カナダ学校情報はこちらから!

カナダ学校留学割引情報| カナダ学校留学相談| カナダ学校生活| カナダ学校検索サイト | カナダジャーナル| カナダ留学体験談

きれいでお洒落な雰囲気、フレキシブルな対応
CET Vancouver

バンクーバーで最もおしゃれなエリアYaletownにある、アットホームな学校です。 カナダへの進出は比較的新しい学校ですが、日本人や韓国人を含むアジア人比率が非常に少なく、 主にヨーロッパや南米の生徒さんが多い学校です。 授業内容は、ケンブリッジプログラムを利用したカリキュラムになっており、質の良い講師陣による授業が評判です。 日本人が苦手とする会話力アップの為に様々な工夫がされており、 自分の入学時のスピーキング力が1ヵ月後、2ヵ月後にどのくらい上達しているかを把握する為に、 毎月スピーキングを録音したデータを生徒一人一人に渡すなど、徹底した取り組みがなされています。 また、カナダに来て留学生の友達はできたけど、カナディアンの友達が・・・・という悩みを解消する為に、 学校スタッフ自らが放課後や週末のボランティア、アクティビティなどのアレンジメントや相談に乗ってくれるサポートもあり、 カナダ人との交流を図る機会を積極的にもてるところも人気の秘密です。

受付の様子 入った瞬間とても綺麗な学校内に少し驚きました。受付は目立った場所にないものの、対応はとてもスムーズ。
体験レッスンまでの流れ カウンセリングルームで先生と簡単な自己紹介を踏まえた会話をし、レベル判定、クラスへ案内していただく。
授業の様子 始めはintermediateクラスへ。とても大人しい印象だったが、みんなアットホームな雰囲気の中和やかに授業が進む。 日本人5人、ブラジル、メキシコ人5人程度、他2?3人といった様子のクラス。机は輪になっており、みんなで囲んでの授業スタイル。 休憩後からは1つ上のクラスへ。 日本人は2人、他は多くがブラジル人、メキシコ人が占めていた。こちらは机もすべてホワイトボードに向かって座るスタイル。とてもよく会話の弾むクラスだった。
授業の感想 クラスの数が現在4つということで、intermediateとその上のクラスでは、かなり差があるなと感じた。 先生方は気さくで話しかけやすく、説明も分かりやすかった。 intermediateではまずみんながそれぞれに自己紹介をしてくれ、その後HW確認、比較級の問題、数・単位の数え方の授業だった。 テンポはゆっくりで、とても丁寧に聞き取りや確認をしている印象でした。次のクラスでは、reading問題を問き、その中で登場したphrasal verbsの勉強、例文作成を行った。 生徒がよくしゃべるので、こちらのクラスはテンポよく進んでいく印象でした。
担当カウンセラーの説明 CETでボランティアとして活動されている日本人の方に説明していただきました。彼女はボランティアを半日する代わりに半日授業が受けられるとのことでした。 このようなサービスがあることにまず驚きましたし、生徒さんでもあるので生徒目線でのお話を伺えたと思います。分かりやすく教えてくださいました。

