ブログ

英語耳ならぬ英語口にすべし

2018年12月24日

今回は以前にアップした英語学習についてのブログの第二弾として
本日は、Speakingに関する、Kako的学習方法をお伝えしたいと思います!
(一応日本では英会話教室のカウンセラーとして数年働いていたので
学習についてはある程度学習しております!)

英語で独り言を言う

そうは言っても何を言ったらいいの?と思いますよね?😅
私のおすすめとしては、その日の振り返りを英語で話すことです。

英語で日記を書くことも、もちろん良い方法ですが
今回はSpeakingを伸ばすことにフォーカスをすると、
できる限り口に出すことが絶対的にオススメです!

ただ、何事も続かないともちろん上達は難しいもの・・。
ということで、私はいつも
お風呂に入りながらその日の振り返りを英語をしていました!
お風呂の中で行うメリットとは・・?
後述するので、しばしお待ちを☃

難しいことは口に出さなくてOK!
なんでもいいんです。間違ってても良いんです。
とにかく口にだすこと。初級かも、と感じる方はまず口を英語になれさせましょう!

■どうやって、どんな風にやったらいいの?

今回はまず初級と中級の方に向けたやり方を紹介します!
(あくまで一方法なので、参考までに^^)

<初級編>
その日のあったことを短い文章でも良いので口にだすようにしましょう!
例: I ate some sandwiches
           I woke up at 7:00

できるだけ朝からその時間まで起きたことを思い出して
箇条書きのように口に出していきましょう。
日本語で使う口周りの筋肉と、
英語で使う筋肉は違うのでトレーニングが必要!
そして生活をしているのに使う単語を思い出すきっかけになります。

<初中級編>
上の文章にいつとか誰ととかどうだったのような
トッピングを付け足していきましょう。

例: I ate some sandwiches at lanch
   I woke up at 7:00 this morning.

慣れてきたらもう少しだけ付け足し・・!
例: I ate some sandwiches at lanchwith my friends.
   I woke up at 7:00 this morningIt was cold out side.
シンプルな文章に少しずつ、少しずつ付け足していくことで長さが伸びていきます!

■お風呂の中で「独り言を言う」必要性って??

ここで思い出してほしいのが、なぜお風呂の中というシチュエーションなのか。

シャワー

継続をするコツの一つとしては、
毎日の無意識にしているルーティンの中に組み込むこと!!

お風呂に入る事は毎日しますよね?朝でも夜でも短くても長くてもいいんです!
大切なのは少しでもいいから毎日続けること!

これがお風呂で髪の毛を洗いながら。
とかだと、その場で単語も調べられないので
自分の持っている語彙のみでいかに表現ができるかをトレーニングすることができます。

お風呂を出ても尚、表現しきれず気になったものは調べてOKですが
全て調べることはおすすめしません!

どうしても気になったもの、などは頭に残りやすいですが
調べる癖を付けると全てが「調べた単語」の括りになってしまうので
記憶に残りづらいんです。

人間は効率の良い生活を求めて生活するものなので、
「この単語を思い出せなかったことで、表現できなかった」
→「会話に不便を感じた」
→「その為にこの単語を使えるようになりたい」
という経験を積むことで、単語が記憶に残りやすいのです👍

お風呂でなくても料理しながらでも🍳ジムでトレーニング中でも🏃良いかもしれないです💡

とにかく口を動かして

英語耳ならぬ英語口にすべし!!

また近々中級・中上級編もUpdateしたいと思います~!
私もまだまだ一英語学習者!一緒に頑張りましょう☀

ブログ一覧に戻る

CONTACT
お問い合わせ

LINEでお問い合わせの場合は、送信ボタンの下をご参照ください。

LINEでお問い合わせの場合は、下のQRコードからお友だち追加後、チャットで声をかけてください。


または、『@canadajournal』(@マークも含めて)でID検索をしてお友だち追加してください。

担当者がログイン後、お応えします。