カナダ学校情報はこちらから!

カナダ学校留学割引情報| カナダ学校留学相談| カナダ学校生活| カナダ学校検索サイト | カナダジャーナル| カナダ留学体験談

集中的にのばしたいスキルがある人にオススメ!
Vancouver English Centre (VEC)

広々としたワンフロアの中にすべての教室がまとまっている学校なので、 他クラス、他レベルの生徒とのコミュニケーションが取りやすく、設備が整っていて学習環境はとても良いです。 レベル分けは15段階で細かく分けられているので自分のレベルに合わせた授業を受けることができます。 またレベルに応じて20種類以上の選択科目コースを受講することも可能ですし、ビジネスインターンシップなどの特別プログラムもあります。 日本人の割合は14~18%ほどです。 母国語禁止ルールにおいては独自のチームポイント制を取っており、生徒のモチベーションを上げる工夫を しています。ワーキングホリデー、親子留学、インターンシップ、またTOEFLやTOEIC,ILETS対策など、様々なバリエーションでの プログラムが整っている学校です。 市内観光やスポーツ観戦等アクティビティも豊富ですので、楽しみながら学ぶ事ができます。

受付の様子 大きな学校だけあって、用件別にスタッフさんがおり、体験レッスンを受ける事を伝えると、日本人スタッフさんを呼んでくれた。
体験レッスンまでの流れ 学校内を案内してもらった後、授業を受けるクラスまで案内してくれた。
授業の様子 クラスは、ブラジル人4人、サウジアラビア人2人、韓国人2人、日本人私1人だった。 生徒が先生へ積極的に質問をしていて活気があった。また個人で作業する時間はあまりなく、ペアで問題に取り組む事が多く、自然とコミュニケーションをとる機会も多かった。
授業の感想 午前中155分Grammarの授業だったが、ゲームをしたり音楽でリスニングしたり、アニメを見たりと学んだ文法を様々な方法で学習できたので、 身につくと感じた。午前・午後それぞれを1つのスキルにあてるのはめずらしいがじっくり学べて良いと感じた。
担当カウンセラーの説明 生徒数は現在350人程で、夏は650~700名になるとのこと。 この規模の学校ではめずらしくキャンパスが1つなので、キャンパスが離れたりなどせず生徒同士のコミュニケーションはとりやすいとのこと 。国籍は、ブラジル、メキシコ、コロンビアが多く日本人は今15%前後。 ワーキングホリデービザの人には、仕事探しの準備の為のプライベートレッスンが無料でついてくるワーキングホリデーサポートプログラムがオススメとのこと。 午前(文法中心)と午後(コミュケーション中心)それぞれレベル分けがされている。クラスは4週間単位で、最初の1週間であれば、選択する授業を変更する事も可能とのこと。

良い点

自分の英語レベルが対象レベル以上で人数に空きがあればどの授業も同じ料金で受講が可能。立地がダウンタウンではあるが、他の学校が集中している場所から少し離れている。

残念な点

リーディング・ライティングが午後の授業に組み込まれているので、コミュニケーションとどちらかの選択となる。 短期で総合的に英語を学ぶのは難しい(4週間単位で授業は変更可能)。

体験談

2013/11/22にVECのLower Intermediate(15レベル中6番目)のGrammarを受けてきた。
午前、午後1コマずつしかないので、1つのスキルをじっくりのばせる。1コマ155分(間に15分休憩がある)もあり、Grammarの授業だったので長く感じるかと思ったが、 リスニングを取り入れて確認したり、アニメを見たりなどオリジナルテキストならではの授業であっという間に時間が過ぎた。
建物もキレイで立地も他の語学学校が集中しているエリアから少し離れているので、個人的には気に入った。
他の学校ではビジネス英語の授業は上級レベルしか用意されていないが、この学校は中級から用意されており、ワーキングホリデービザの人は、 ワーキングホリデーサポートプログラムと共にオススメである。

ライター写真
ライター Kesuke
取材するまで体験レッスンを甘くみていたKesukeといいます。体験レッスンを受けることで、各学校の特色がビックリする程見えてきて、楽しく取材ができました。
辛口コメントは苦手なので、各学校の良い点を中心に書いてみました。どういった学校があるのか参考にしていただければ嬉しいです。

更新履歴

カナダ学校1
ZONI
自由にのびのび            
カナダ学校2
inlingua
Speakingに力を入れたい人に           
カナダ学校3
Ashton College
実践的なノウハウを学べる学校     


カナダ全国学校検索サイト

お問い合わせ