VOICE

留学生体験談

2019年3月22日

C・Tさん

出身地:愛知県

【滞在期間】 約2ヶ月
【学校】   VGC
【コース】 Global English
【通学期間】 2ヶ月
【ビザ】   観光

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

▼学校
私が入学した当初、私のクラスには日本人が誰一人として居ませんでした。
最初はできるだけ「日本人とはあまり関わらないでおこう」と思っていたので喜んだのですが、
2週間ほど経過した時、ホームシックが訪れます。
一人だけ母国語が違ったので、授業以外でなかなかクラスメイトと仲良くなれなかったのです。
次の週で日本人が数人入学し、仲良くなり、皆でシアトルにも行きました。
一ヶ月が経過しようとした時、せっかく馴染んできた時でしたが
「他の授業・他のクラスメイト・他の先生と関わってみたい」と感じ、
全てのクラスをチェンジして新しい環境に身を置きました。
クラスの種類が多く自由に変更可能なところがこの学校の特徴だと思います。

▼バンクーバーでの生活全般
実は私、こちらに来るまで人生で一度も料理も洗濯も・・とにかく家事全般何もやったことが無かったのです。
私はホームステイではなく、学生寮を選んだので死活問題でした。
でも幸いなことに、ルームメイトの一人が日本人の方で、まず卵の割り方から
食材選び、全て教えてくださったのです・・!!
留学前は卵も割れなかった私ですが、現在は親子丼・オムレツ・マドレーヌにカヌレなどの洋菓子が
作れるようになりました!
自立する力が今回の留学で確実に養われたと思います。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

学校決めから、何やら何まできめ細やかなサポートで、本当に感謝しています。
また、月ごとにイベントも開いていて、勿論わたしも参加させていただきました。
寮のバレンタインパーティーにてAmazonのギフトカード(しかもカナダでしか使えないもの)がゲームの景品として
当たってしまい、"届け先をどこにすれば良いのか"で困ったのですが、
カナダジャーナルさんが事務所で受け取ってくださることを耳にし、本当に助かりました!
ありがとうございました!

2019年3月12日

M・Kさん

出身地:岐阜県

【滞在期間】 約4ヶ月
【学校】   Van West
【通学期間】 3ヶ月
【ビザ】   ワーキングホリデー

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

▼学校
少人数制で熱意のある先生が会話やリスニング、読み書きまで総合的に学べました。
クラスによりますが、自分のクラスでは日本人がゼロで、ブラジルやメキシコ、台湾や韓国から来た
留学生と異なる文化や生活について学べました。
毎日夕方には観光や交流など色んな活動もあるので、楽しく学べました。

▼バンクーバーでの生活全般
冬の季節だったので、天候は雨模様が多かったですが、毎週ダウンタウンで色々なイベントがあって
よくクラスメイトと遊びに行きました。
途中からホームステからルームシェアに変更しましたが、色んなことを教えてもらい、
一人でも不安に感じることはなかったです。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

バンクーバーに来たときから、生活の基本やルームシェアの探し方、
その他様々な面で助けていただきました。
日本人スタッフの方も気さくで、親切な方ばかりなので
セミナーのときはもろちん、おすすめのレストランや観光スポット、個人的な悩みがあればぜひ頼ってみてください!

2019年3月1日

N・Sさん

出身地:千葉県

【滞在期間】 1年
【学校】   inlingua→Gastown Business College→Able
【通学期間】 6ヶ月→6ヶ月→1ヶ月
【ビザ】   学生・Co-opビザ

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

▼学校
ほとんど休みもなく、忙しかったですが、1年という限られた時間の中で
私にとっては最善の学校選びだったと思います。
特にGastown Business Collegeでの6ヶ月は
インターンシップも含め、英語力はもちろんですが、精神的にもかなり鍛えられました!

