ブログ

留学エージェントとは?

2018年12月21日

今回は、「留学エージェント」という職業に対してのイメージについて、留学エージェントで働いてもうすぐ4年になるスタッフからみて思うことをについて書きたいと思います。

自分がエージェントで働いてるからこそ思う、留学のエージェントのうまい利用の仕方を知ってもらえればと思います。

 

IMG_6135

1 エージェントとはどういう仕事か?

一般的に「エージェント(代理人・代理業者・仲介業者)」という仕事自体がなんとなく怪しいとか、今いちよくわからないという方が多いように思います。

なぜ人はエージェントを利用するのでしょうか?👦

もちろん任せた方が楽だから(自分でやると面倒)
任せたほうが正しい判断をできるから(自分でやると間違えてしまうこともあるから)

だからです。

 2 留学エージェントはどういう仕事か?
*ここでお話しする留学エージェントとはカナダジャーナルのように現地にあるエージェントのことです。

1をふまえて留学エージェントとは、留学する人⇔語学学校などの間に立ってやりとりをすることがメインとなります。

正直英語がペラペラで留学経験の数回あります🙋的な方であれば、

留学エージェントの使用はしなくてもよいと思います。

ただ、やっぱり国によって異なる点は必ずしもあるので、行く先が初めての国でなければの話です。

もしあなたが同じ国に留学2回目ということでしたら、その場合も必要ないかもしれませんね。

基本的には、留学エージェント*とはその国・都市のことを、生活面でも学校面でも、ビザ面でも、その他ネットでは情報収集できないような「現地の人の情報」を持ってるわけなので、結構活用すれば便利です。

それから、最近でこそ主要な都市の語学学校であれば、日本人のマーケターさんがいたりするので、学校お申込みも直接日本語でやりとりできるところもありますが、そうでない学校の場合は、まー大変😱です。


英語力の問題はもちろんですが、それ以上に日本人の常識と他国の人の常識はおもしろいほど異なる場合がありますので、

とか、普通にあります

まともにそれを受けちゃうと、もうイライラと不安でしかなくなりますが、留学エージェントはそれこそ日常茶飯事の現場で動いていますので、

返事が来ない可能性を見越して前倒しで連絡しておくとか、別ルートで準備しておくとか、結構あの手この手でやりくりしてます(笑)

留学エージェントって、自分が売りたい学校だけ紹介して、ホームステイ先紹介するだけでしょ!って思ってたでしょう。


簡単に言えばそうなんですけど、日本的な社会システムの中だけで動くなら「それだけ」で済むのですが、ホームステイファミリーもいろんな国の人がいますから。
彼らをハンドリングするのは一筋縄ではいかないわけです。

3  留学エージェントを利用しないほうが良いのか?

私が話すとあまり説得力がなくなるからもしれませんが、サポート料金があまりにも高額であったりしない限りは使った方が良いと思います。


むしろ使った方がメリットあるのになーと思うことが結構あります。

それこそ、カナダジャーナルもそうですが、サポート料金は基本無料というエージェントもたくさん最近ではあります。

4 サポート料金が無料というのは、どういうことか?

一般的に海外で生活していく上で必要になるであろうサポートや、相談が無料ということです。

逆にどういう費用が有料になるのかと聞かれることがありますが、一般的なサポート以外です。
例えば、特別にスタッフ1人に付き添ってもらって何か行う必要がある場合や、留学エージェントのサポート範囲以外の依頼(公的書類の翻訳をお願いしたり、物件の契約を代わりにやってもらったりとか)です。

後は、留学エージェントは先に述べたとおり、その地で生活していて事情をよく知ってる人たちですので、ネットではこう書いてるけど実際はこうだよというような、リアルな情報をもとにアドバイスしてくれます。

留学したことがある先輩がいるから聞けばいいというのもそうですが、やっぱりリアルタイムで現地でその業種に精通している人には敵いません。

5 留学エージェントってお金をぼったくられるイメージ!?

これは「エージェント」という名がつく職業なら必ずしも貼られるイメージであるのが悲しいのですが、ビジネスですので、無償のボランティア団体ではありませんので、お金は頂かないと会社がつぶれます。。。

お金をぼったくられたか、ぼったくられてないかは、自分できちんと確認するしかないのですが、
例えばカナダジャーナルの場合、直接お金を留学生から頂く部分としては、

正直この2つくらいです。

後は、私たちのような現地エージェントの場合、学校に生徒さんをご紹介すると、学校から紹介料としてFeeを頂けるので、その費用もあわせて経営をまわしていきます。

つまりは、上記のホームステイ手配料と空港送迎費用を払う以外は、

自分で留学手続きをすべてやった場合と、エージェント利用した場合のかかる費用は同じです!💰=💰

むしろ、学校費用に関しては、エージェントのみ使用できるプロモーションがある場合があるので、その場合はエージェントを使った方がお得にもなります。

6 正しいエージェントの選び方 

 ここまでかなりはっきり書きましたので最後までそのままいきますが、結局はあなた次第です!
カナダジャーナルだって、100%完璧なエージェントではないので、時にはご迷惑をおかけいし、時にはもう使いたくないエージェントだと言われ、時には厳しいお言葉も頂戴しております。

でもね、どのエージェントも同じだと思いますが、本気で留学してくる生徒さんのことを考えて、一生懸命プランをたてて、あなたのために学校を探し、あなた為に情報を調べて、渡航して頂けるのを楽しみに待っているカウンセラーもちゃんといます。

そもそも良いエージェントって何?って思うのですが、留学エージェントに限らず、良いお医者さんって?良いレストランって?良い保険会社って?良い不動産会社って?良い美容師さんって?

自分とその担当してくれる人の相性で決まったり、自分の価値基準での判断だったりすることがほとんどだと思うのです。

 いろんな評判や意見が今でこそネットや新聞などメディア普及の世の中だからこそあふれていますが、本当に自分にとって信頼できて良いエージェントというのは、自分で選んで決めるもの。そうすれば間違いないと思います。

 

少しでも気になった方は、HP見てみてくださいね^^https://canadajournal.com/

 

ブログ一覧に戻る

CONTACT
お問い合わせ

LINEでお問い合わせの場合は、送信ボタンの下をご参照ください。

LINEでお問い合わせの場合は、下のQRコードからお友だち追加後、チャットで声をかけてください。
カナダ留学ならカナダジャーナルお問い合わせ用LINE@


または、『@canadajournal』(@マークも含めて)でID検索をしてお友だち追加してください。

担当者がログイン後、お応えします。

         メープルリーフ装飾 SVG
メープルリーフ装飾 SVG
メープルリーフ装飾 SVG
         メープルリーフ装飾 SVG