カナダ学校情報はこちらから!

カナダ学校留学割引情報| カナダ学校留学相談| カナダ学校生活| カナダ学校検索サイト | カナダジャーナル| カナダ留学体験談

いろいろな工夫をされている
King George International College(KGIC)

しっかりしたカリキュラムを支える母国語禁止と、無断遅刻・欠席厳禁という2つの厳しい校則があり、罰則も厳しく、生徒が手を抜かず真剣に勉強出来る環境が維持されています。ESLプログラムは、英語レベルに応じてそのカリキュラムの内容を変えている為、自分に合ったレベルで英語力を効果的に向上させる事が出来ます。姉妹校のKGIBCではビジネス英語、TESOLなどの英語プログラム以外に数多くの専門知識を習得できるコースを併設し、幅広い分野でスキルアップを図る事が出来ます。

受付の様子 校舎に入るとすぐ大きな受付カウンターがあるのでわかりやすかった。受付の係の人が笑顔で迎えてくれた。
体験レッスンまでの流れ 日本人カウンセラーの方と自己紹介をしてからすぐ教室へ。特にレベル分けのチェックがあるわけではなかった。
授業の様子 朝の一番初めは文法のクラスから始まった。1レッスン1科目で高校のような授業スタイル。一クラス15人程度。ほとんどアジア人で占められていた。 担当の先生は明るい人で、軽い会話をクラス全員としてから授業に入った。
授業の感想 文法のクラスだったためなのか、目立って発言する感じではなく全体的におとなしい授業だった。 ただ、グループワークではそれぞれ発言していたので消極的な印象ではなかった。 机の形がコの字型なので先生が常に見回っていたため質問するのが不得意な人でもわからないことがあったらすぐ聞きやすい環境であると思った。
担当カウンセラーの説明 KGICの特徴は科目ごとにレベル分けをしていることと、レッスンが科目ごとにあるそうです。 一般的には総合英語という科目しかない学校が多いのでスキルによってレベルの差がある生徒が混在しているクラスと違って 同じスキルレベルの生徒同士が集まっているため授業の進行がしやすいとのことでした。 フルタイムでそれぞれのスキルを学ぶためどのスキルも効率的に学べると思います。

良い点

授業 科目別にレベル分けがあるので自分の不得意と得意が認識できて効率よく勉強ができると思いました。同じレベルでそれぞれのクラスが構成されているので生徒にとってもストレスがなく授業が受けられそうです。
立地 ロブソンストリートに面しているのでわかりやすい。放課後もショッピングなど楽しめそう。バンクーバーのほかにカナダに4つ校舎がある。
校則 イングリッシュオンリーポリシーに反すると厳しい罰則(一日校長室前で勉強しなくてはならないなど)があるので良い緊張感がありました。

残念な点

授業 バランスの良い授業内容なので専門的に学びたい人には不向き
大規模 4つのスキル別に科目が設定されていてすべてのレッスンが一日に収まっているので一コマの時間が短いため途中で終わってしまったような中途半端な感じがした。
立地 駅から15分くらい歩くので遠く感じた。バスも混んでいるのである程度時間に余裕をもって登校しないと遅刻してしまいそう。

こんな人に向いています

*一定レベルに達すると様々なディプロマコースにすすめるので、英語をモノにしたいという人におすすめ。
*TESOLのコースは充実しているのでこの資格を取りたい人には特におすすめ。
*同じレベルの人がクラスにいるので違うレベルの人と話すのが苦手な人にはおすすめ。
*日本人カウンセラーの方は長くカナダに住まわれているのでいろいろと親身になって相談してくれるので、海外生活不安な方でも安心だと思いました。

体験談

カウンセラーの方が取材のことをわかっていてくださったので学校の特徴や雰囲気についてじっくり聞くことができました。 学校がとてもきれいで、クラスの壁も落ち着いて集中できるような色合いにペイントされていたりと生徒の勉強のためにいろいろな工夫をされている面が見れてよかったです。
ライター写真
ライター Sanae
バンクーバーに来て6ヶ月がたち、現在FITTディプロマを取るためカレッジに通っています。 バンクーバーにはたくさんの語学学校があってなかなか簡単には選べないのですが、私が体験して感じたことが学校選びのきっかけになれればと思っています。

更新履歴

カナダ学校1
ZONI
自由にのびのび            
カナダ学校2
inlingua
Speakingに力を入れたい人に           
カナダ学校3
Ashton College
実践的なノウハウを学べる学校     


カナダ全国学校検索サイト

お問い合わせ