▼バンクーバーでの生活全般
学校と家の往復だけにはしたくなかったので、
空いている時間には、地元のイベントやボランティアや
カナディアン日本語を教えるボランティアをしていました。
中でも色んな国や地域の映画祭に参加できたことは
映画好きの私にとっては本当に忘れられない経験になりました。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

私はバンクーバーに来るのが楽しみで仕方なかったので、そこまで深刻なホームシック等には
悩まされませんでしたが、それでもやはり急に心細くなったり、
どうしていいか分からなくなる時が何度もありました。
そんな時に、電話などではなく直接会って
話を聞いてもらえる場所があるというのは(日本語で!!)
本当に心強かったです。
親身になっていつも相談に乗っていただき、本当にありがとうございました。

2019年2月28日

M・Kさん

出身地:岐阜県

【滞在期間】 7ヶ月
【学校】   VGC
【コース】  Global English
【通学期間】 28週間
【ビザ】   学生ビザ

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

▼学校
VGCは授業もアクティビティも充実している学校だと思いました。
私のコースは、Global Englishだったので、文法を主として行われています。
先生方も気さくで優しいので、質問もしやすかったです。

また、わからない単語があると、理解しやすい簡単な英語教えていただけるので、
英語でその単語を理解できるようになります。
レベル4くらいまでは日本人が多いですが、レベルアップしていくとクラスの日本人が1人だったりするので
英語を使用しないといけない環境になり、更に英語が向上します。
アクティビティも学校終わりに、毎火~日曜日まで開催されていて、活発な子には最適だと思います!

▼バンクーバーでの生活全般
9月雨から雨が多いと言われていましたが、晴れている日が多いと感じました。
私は語学学校に通っていたので、平日は朝から夕がkたまで授業が有り、宿題も毎日出ます。
正直慣れない英語の環境に置かれているので、疲れることもあります。
しかし、休日は観光に行ったり、友達とランチにいったりなどとても充実していることが多いです。
また、私は映画を観ることが趣味なので、バンクーバーでは日本に比べて
早く公開される作品もあるので、それが良かったです(笑)

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

カナダジャーナルは、ダウンタウン内にあるので私の学校から気軽に寄ることが出来ます。
ホームステイなどの関係で、家に荷物を宅配出来ない場合、
カナダジャーナルに送ることができるのが良かったです。

また、悩み事があり、連絡をすると、迅速に対応してもらえます。
オフィスでも相談祈ってくれたり、とてもフレンドリーだと思いました。
サポートも良かったです!
印刷したいと思った時や、パソコンを使用したいと思った時でも利用できる面もよかったです。
ありがとうございました(^o^)!

2019年2月12日

円城寺大地さん

出身地:福岡

【滞在期間】 1年8ヶ月
【学校】   ILAC Vancouver
【通学期間】 1年
【ビザ】   学生ビザ→ワーキングホリデー

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

▼学校
途中から友達が出来ても、2-3ヶ月で周りのみんな帰国してしまう事に気づいて、友達を語学学校という枠だけではなく、現地の人達と仲良くするということをしていました。
成人式はぎりぎり間に合わなかったけど、すごく楽しいカナダ生活でした。嫌なときもあったけど、楽しいときは日本では味わったことのない経験ばかりでした。色々なアジア人の人たちにも助けてもらいました。

▼生活全体
女性がすごく美人な人がたくさんいます!!
そして笑顔で話しかけえると笑顔で返事してくれます!
BIG UP Vancouver! We love this country!

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

聞いたことにすごく丁寧に答えてくれて、わからないことだらけの自分には無くてはならないものでした!
ありがとうございました!!!

2019年2月6日

森下実里さん

出身地:静岡県

【滞在期間】 約11ヶ月
【学校】   Inlingua→Gastown Business College
【コース】  Intensive、Incist
【通学期間】 16週間、24週間
【ビザ】   観光→ワーキングホリデー

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

▼学校
①Inlingua
私はここがスピーキング重視の学校ということで選びました。
一般英語の質問をしてもしっかり答えてくださり、良い環境だったと思います。
学生も多国籍でラウンジなどで話ができるのは楽しかったです。

②Gastown Business College
カレッジは語学学校とはまた違った"厳しい楽しさ"のようなものがありました。
私以外全員クラスメイトが韓国人でしたが、不安というよりは「むしろラッキー!」くらいに思っていました。
クラスメイトは差別もせず、いつもフレンドリーに話しかけてくれました。
ビジネスのプロジェクトでは、真剣に話し合い、良いものがつくれたので、とても良い経験でした。
最後のインターンでは場所や人に恵まれ、充実した6週間を送ることが出来ました。


