ホームステイ


カナダのホームステイならカナダジャーナルにお任せ下さい。
バンクーバー、トロント、ビクトリア、モントリオールなど 各都市のホームステイを手配します。
もちろん、空港からホームステイ先への送迎サービスもあり、現地オフィスならではのきめ細かなサービス。
また、ホームステイ先をすべて視察して面接し、満足できるファミリーだけを選んでいます。
ご案内するホームステイは、すべて個室で、勉強机をそなえ、一日3食付。
カナダでの生活を安心してスタートできます。

Advantage




何といっても安全で経済的なことがホームステイの第一の利点です。家族の一員としてケアしてくれるため万が一の時も安心。
地元の地理や生活情報も教えてもらえるので、カナダの生活に早く溶け込めます。経済面でもホームステイにかなう宿泊はありません。
海外で生活する上で、その国の家庭の中に入り生活する事は、貴重な経験になるでしょう。
我々が日本で生活しているだけでは絶対に経験できないことを短期間で沢山経験できますし、生で学ぶ生活体験は、頭で学ぶ語学とは違った角度で様々な事を教えてくれます。
また日本食をごちそうしたり日本文化を紹介したり、ホストにどこかに連れて行ってもらったり、 一緒にパーティを開いたりといったたくさんの交流の中でまさにPricelessな体験が出来るかもしれません。
もちろん、英語環境に浸かって24時間生活するのですから、日常的にネイティブと話す機会もある程度確保する事が出来ます。

Manner

ホームステイとは

ホームスティはカナダ人家庭の中で生活を共にしながら異文化交流を深めるものです。
ホストファミリーの習慣を尊重し、家族の一員としてお互いの気持ちを思いやることで、 滞在がより楽しく思い出深いものになるでしょう。

ただし、ホームステイはホテル滞在と違います。また、ホストファミリーは「召使」ではありません。

ホームステイをしている皆さんはステイ費としてお金をホストに支払っていますが、だからといって何でもわがままを言えるわけではありません。ホストにも生活があります。あなたがゲストとしてきたことで、ある程度の対応は好意でしてもらえますが、してもらえないことのほうが多いと考えておいたほうがよいかもしれません。ユースホステル等の安宿よりも安く、一泊3000円くらいで個室で3食付で生活させてもらっているということを忘れないようにしましょう。
イメージは年に一回しか会わない遠い親戚のうちに滞在しに行く感覚に近いです。自分はお客様だ、という感覚でなく、 他人の家庭のお世話になる、という感覚を持つようにしてください。ホスト側にしてみると、皆さんは全くの他人、前に会ったこともなければ、どんな性格の人なのかも知りません。そのような見ず知らずの他人を信用して受け入れ、家のカギを渡し、子供や家族といっしょに家の中に居させてくれているのです。ですから、ホームステイファミリーの側からすればその家のルールを守ってもらうのは当然のことで、自分たちの生活のペースを乱された場合はゲストに注意を促すこともあり得ます。この部分を十分ご理解いただき、その家族のルールや習慣を尊重してホストとの関係を保ってください。

ホームステイ先が提供するもの

1日3食の食事

ホストファミリーによりメニューは異なります。自分の好みを聞いてくれる家族もいますが、基本的にはその家で出される食べ物をいただくのがルールです。アレルギー等の事情は予約時にお知らせください。カナダの家庭の食事は質素な場合が多く、毎日バラエティに富んだ食事はあまり食べません。

個室

勉強机、椅子などが有り学習の出来る環境はあります。部屋によっては大きかったり小さかったり、多少掃除が行き届いていなかったり窓がない場合もあります。

日本人留学生が常時滞在していない環境

まれに過去に滞在していた日本人留学生が数泊泊まりに来たり、日本人ベビーシッターが不定期にステイ先に来ることもありますが、一週間以上にわたり、他の日本人留学生と生活を共にすることはありません。

以上の3点をカナダジャーナルでは保障します。以上の3点が提供されていた場合、ホスト側はその義務を果たしてることになり、それ以上のサービスを提供する責任はないことをご了承ください。

ステイ先によってはホストの善意で、
・ 部屋でインターネットが使える ・部屋にテレビや電話がある ・専用のバス・トイレがある
ことがあったり、ホストが
・近くの道案内をしたり ・学校までの行き方を説明したり ・週末などにどこかに連れて行ってくれる
こともあります。
しかし、これらはホームステイ先が義務として提供しなければならないものではありません。
これらのことが用意されていない、してくれないことを理由にホームステイ先の解除、変更などは出来ませんのでご了承ください。

