カナダ学校情報はこちらから!

カナダ学校留学割引情報| カナダ学校留学相談| カナダ学校生活| カナダ学校検索サイト | カナダジャーナル| カナダ留学体験談

インプットだけでなくプレゼンで自分の力を試す!!
PGIC

バンクーバー校の授業はフルタイムプログラムのみになります。 午前中のプログラムで基本から応用までの幅広いスキルを身に付けます。 ESL以外に、TOEIC、TOEFL、Cambridge、ビジネスなどの専門コースがあり、 午後は自身の目的に合わせたプログラムを2クラス選択する方式になっています。 また特徴の一つであるイングリッシュ・オンリーポリシーは校舎から100m以内では 英語以外の言語は禁止という、イングリッシュ・オンリー・ゾーンを設定する徹底ぶり。 フルタイムでしっかり勉強をしたい、モチベーションの高い学生が多い学校です。

受付の様子 スタッフは常駐しており、きちんとトライアルに関しても把握している。
体験レッスンまでの流れ 受付で渡された紙の教室に移動し、授業開始。
授業の様子 人数は10人程度で発言やすい。先生も話しやすい雰囲気をつくってくれているので臆することなく発言できる。生徒同士もクラス制ということもあり、仲がいい。
授業の感想 円形に並ぶので話やすく先生も気さくでよかった。英語だけでなくそれぞれの国の違いにも触れたりもするので楽しく勉強できた。生徒さんもナチュラルに英語で話しかけてくれるのでよかった。
担当カウンセラーの説明 説明も丁寧でよかった。カウンセリングを受けた部屋だけが母国語がオッケーなようで、一歩外に出るとEnglishOnly。徹底ぶりが見受けられた。

良い点

クラス制 担任制をとっているので、生徒同士もなかよくなりやすい。
立地 ロブソン通り沿いにあり、学校帰りに友達と遊びにもいきやすい。
環境 完全EnglishOnlyPolicyでかなり厳しい。学校がある1ブロック内でも強制されているので、学校をでても英語を使うくせがつくのでたとえ日本人同士であっても英語を使うので、必然的に英語を話す機会が多くなる。
システム インプットだけでなく、アウトプットとしてプレゼンテーションを行うことで英語を使えるものとしている。どのレベルであっても、必ずプレゼンテーションがあるので、英語だけでなくたくさんのことを学べるにちがいない。
TOEIC 毎月、公式のTOEICを無料で受けることができる。

残念な点

入校日 一か月で一つのカリキュラムになっているので途中入校不可。

体験談

一か月みっちりカリキュラムが組まれているので勉強に集中できる。
また、最終的にはプレゼンテーションを行うので、いいアウトプットにもなると考えられる。
さまざまなコンテストも開催しており、そのことも英語力強化の手助けになっているようだ。日本人同士でも英語を話す環境にあるので、英語で話す環境は必然的に多くなるのでいい練習になりそうだ。
すべてのカリキュラムが英語力向上に特化しており、少し厳しい面もあるが、スピーキングを強化したい人にはぜひおすすめ! この学校の方があっているかもしれないです。
ライター写真
ライター Saki
バンクーバーにきて一ヶ月程。まだまだ分からないことだらけですが、なんとか生活してます。
語学学校にはもともと行っていなかったのですが、本気で選ぶときのポイントになるところを考えました。学校によって、似てても全く違った特色を持っているので、楽しかったです。

更新履歴

カナダ学校1
ZONI
自由にのびのび            
カナダ学校2
inlingua
Speakingに力を入れたい人に           
カナダ学校3
Ashton College
実践的なノウハウを学べる学校     


カナダ全国学校検索サイト

お問い合わせ