ブログ

バンクーバーVS日本 コスト徹底比較!

2018年12月27日

こんにちは、Kakoです

今年のバンクーバーは比較的雨が少ないと言われているようですが
最近はめっきり曇り空・・☁
もちろん朝晩は冷えますが、思ったほど想像を絶する寒さを感じていない気が・・(私だけ?)

今後留学やワーホリにバンクーバーに来たい!と思っている方も
いらっしゃると思うので
今回は、NUMBEO(https://www.numbeo.com/cost-of-living/in/Vancouver )参考の基、
バンクーバーと東京の生活における金額を比べてみましたっ!!!

留学やワーホリ生活において、どうしてもお金はかかるもの。。💰
だいたい生活にどのくらいの金額がかかるか事前に知っておけると
現地で買えるもの、日本から持っていったほうがいいものが分かりますよね!

12月17日時点でのレート(1カナダドル=84.17円)で換算してみました!
あくまでも平均のデータなので、ご参考までに・・

野菜が基本的にバンクーバーのほうが安い!
お肉は基本的にバンクーバーでは骨があるものが普通で、
骨も皮も無しとなると、手間料がかかるからか高くなるようです。
(日本は骨があるものなんてなかなかないのに・・)

全体的に外食はカナダのほうが高い!
よくアメリカンサイズを想像するのですが、
そこまで変わらず、Tipもあるので高くつきがち。。

交通は全体的にバンクーバーの勝ち!
電車はシステムが違うので載せていないのですが、
バンクーバー市内であれば最大でも日本円の500円程度でどこでも行けてしまいます🚃!また車を買うとなると十万単位での差額が出てカナダのほうが安くなる😲

衣服に関して、金額で見ると大きくは変わらないですがカナダのほうが安いです・・が!!
圧倒的に日本のブランドの方が質が良いです。
バンクーバーでは洗濯物を外に干す事が無く、乾燥機にかけることがほとんど!
そうすると、服は痛みやすいのですが、日本のものは丈夫でだめになりにくい。安いとはいえ、日本から持ってこれる分は持ってきたほうがBetterかと☝

ここでもバンクーバーの方が安いですね🍁またバンクーバーでは基本的に公園が多いので無料のテニスコートやバスケットコートも多くあります🎾🏀

家賃は圧倒的にバンクーバーが高め。そのため留学生やワーホリ生はシェアハウスなどをし、$500-900(日本円で40,000~75,000円程度)のところに済むことが多いんです💡

以上、いかがでしたか??

国も違えば文化も違う、物価も違う!!今後の渡航に向けて是非参考にしてみて下さい♫

ブログ一覧に戻る

CONTACT
お問い合わせ

LINEでお問い合わせの場合は、送信ボタンの下をご参照ください。

LINEでお問い合わせの場合は、下のQRコードからお友だち追加後、チャットで声をかけてください。


または、『@canadajournal』(@マークも含めて)でID検索をしてお友だち追加してください。

担当者がログイン後、お応えします。