良い点

立地 yale townに位置しており、カナダラインの駅からは近い。ダウンタウンでありながら、静かなエリアで道も綺麗、落ち着いた雰囲気が勉強するのにとても良いと思いました。
フレキシブルな対応 クラスは4クラスですが、その中のレベルに合わない生徒が入った場合はクラスを増設して対応してくれるということでした。現在40~50名程度の生徒という小規模学校なので、フレキシブルに生徒の可能性にあわせて可動性のある学校とのことです。夏には110人程になるということですが、現在はかなり校内がゆったりしているため、増えてもスペースが無いということにはならないと思いました。クラス数は適宜生徒数、生徒のレベルに合わせて増減します。 またクラスのレベルアップも、毎週金曜に行われるテスト結果のみならず、普段の授業からでも、先生がレベルが上がっていると判断された生徒は随時レベルアップが可能とのことでした。 この点は特に、テストの結果に依る学校が多いと思うのでとてもフレキシブルでいいなと感じました。通常は8週間が1termとのことでした。 また、専門的なコースは選択出来ませんが、通常のコースにビジネス英語の時間も組み込まれているのも柔軟な対応だなと感じました。
フレンドリー アットホームな環境の中で、生徒はみんなフレンドリーな印象を受けました。穏やかな、和やかな時間が過ごせ、忙しなさや騒がしさを感じない空間でした。
建物がきれい 2010年開校のこの学校は、インテリアも落ち着いたカラーで統一されており、どの教室も清潔感がありました。空間の広さも十分あるためか、ビルの中特有の息苦しさもなく、勉強に集中出来る環境だなと感じました。
授業後のextra support 火ー金曜、授業後一時間程度エキストラのサポート授業、study clinicがあります。(フリー)各曜日によってlistning、reading、speaking等のカテゴリー分けはあるそうですが、 この時間は全てのレベルが合同で行うもので、お互いに刺激になりよい時間だなと思います。

残念な点

価格 他の学校に比べ少し割高に感じます。毎週の授業料に+テキスト代も毎月必ず$60かかるということで、すこしそれは高いなと感じました。テキスト代を払っているため、クラスが変わった際にテキスト代について心配する必要等ないと言う点についてはいいのかもしれませんが。
コース コースは全レベル通して1つのみ、総合英語を学びます。落ち着いて勉強に集中出来る環境故に、academicやtofel対策クラス等も選択出来たらなお良いと感じました。ただ、金曜日のテスト後の午後の授業ではpronaunciation classや、IELTS等移民向けの選択授業はあります。

こんな人に向いています

落ち着いた雰囲気の中で集中して勉強したい方、空気の悪いところや人が多くて忙しない学校は苦手、アジア人ばかりのところではないところがいい。という人に向いていると思います。夏になるとヨーロッパからの生徒が増えるとのことで、アジア人は3割程度とのことでした。クラスによって各ナショナリティの割合は決めていないようなので、固まってしまうこともあるかとは思いますが、学校自体は国際色豊かということでした。 授業の中でビジネス英語も学べるので、ワーホリでこちらに来ている人の多くに、英語を基礎から学びたいけどビジネス英語も基本だけは知りたい、けど特別にコースを選択するまでではないかな…と考えている人がいると思うので、そういった方々にもお勧めです。 ティーンの若者よりも、もう少し大人の人向きの気がします(校風・立地・価格等から)。

体験談

少人数の先生、生徒の中でフレキシブルに対応している印象を全体的に受けました。その為か、生徒の中からボランティアを募り、彼ら自身も運営側の手助けをしながら英語を学べよいシステムだと思います。 感想としては、まず学校が綺麗で居心地がいいということが一番に浮かんできます。私自身がビル内のエアコンの空調であったり、空気が閉鎖された中が苦手ということがあり、よく授業中に外の空気を吸いたくなるのですが、この学校は圧迫感も無く清潔で快適に過ごせました。 一見英語の勉強とは関係ないようですが、よりよく集中する、リラックスできるという環境は大切だと思います。 週一度のテストにリスニングのテストがあるというのもいいと思いました。 毎回先生がスピーキングの採点をしてくれ、そのレベルを週単位で自分自身確認出来るのはとてもいいと思います。 落ち着いて授業に集中出来ました。
ライター写真
ライター Yui
自分の通っていた語学学校を卒業して間もないのですが、バンクーバーにくるまでこんなにたくさんの語学学校があるとは知りませんでした。 自分の経験を踏まえ各学校を見学し、そしてより分かりやすく伝えられればと思っています。頑張りますので、よろしくお願いいたします。

更新履歴

カナダ学校1
ZONI
自由にのびのび            
カナダ学校2
inlingua
Speakingに力を入れたい人に           
カナダ学校3
Ashton College
実践的なノウハウを学べる学校     


カナダ全国学校検索サイト

お問い合わせ