学校情報
英語Onlyの環境で学びたい人にオススメ!!

Kaplan International Vancouver

Recommendation

*本気モードの人向き
*多国籍の友人と勉強したい方向き(国籍のバランスが取れている)
*授業の進め方が、文法文法していなくてよい。覚えた英語をその場で使うコミュニカティブメソッドを取り入れているため自然に文法を学べる

*宿題をしたくない人には不向き
*会話のみで娯楽も楽しみたい方には不向き
*日本人スタッフがいないので、相談をのってもらうにもある程度英語力が必要
*コースの選択の仕方がわかりにくい

     

Information

学校規模 中規模
生徒数 約370名
1クラスあたりの生徒数 11-15
クラス数 15クラス
レベル数 7レベル
日本人カウンセラー有無 有り
国籍比

日本: 12-15%

ブラジル: 15%

その他:韓国、メキシコ、トルコなど

 

アクティビティ

・週6回開催

・国技のアイスホッケー観戦、キャピラノ吊り橋へのハイキング、スタンレーパークやグランビルアイランド、ガスタウンなどローカルエリアでのお散歩、スキー・スノボ小旅行、など

Summary

Kaplan International Vancouverの最大の特徴は、学生が一番勉強が効率よく勉強できるシステムが組まれている事、25校以上のカレッジ&大学と提携している為レベルシステムが厳しく定められている事、インターンシップ、ビジネス、進学をする学生が多いアカデミックな部分、そして学生へのサポートが強い事です。 Kaplan International Vancouverは国際色が豊かな学校としても知られており、各国の留学生が一定の国籍に偏らぬ様1国籍最大25%を目安にバランスを保っています。日本人の割合は1割以下と常に少なく、南米、アジア、ヨーロッパ、そして、中東など本当に様々な国からの生徒が勉強しています。母国語禁止ルールも厳しく、母国語を話していると帰宅させられるなど規律が徹 底しています。

Program

8:10 - 9:40
9:50 - 11:20
2:40 - 4:10
4:20 - 5:50
               

Feature

受付の様子

朝早かった為、スタッフさんは少なかったが、たくさんの生徒が受付前で楽しそうに会話をしていた。

体験レッスンまでの流れ

マネージャーがトライアルで来たことをちゃんと把握しており、始業前に校内をくまなく案内してくれた。その後、教室へ。

授業の様子

お互いの自己紹介から始まった。皆さんすごくフレンドリーで私を受け入れてくれる雰囲気だった。その後、ケーススタディに入ったが、みんな積極的に発言をしていて活気があった。

授業の感想

ウォーミングアップに、ゲームを取り入れ、和気あいあい、盛り上がる。そのあと、文法のテキストに入る。導入の仕方が上手。文法も身近な例をあげさせ、日常生活に即した言葉の使い方を学べるのでよい。

担当カウンセラーの説明

授業終了後、英語で校内を一通り説明してくれてから、コースの説明をしてくれた。日本語を話せるカウンセラーさんはいないが、ゆっくり話して丁寧に対応してくれる。授業を自分で選んで独自の学習プランを組むことができる。授業内容は様々で、学校の外に出て行う授業などもあるとのこと。

Good Points

厳しい環境

学校内の厳しい校則があり、英語以外のいかなる言語が聞こえた際には、すぐ罰が与えられる。また宿題が非常に多いと生徒が話していた。

国籍

何カ国かの生徒さんと話をしたが、ヨーロッパの生徒さんもたくさんいて、どのように見つけたか聞くと、やはり口コミの評判だとか。知り合いを通じて、選んでいるそう。その分、日本、韓国に偏っている雰囲気はまったくなかった。

立地

ダウンダウンの中心部、バラード駅からすぐで便利。

授業

先生がアクティブで明るくフレンドリー。アラブ系が多いからか元気で仲の良いクラスだった。授業は、ゲームを取り入れたウォームアップから始まり、その後、文法のテキストへ。文法といっても、日常生活に即した語彙表現が多く、生徒ひとりひとりから具体例をあげさせ共有させるなどして、楽しみながら自然に文法事項も身につけられるのがよい。

Improvement Points

日本人カウンセラー不在

日本人が全くいないため、相談したいときに日本語が使えない。
英会話スクールに通う初心者にはまず厳しい環境だといえる。

学費

先生も生徒も言っていたが、学費は高い。(が、払う価値はある。らしい。)

校舎

あまり綺麗とは言えない。そして、部屋が小さくてわかりにくい。

  語学学校一覧に戻る

CONTACT
お問い合わせ

LINEでお問い合わせの場合は、送信ボタンの下をご参照ください。

LINEでお問い合わせの場合は、下のQRコードからお友だち追加後、チャットで声をかけてください。
カナダ留学ならカナダジャーナルお問い合わせ用LINE@


または、『@canadajournal』(@マークも含めて)でID検索をしてお友だち追加してください。

担当者がログイン後、お応えします。

         メープルリーフ装飾 SVG
メープルリーフ装飾 SVG
メープルリーフ装飾 SVG
         メープルリーフ装飾 SVG