カナダ学校情報サイト

カナダ学校体験談

2014年7月10日 Vancouver International College (VIC)体験談 


本日、VICで体験レッスンを受講してきました。
私の受講したクラスは、大学進学クラスでかなりの少人数。 4人プラス、トライアル生が私を含めて2人の計6人でした。 座席は、生徒3対3の対面式。すぐにディスカッションができる体制です。 授業で使用するユニットのプリントが丸々渡され、すぐにクラスの一員として 扱ってもらえました。宿題も必ずあり、毎週末には小テストもあります。

レッスン最後には、レッスンの内容をふまえた10分から15分のプレゼンが課されました。 そのため、レッスンで学んだ語彙、表現を確実に、実践に活かすことができます。 かなりハードな内容ですが、確実に力がつくと思いました。

その後、Shigeoさんから学校のカリキュラムの詳細が説明されました。 留学したからには、ただ学校を修了しただけではだめなこと、きちんと資格を取得する、 スコアを出す、ビジネスで使える英語力を身につけるなど目に見える形で、 結果を出すことの大切さを教えてもらいました。

そのための目標設定、受講の仕方など、個々の英語力に従ってアドバイスもいただけます。 まさに、日本の学習塾のような感じ。発音矯正などの各種人気プログラムは、なんとShigeoさん 自らの体験に基づいて編み出されたものだそうです!

チェックポイント!

受付の様子
受付の人数が少ない、もしくはいないことも。スタッフの所在がばらばらしている印象。

体験レッスンまでの流れ
始めに日本人スタッフから簡単な面接。志望の動機などを聞かれる。少し緊張。ここでレベルチェックが行われる。そしてレベルにあった教室へ。

授業の様子
ベテランの先生。少人数でよい。上級クラスは国籍バランスもよい。他のクラスは、アジア人、日本人が多い。プリント教材使用。先生独自のプラスアルファ教材あり。

授業の感想
緊張感もとくに感じることもなく、自然に授業に入れた。トライアル生にもちゃんとユニット全ページの教材を配布してくれる点がよい。お客さんにならず、ちゃんとクラスの一員として扱ってくれる。 まんべんなく指名するので、話す機会も多い。ひとつひとつの新出単語、表現などを説明させ、例文を出させる点がよい。

担当カウンセラーの説明
日本人スタッフ2人体制。当校設立からかかわったShigeoさん自ら学校の制度、教授方針について熱く説明してくれた。帰国後に役立つ英語力を身につけるためのレッスンの取り方、目標の設定の大切さなどを入学時に確認するとのこと。とくにただ流暢に話せればよいという域を越えて、発音、表現とも正確に表現力豊かに話せるようになるためのレッスンを提供している。

気に入った点

  • ダウンダウンの中心部、ウォーターフロント駅、グランビル駅、各バス停から数分内。
  • コーヒー、紅茶が無料で飲める。PC、コピー使用、アクティビティ参加等、卒業後も自由に利用可。
  • 1週間からの受講可、1週間単位の講座変更可、休学可、1科目から選択できる。
  • 仕事探し、生活に役立つセミナーを月1で無料で実施。卒業後も参加できる。
  • 選択授業に、発音矯正、正確に話せるようになるためのスピーキングクリニック、表現力をアップするためのコミュニケーションアート、文章表現力に磨きをかけるプロフェッショナルスピーキング&ライティングコースがある。
  • ひとクラス最大12人までの少人数制。ひとりひとりきめ細かな対応をするための限界人数とのこと。
  • 専門学校、College、大学と提携しており、カナダで認可されている資格取得可。

ちょっと残念だった点

  • 日本人が35パーセントで多い。とくに中級クラスに多い。

VIC学校紹介ページへ

ライター Chika
もともと語学学校に興味があったので、学校潜入レポートは、私自身とても楽しく、毎回ワクワクしながら、 レッスンを受けたり、学校のスタッフさんにお話を伺っています。自分が学校を選ぶなら、 どんなところが気になるか、聞きたいかを考えながら、根掘り葉掘り、直球で聞いております!! みなさんの学校選びの際に、少しでもお役に立てればうれしいです!


お気軽にお問い合わせください

必須
必須