ビザコンサルタント

カナダ政府公認の移民コンサルタントが、留学から、ワーキングホリデー、就労、永住権取得まで、最新情報と豊かな経験に基づいて必要なビザ手続きとコンサルティングを行います。
※各種ビザは移民法に基づいた最新情報を常にアップしていますが、移民法が頻繁に変更することもあるため、サイト更新のタイミングと合わない場合もありますのでご了承下さい。
カナダ大使館
カナダ移民局

Visa

カナダへの入国には様々な種類のビザが必要になります。
カナダジャーナルではビザコンサルタントの監修のもと、それぞれのご依頼内容により適切なビザのご案内をしております。
ご希望に応じて必要なビザは異なります。ご自身にどのビザが必要か下記の表をご覧ください。

※こちらの表はあくまでも日本国籍保持者向けのご案内です。
日本国籍を持っていない場合は上記と異なる場合がありますので個別にお問い合わせください。

観光ビザ

観光目的で入国する際に必要なビザであり、仕事は出来ませんが、6ヶ月未満の就学は可能です。

就学(学生)ビザ

6ヶ月以上カナダで勉強する場合必要となります。(6ヶ月未満の場合、観光ビザでも可能)

コープビザ

指定校において、インターンシップ(有給/無給)がその修了要件の一部となっているコースを履修する学生のみが申請できるプログラムです。

Post-graduation
プログラム

規定の学校を卒業した場合(卒業見込みでも可)、通学した期間と同じ期間の就労ビザが発行されるという制度です。

ワーキングホリデー

カナダで最長12ヶ月しながら生活費をバイトで稼ぎことを本来の目的とする人を対象としています。

就労(ワーク)ビザ

外国人が働くために必要なビザ。雇用主からジョブオファーを取得し、それについてHRSDC(カナダ人材技能開発省)からの承認を得る必要があります。

Immigration

カナダは、マルチカルチャー(多国籍文化)政策の下に、世界各国からの移住者を受け入れています。移住者を受け入れる国はカナダ以外にもありますが、それぞれの移住者の文化を生かしてモザイク社会を作ることを法律で定めていることが、他の国とは大きく異なります。
*永住権は市民権ではありません。カナダの永住権を取得しても日本の国籍(市民権)を失うことにはなりません。

エクスプレス
エントリー

従来の受身的な申請処理方法を、カナダで成功するスキルを持つ人の審査を優先して進める方針に変えるためのものです。

州推薦(移民)
プログラム

プログラムを主催する州が設けた基準を満たす候補者に推薦状を発行し、候補者が永住権申請を有利に進めることができるシステムです。

ファミリークラス

18歳以上のカナダ市民またはカナダ国内に在住する移民ビザ所有者がスポンサーとなり、扶養関係にある近親家族を呼び寄せる方法です。

CONTACT
お問い合わせ

対面でのカウンセリング(東京) 希望する希望しない