▼生活全般
バンクーバーは「住みやすい街」と言われていますが、正にその通りでした。
多国籍なためにアジア人でも一切差別されず、料理も多様で、安全で、特に困ることはありませんでした。
バンクーバーはそんなに大きくないので、学校終わりや週末に、すぐ色んな所へ遊びに行けたり
自然が近くにあるのも魅力的でした。
私が留学中に挑戦したかったことは、学校以外に主に4つあり⇓
・多国籍な環境のシェアハウスに住む
・英語環境のアルバイトをする
・ボランティアに参加する
・一人旅をする
これら全て達成することが出来ました。

これらの経験から、何よりの収穫は、たくさんの素敵な人々との出会いでした。
異なる文化・考えの人たちと様々な話をし、一緒に笑いあえた経験は非常にかけがえのないものになりました。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

カナダジャーナルさんには、いつも迅速・丁寧な対応をしていただき、とても感謝をしております。
カウンセリングしていただいた際、私のニーズを汲んで学校を提案してくださり、
今まで留学のことでもやもやしていた気持ちが一気に晴れたようでした!

語学学校の卒業時期について相談したときも、すぐに担当の人と交渉して下さってありがたかったです。
また、カナダに着いてからも度々お世話になりました。
カナダという母国外の土地に一人できた私にとって、とても心強い存在でした。
カナダジャーナルの方々は、いつもフレンドリーで親切にして下さって、たまに、ただ話したいから行くようなこともありました。
留学中、色々とサポートしていただき、本当にありがとうございました!

2019年1月29日

三宅佑芽さん

出身地:岡山県

【滞在期間】 6ヶ月
【学校】   Eurocentres Vancouver
【コース】  Core Class
【通学期間】 8週間
【ビザ】ワーキングホリデー

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

▼学校
入学したその日に、ライティング・スピーキング・リスニング等、その時の自分の英語レベルをチェックするテストがありました。
そのテストをもとにクラス分けされるので、自分のレベルにあったクラスで授業を進めることが出来き、学びやすかったです。
英語圏での留学だったので、他国からの留学生もたくさんいて、国際色豊かな友達を沢山つくれたので、それぞれ自分の国の文化や流行など共有出来てとても楽しかったし、他国の友達と話すことで、英語の勉強にもなり、充実した留学生活を送ることが出来ました。

▼生活全般
レインクーバーと聞いていたので、毎日ずっと雨が降るのかと思っていましたが、私が留学に来たときは、そこまで雨も降っていなくて、比較的過ごしやすかったです。
バンクーバーにはカフェが多くあり、気分転換でカフェで勉強したりして、私はカフェが好きなのでよく利用していました。
またカナダで生活してみて、とても環境問題に積極的だなと感じました。
細かいゴミの分別や、買い物の復路が有料だったりと、私も日本で実践しようと思いました。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

カナダへ来てすぐにオリエンテーションがあり、カナダでの生活全般でわからない事は、その日に教えてくれるのでとても助かりました。また、その日のオリエンテーションだけでなく、部屋探しやワーキングホリデーの方に向けたセミナーが月に何度かあり、その情報はメールで知らせてくれるので、とても便利でした。
私は日本からの荷物をカナダジャーナルへ届くようにしてもらったので、荷物が届くとメールで知らせてくれて、とてもスムーズに受け取る事ができました。
わからないことがあっても、オフィスへ行くと、丁寧に教えてくださるので、不自由なくカナダでの生活をおくることが出来ました。

2019年1月23日

C.Hさん

出身地:大阪

【滞在期間】 2週間
【学校】   Global College
【コース】  Power Speaking Training
【通学期間】 2週間
【ビザ】観光

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

▼学校 
最初は授業も何を言っているか分からず、毎週金曜日に行われるプレゼンテーションもクラスが静まり返ってしまうくらい出来なくて辛いこともありましたが、少しずつ英語がわかるようになってきて、学校へ行くのが楽しくなりました。2週間という短い間だったので、まだまだ出来ない部分が多すぎる事もあり、次にこのような機会があればもっと長い期間勉強出来たらいいなと思いました。

