理系の大学院を休学してバンクーバーに来て10ヶ月!
そんなRyoさんが日本に帰る前にカナダジャーナルのオフィスに遊びに来てくださいました。
最後の1ヶ月は南米を旅行していたというRyoさん、なんと美味しいチョコレートのお土産まで持ってきてくださいました。

 
16700126_1295263100541348_1322741905_n

 

同級生は海外へ行くと言ってもアメリカの大学院へ交換留学だったり、教授の知り合いの研究室だったり…
そんな人が多い中、ワーホリをすることは異色だったそうです。

Ryoさん自身が大学院へ進んだのも、なんとなくまだ就職したくなかったので…とのこと。
ただ、大学院では専門的な分野を学ばれているため、ビジネス系の経験も積みたいという思いでカナダへ来ることを選ばれました。

実際にRyoさんはこの10ヶ月で環境団体でのボランティア、オフィスインターン、ローカルレストランでのバイトを経験されました。
今はその経験を活かし全体的に大きな視野で見られるようなプロダクトマネージャーのような仕事に就きたい、
写真を撮る趣味を活かして世界中を旅したい!
そんなふうに将来の選択肢がいろいろ広がったとのこと。そんなお手伝いができることはわたし達の喜びのひとつです。

到着した時から見守ってきたカナダジャーナルのスタッフは、Ryoさんの顔つきが変わったことにびっくり!
スタッフ一同も嬉しい気持ちでいっぱいです。
ボリビア、ペルー、コロンビアなどをまわった南米旅行の素敵なお写真を提供していただいたので、みなさまにもお届けします。
これを見たら、もう今すぐウユニ塩湖をはじめとする様々な名所に行きたくなりますよ…!

IMG_0208

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_0218

IMG_0215

 

なんと最後にはラマを呼べるようになったそうです!

日本から南米はとっても遠い、値段もお高いですが、
カナダからはとっても行きやすいのでツアーも多いですし、行かれる生徒さんも多いんです。
カナダジャーナルのオフィスの掲示板にはお得な旅行情報も掲示しているのでお見逃しなく!

みなさんの最近の話、旅の話、お写真などは、担当したスタッフだけではなく
スタッフ一同楽しみにしていますので、いつでもふらりとカウンターにお立ち寄りくださいね。
日本に帰られた方も、ふと思い出したときにはぜひご連絡ください。

こんにちは。留学カウンセラーのSaoriです

ワーキングホリデービザバンクーバーに来る予定の方、

ビザもゲットした
学校へも申し込んだ
ステイ先も決まった

飛行機チケット・保険の手配も完了

そんな準備万端なあなたに、
バンクーバー到着後1週間以内にやっておいた方が良いことを紹介します


その1:在留届の提出、日本の免許証の翻訳証明書の取得
こちらで事故・災害が起こった場合などに、
日本大使館や総領事館が、家族への安否問い合わせに対応するためのシステムのことです。
マストではないですが、長期で滞在をする場合は、届け出がお勧め!
在留届はネットでも申請が可能ですが、その3の免許書書き換えに必要な、免許証の翻訳証明書の取得は窓口対応となるので、一緒に済ませてしまいましょう!

バンクーバーマップもここでゲット!(マップ持参でその6記載のVBCEでの両替レートが優遇されます!)

申請に必要なもの:パスポート、ワーキングホリデービザ、翻訳証明書の手数料$22(現金のみ)

申請できる場所:Consulate General of Japan at Vancouver(バンクーバー総領事館)
9階 #900 – 1177 West Hastings St. Vancouver
Tel 604-684-5868 / 604-684-5833
Fax 604-684-6939

その2:SIN(シンナンバー)の取得
カナダで仕事をするには、SINSocial Insurance Number
社会保険番号)の取得が必要です。
税金や保険はすべてこの番号で管理をされています。

申請に必要なもの:ワーキングホリデービザ、パスポート

申請できる場所(ダウンタウン):Service Canada – Sinclair Centre
Suite 125(1) – 757 Hastings St. West Vancouver BC
Tel:604-687-7803
 
ビル1階のフードコートと同じ場所にあります!受付の方にSIN申請の旨お伝えください。
特に書類への記入などは必要ないですが、窓口で基本的な質問をされます。

その3:免許証の書き換え(BCIDの取得)
6ヶ月以上の期間があるビザ”と“日本の免許”を持っていれば、
試験を受けることなく
BC州の免許証に切替が可能です
運転をしない方でも、運転免許証は強力な
IDとなりますので、持っているとかなり便利です!
切り替え時、日本の免許証は没収されますので、コピーなどを取っておくことをおすすめします。

申請に必要なもの:ワーキングホリデービザ、パスポート、翻訳証明書、手数料$31(現金のみ)

■申請できる場所(ダウンタウン):免許センター(Driver Licensing Office) ダウンタウン 

221-1055 West
Georgia Street Vancouver (Royal Centre
 ショッピングモール内)
Tel: 604-661-2255

その4:携帯電話契約
働く場合は、カナダで使える携帯電話を持つことは必須!
またこちらでは友人同士でもLINEやメッセンジャーではなくテキスト(携帯電話の番号メール)でやり取りをすることが多いです。
英語で携帯の契約をするのが不安・・・という方は、カナダジャーナル提携先の「けいたい屋」さんが日本語での契約をサポートしてくれます!
カナダジャーナルで行うオリエンテーションのあとに無料で説明会を開催しています

その5:銀行口座開設
お給料の受け取りや引き出しに必須の銀行口座!
こちらもカナダジャーナル提携のBMOBank of Montrealさんが日本語で口座開設説明会を開催してくれますのでご安心くださいね。(無料です)

その6:コンパスカード(スイカやパスモのような交通機関の電子パス)の購入
駅構内で購入が可能です!
長期で滞在し、電車やバスをよく使う方はマンスリーパスの購入をおすすめします。

その7:カナダドルへの換金
換金はレートの良いVBCEがおすすめ!
その2の日本領事館でゲットしたバンクーバーマップを持参でお得なレートで換金できます201610月現在)

こういった手続き、インフラ系のことは、到着早々済ませてスッキリしちゃいましょう
すてきなワーキングホリデーステイになりますようにっ

Saori

お問合せフォームはこちら
http://canadajournal.com/#contact

Skype
ID
canadajournal2 
お気軽にチャットで話しかけてくださいね! 

CONTACT
お問い合わせ

対面でのカウンセリング(東京) 希望する希望しない