ホストファミリーとの会話

ホストファミリーから話しかけられるのを待つだけではなく、自分から積極的に話し掛けるようにしてください。

無口でいることが、親しみがない人であるという印象をファミリーに与えてしまい、ファミリーの方も話し掛けるのを避けるようになります。

状況によりますが毎日の夕食のときに自分から話題を提供してみるのもいいかもしれません。
英語力を上達させるとてもよいチャンスです。 ホストファミリーと相性が会わない、というケースのほとんどの場合はゲストからのコミュニケーション不足です。

「今日は学校でこんな経験をした。」「授業中にこんなことがあった」など毎日のニュースを積極的にホストに話してみるようにしてみましょう。初めてホストに会ったとき、まずは自分から自己紹介をするようにしましょう。 地元のことなどを説明できるようにしておけば、話題が盛り上がる かもしれません。

その他注意事項

・外出する時は行き先と帰宅時間を伝えましょう。 門限を守れないとき、電話での連絡がないと、誘拐と間違わられ、警察に捜索願が出されます。日本領事館に連絡が行き、日本でのニュースで行方不明として報道されることもありえます。連絡をしなかったことでホストが取った対応に関して費用がかかった場合はお客様の負担となりますのでご了承ください。
・食事が不要な場合は事前にホストファミリーに伝えましょう。
・使った食器は自分で片付けましょう。片付ける方法はホストファミリーに聞きましょう。
・各家庭にはそれぞれの習慣やルールがあります。分からない時や疑問がある時には必ず質問しましょう。質問することは失礼ではありません。却って疑問を残したままにしておくとトラブルの原因になりかねません。 お渡しするホームステイルールは変わってしまっている可能性もあります。
・自分の部屋は常に整理して清潔に保つようにしましょう。
・基本的に自分の部屋とキッチンやリビングルームなどの共有スペース以外は無断で入らないようにしましょう。プライバシーを尊重し合うことも大切です。
・意見を聞かれた時や質問された時には出来るだけ明確に答えましょう。「No」という事は失礼ではありません。
・自分の部屋にあるもの以外を使用する時にはホストファミリーの承諾を得ましょう。借りたものは元の場所へ戻すようにしましょう。
・ホストファミリーの子供に物(食べ物を含む)をあげる時や、子供を連れて外出する時には必ずホストファミリーの承諾を得ましょう。
・トイレを使用した後はドアを開けておきましょう。ドアを閉めておくことは「使用中」を意味します。
・シャワーを浴びる時はシャワーカーテンを必ずバスタブの内側に入れましょう。カーテンを閉じても裾が外に出ているとバスタブの外に水がこぼれてしまいます。
・シャワーの時間は決まっていることが普通です。たくさんシャワーに入るとタンクのお湯が空になってしまい、その後しばらくお湯が出なくなってしまう事があるため、きちんとルールをまもって使いましょう。
・友人を招待する時はホストファミリーの承諾を得ましょう。無断で友人を家に宿泊させる事は厳禁です。
・ホストファミリーとの金銭貸借は絶対に避けましょう。少額で断りにくくてもきちんと断ってください。
・ホームスティ延長料支払う場合は必ずカナダジャーナルまでご連絡ください。
・カナダでは19歳を超えれば大人とみなされます。問題があった時は、一人の大人として冷静にホストファミリーと話し合って対処しましょう。
・ホストファミリーと外食する場合は自分の分は自分で払ってください。
・感謝の気持ちは必ず言葉にして伝えましょう。ホストファミリーとの生活を円滑にする為には、いつも笑顔で、そして何事も話し合う姿勢で誤解を生まないように心がけることが大切です。

Terms of service and Disclaimer

お申し込み後にキャンセルがあった場合、ホームステイご予約手配料金の返金はありません。ホームステイ費用は銀行送金手数料を除き全額を返金させていただきます。
入居後にキャンセルご希望の場合、4週間までのご滞在の場合はホームステイ費の返金はありません。
4週間以上のご滞在の場合は3週間の猶予をもってお知らせいただいた場合、ホームステイ費の残額を返金させていただきます。
ホームステイファミリーに落度があってキャンセルをご希望の場合は、弊社の責任で新規にホームステイ先をご案内いたします。ホームステイ費も追加支払いとはなりません。
弊社のお申し込みいただいた入居期間後も延長して滞在をご希望の場合は必ず弊社までご連絡ください。
ご滞在中の天災、不慮の災害、事故、疾病および盗難など、弊社の責任以外の事由に対して、弊社は責任を負いかねます。

CONTACT
お問い合わせ

対面でのカウンセリング(東京) 希望する希望しない