▼生活全般
英語がすごく苦手で、ホストファミリーと何をどうやって話せばいいかわからないのが最初は困りました。家の中を説明してくれるときも何を言っているのか分からず返事をしていたので、ホストファミリーとしても少し困っているようでした。それでも優しく接してくださったので、楽しく生活することができました。電車の乗り方も最初は戸惑いましたが、3回も乗れば問題なく使えるようになりました。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

はじめての海外ということもあり、何もわからない状態ですごく不安が大きかったのですが、カナダジャーナルさんが相談にのって下さり、安心して生活を送ることができました。困った時に頼れる人・助けてくれる人がいるということは、すごく安心できることだと改めて思いました。カナダに来てから1週間経った時にメールを下さり、気にかけて下さっていることがとても嬉しかったです。これからも宜しくお願いします。

2019年1月10日

N.Hさん

出身地:大阪府

【滞在期間】 2週間
【学校】   Global College
【コース】  Power Speaking Training
【通学期間】 2週間
【ビザ】   観光

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

▼学校
最初にクラス分けテストがあるので、いきなり難しすぎる事はありませんでした。
それでも全く英語に触れてなかった人はリスニングに苦労するかと思いますが、
同じクラスの日本人が助けてくれることもあったので、安心出来ました。

ただ、日本人は日本人同士で固まってしまっているので、
その中に入るのも難しいし、中に入っても日本語なので勉強にはなりません。
全体的に同じ国の人の集団が多く感じ、
私が在籍しているときは、
放課後に外国籍の友人と出かけるのも見なかったです。

クラスでは、先生が英語で話すことを促し、私のクラスは少人数だったので日本人でも
発言しやすい環境であったと思います。

▼カナダの生活
言葉の壁や、食事、お風呂の違いなどは初めは感じましたが
こんなものだと思っていたので、すぐに慣れました。
ガスタウンは伝統的な建物やお土産屋さんがあると聞いて、
楽しみにしていたのですが、意外とホームレスがいた事と
見知らぬ男性に追いかけられたのが怖くなり、ゆっくり見ることが出来ませんでした・・。
日本の平和をつくづく感じました。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

丁寧なオリエンテーションで親切にサポートしてくださると話が聞けたため、安心して過ごしことが出来ました。
また、LINEやFacebookのメッセンジャーなどの対応も、とても丁寧にしていただき、気持ちのより所でした。
滞在中少しトラブルも有りましたが、それでもまたバンクーバーに来たいと思えたのは
カナダジャーナルのスタッフの方々がいらっしゃるからです。
ありがとうございました。

2019年1月4日

熊倉悠太さん

出身地:静岡県

【滞在期間】 10ヶ月
【学校】   ILAC Vancouver
【通学期間】 4ヶ月
【ビザ】   ワーキングホリデー

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

▼学校
学校自体がとても大きく、多国籍なので友達がたくさん作れました。
日本人の遊びの誘いは全て断っていたので後悔しています。
学校側がイベントを沢山開催しているので、いいなと思いました。
ただ、授業内容が月ごとに繰り返す部分があるので、少し飽きてしまいました。
2~3ヶ月で十分だったかもしれません。

▼カナダでの生活全般
語学学校卒業後、レストランバーで働いていますが、すごく充実していて楽しいです。
なかなかネイティブの人と上手にコミュニケーションを取れない時もありますが、
そういう経験も含めてやりがいを感じています。
バンクーバーは移民の方も多いので、いろんな文化や知識を吸収できると思います。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

ただでさえ忙しそうですが、その中でもカナダジャーナルのオフィスに来るとつまらない雑談に付き合ってくれて感謝しています。
自分たちとのコミュニケーションを大事にしてくれていると感じているので、自分自身もカナダジャーナルさんを信頼出来ているのだと思います。

PREV
NEXT
過去の体験談を見る(旧デザイン)

CONTACT
お問い合わせ

LINEでお問い合わせの場合は、送信ボタンの下をご参照ください。

LINEでお問い合わせの場合は、下のQRコードからお友だち追加後、チャットで声をかけてください。


または、『@canadajournal』(@マークも含めて)でID検索をしてお友だち追加してください。

担当者がログイン後、お応えします。