頂けますと一番早くお返事を差し上げることができます。

※2015年1月より日本の東京に出張所を設けました。 直接会って留学の相談がなさりたい方はお気軽にご依頼ください。(予約制)

あなたの留学、人生のお手伝いができることを楽しみにしています。

カナダジャーナルスタッフ一同

お問い合わせカウンセリングはこちら