カナダ学校情報はこちらから!

カナダ学校留学割引情報| カナダ学校留学相談| カナダ学校生活| カナダ学校検索サイト | カナダジャーナル| カナダ留学体験談

English ONLY徹底
PGIC

バンクーバー校の授業はフルタイムプログラムのみになります。 午前中のプログラムで基本から応用までの幅広いスキルを身に付けます。 ESL以外に、TOEIC、TOEFL、Cambridge、ビジネスなどの専門コースがあり、 午後は自身の目的に合わせたプログラムを2クラス選択する方式になっています。 また特徴の一つであるイングリッシュ・オンリーポリシーは校舎から100m以内では 英語以外の言語は禁止という、イングリッシュ・オンリー・ゾーンを設定する徹底ぶり。 フルタイムでしっかり勉強をしたい、モチベーションの高い学生が多い学校です。

受付の様子 受付の方は一人で、朝だからかひっそりとしていました。
体験レッスンまでの流れ トライアルのリストに名前がなく、すぐにカウンセラーの方にも会えず、少し戸惑ってしまいました。しばらく待っていたのですが、他国のカウンセラーの方が気付いてくださって、教室に行くことが出来ました。
授業の様子 スタートは前回の復習から。新出単語を使った例文を生徒が考え、毎日担当制で発表していました。分からないことがあればすぐに先生に聞ける雰囲気でした。
授業の感想 レビューを多く取り入れているとのことで、集中して学ぶことが出来る様子でした。学んだことをすぐにアウトプット出来るサイクルは効率的だと思いました。発音の矯正もしてくれるので、正しく発音出来るようになると思います。
担当カウンセラーの説明 学校の制度について、わかりやすく、細かく説明してくれました。コースがいろいろ設定されていること、フリーのワークショップがあること、日本人のサポートがあることなど、メリットが多いと感じました。

良い点

徹底したEnglish Only Policyで、罰則規定も厳しいので、しっかり取り組めます。
フリーのワークショップや、ランチタイムに先生がラウンジに来てくれるなど、スピーキングの機会が多いようです。
レベルや国籍によって分けられるので、個々に合ったレッスンを受けられます。

残念な点

入学日、クラス替えが1ヶ月に一回なので、1ヶ月間は固定されてしまいます。
日本人27%、韓国人25%とのことで、アジア系が半分を占めているようです。

こんな人に向いています

*徹底したEnglish Only Policyで、罰則規定も厳しいので、厳しい環境でしっかり勉強したい方にお勧めです。
*レベルが細かく別れているので、個々に合った学習ができます。
*カナディアンと話せる時間がもうけられているので、ネイティブと関わることができます。

体験談

トライアルのリストに名前を見つけられず、朝から不安でしたが、教室に入ると先生が明るく迎えてくれ、違和感なく授業に参加できました。 中級コースに参加しましたが、日本人が多いかな、と言うのが第一印象でした。授業内容は過去形の使い方、変則動詞や紛らわしい動詞の使い方でした。
授業が終わった後にもフリーのワークショップが設けられているので、英語漬けで勉強できそうだと思いました。 選択授業には接客英語のクラスや時事問題を取り上げるクラスなど、いろいろな種類があり、目的に合った勉強が出来そうでした。
ライター写真
ライター Rina

更新履歴

カナダ学校1
ZONI
自由にのびのび            
カナダ学校2
inlingua
Speakingに力を入れたい人に           
カナダ学校3
Ashton College
実践的なノウハウを学べる学校     


カナダ全国学校検索サイト

お問い合わせ