コロナ禍でのカナダ留学体験談~3月渡航~<Oxford International就学>

2021年5月4日

このブログでは、コロナ禍である2021年3月に渡航され、学校に就学されている生徒さんよりコロナ禍でのリアルな学校生活に関してシェアして頂きました。現在の学校の様子を詳しくシェアして頂きましたので、これから渡航を控えている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

Oxford Internationalでの就学について

語学学校(Oxford International)について

Oxford International North America/ Eurocentres

語学学校はWater front stationから徒歩5分以内にあり、周りにはフードコートやショッピングセンターのあるとても栄えている所に位置しています。休憩時間にスターバックスやティムホートンなど買いに行くこともでき、歩いていろいろなところに行けるので立地はとても良いです。

クラス編成について

現在は、IntermediateとUpper Intermediateの2クラスに分かれていて4月末からは3クラスになるそうです。

コロナの影響でクラス数が少なくなっており、1クラス7人前後、オンラインのみで授業に参加をしている生徒さんもいます。私のクラスは現在7人でそのうち5人が日本人、1人はブラジル人、1人は韓国人です。

他のクラスにはコロンビアやペルーからの生徒さんもいます。今はコロナの状況で生徒数も少ないですが、通常は様々な国からの生徒さんがいるそうです。

学校に通う期間は人それぞれで、2週間~半年以上学校に就学している方もいます。

学校には日本人のスタッフさんもいて英語が苦手でも日本語で相談することができるので安心です。

学校の様子

こちらがロビーです。今はコロナのため使えませんが自動販売機や電子レンジ、ウォーターサーバーなどが置いてあります。自動販売機には飲み物やお菓子も売っています。

教室です。他にも沢山の教室があります。

こちらは自習です。自習室にはレベル別のプリントがおいてあり自由にとることができます。

ここはコンピューター室です。月に一回コンピューターでの試験があります。普段は調べ物をするときなどに使用しています。

授業について

授業スケジュールはこのようになっています。

First class 10:00~11:40 Break 11:40~12:00 Second class 12:00~13:40

午後の選択授業は日によって違いますが、14:20~15:10の日と15:20~16:10の日があります。スケジュールは人によって違います。

毎週資料が配られ、その資料に沿って授業が進んでいきます。
私が入学したのが3月だったため、カリキュラムの中で最も難しい所を勉強している最中でした。4月になり基礎の部分から教えてもらうようになりました。

日にもよりますが、講師からのレクチャー50%、各自問題を解く30%、ペアワーク20%くらいだと思います。4月から先生が変わり、話したり文章を作ったりすることが以前よりも少し増えたような気がします。

間違えることを恐れずに常に「Try!!」と言われています。

友達と話す日常会話でも、言葉に行き詰まることが多々ありますが、時間がかかっても言葉が出てくるまで待ってくれます。質問もいつでもして大丈夫ですし、恥ずかしがらないことが大事だと感じました。

日本人は黙って授業を受ける傾向にありますが、他の国の方々はとても積極的に発言しているように思いました。私も初めは質問や発言を躊躇していましたが、今では間違えることや質問することは恥ずかしいと思わなくなり、間違いは勉強になるなと感じます。

先生とはバンクーバーのおすすめの場所やお店など、いろんなことを教えてくれるので会話の勉強にもなりますし、フレンドリーな先生ばかりです。

選択授業について

午後のクラスは選択科目なのでクラスのレベルは関係なく受けています。
私の学校にはBusinessクラスとFluencyクラスがあります。両方とることも可能です。

私はFluencyのクラスを取っています。

授業は日ごとに内容が変わり、毎回プリントが配られテーマに沿った質問が書いてあり、それをペアワークで会話する授業内容です。他には、映画を見て質問の答えを記入したり、洋楽を聞いて歌詞の穴埋めをしたりという内容です。テーマについて個々で調べてプレゼンテーションをすることもあります。

英語がある程度話せる方は楽しい授業だと思います。

コロナ禍での就学

国籍の比率はコロナ禍の状況のため日本人が7.8割ほどを占めています。しかし、母国語禁止なのですべて英語で会話をしています。

初めの一週間はオンラインでの参加でしたが、英語初心者の私には聞き取りづらくエコーなどで発音がはっきり聞こえなかったり、授業の流れがわからず、ついていくのに必死でした。

また、資料がデータで送られてくるので画面を見つつ資料を見ないといけないため、オンラインの難しさを感じました。

対面の授業に参加するため、登校するようになってからは、楽しく学校に通えています。

大切なのは人と比べないことです。学校の友達に言われ、通っていると本当にそうだなと思います。人それぞれ得意不得意があり伸びるペースが違います。

周りが気になるのは私も同じです。しかし気にしすぎてしまうと気持ちがだけが焦ってしまいます。なので”自分のペースで”ということを大切にしています。

 


最後にカナダジャーナルより

コロナ禍の影響により、通常時の学校生活と違う部分が多くあります。ですが、コロナ関係なく、間違いを恐れず積極的に英語を話すこと、人と比べず自分のペースを大事に英語を学ぶということは大事ですよね!

2021年、コロナ禍でもカナダ留学したい!渡航について相談したい!と思っている方は、下記のお問い合わせフォームよりお気軽にご相談くださいませ。皆さんのご希望に応じて、充実した留学生活のプランニングをお手伝いさせて頂きます。

ブログ一覧に戻る

CONTACT
お問い合わせ

    コンタクト方法

    LINE上で、お問い合わせ、無料相談も承っております。
    下のQRコードからお友だち追加後、チャットで声をかけてください。

    カナダ留学ならカナダジャーナルお問い合わせ用LINE@

    上ボタンをクリック、もしくは『@canadajournal』(@マークも含めて)でID検索をしてお友だち追加してください。
    担当者がログイン後、お応えします。

             メープルリーフ装飾 SVG
    メープルリーフ装飾 SVG
    メープルリーフ装飾 SVG
             メープルリーフ装飾 SVG