VOICE

留学生体験談

2019年6月13日投稿

K.Kさん

出身地:埼玉

滞在期間: 3ヶ月

学校: International House Vancouver(IH Vancouver)

通学期間: 3ヶ月

ビザ: ビジター

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

■学校を選んだ理由
雰囲気が良かったので選びました。

■授業内のスピーキング頻度 (低←1・2・3・4・⑤→高)
 授業内のライティング頻度 (低←1・2・3・4・⑤→高)
 授業内のリスニング頻度  (低←1・2・3・4・⑤→高)
 授業内のリーディング頻度 (低←1・2・3・④・5→高)
学校の雰囲気が良く、楽しく過ごすことができた。

■通学後の上達実感度 (低←①・2・3・4・5→高) 
短期間だったため、あまり上達を感じられなかった。

■先生の質 (低←1・2・3・④・5→高) 
とてもよかった。

■授業の質 (低←1・2・3・④・5→高) 
とてもよかった。

■選択科目(低←1・2・3・④・5→高)
よかった。

■クラスメイトの雰囲気(低←1・2・3・④・5→高)
よかった。

■アクティビティー(低←1・2・3・4・⑤→高)
アクティビティはかなり充実している。楽しかった。

■日本人カウンセラーの対応(低←1・2・③・4・5→高)
あまりお世話にならなかった。

■学校全体の満足度:(低←1・2・3・4・⑤→高)
先生のクオリティがとても高い感じがしました。授業もとても分かりやすいし、とにかくみんな明るい!!楽しかった!!

■バンクーバー全般の感想
バンクーバーの生活はとても肌にあっていて日本に帰りたくないと思った。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

良かったと思います。

2019年6月7日投稿

S.Mさん

出身地:長野県

滞在期間: 1ヶ月

学校: ILSC

通学期間: 1ヶ月

ビザ: ビジター

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

■授業内のスピーキング頻度 (低←1・2・3・4・⑤→高)
スピーキング、グラマー、ライティングなど、幅広くカバーされていたのが良かったです。

■通学後の上達実感度 (低←1・②・3・4・5→高) 
外国人と話す時に物怖じしなくなりました。スピーキングはあまり伸びていません。

■先生の質 (低←1・2・3・4・⑤→高)
よく教えて頂きました。 

■授業の質 (低←1・2・3・4・⑤→高) 
よく教えて頂きました。

■クラスメイトの雰囲気(低←1・2・3・④・5→高)
最初は少し慣れませんでしたが、時間が経つにつれて皆フレンドリーに接して頂きました。

■日本人カウンセラーの対応(低←1・2・3・4・⑤→高)
よくやって頂きました。

■バンクーバーでの生活全般
ホストファミリーのオタクが良くお世話をしてくれました。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

ホストファミリーが変更になった時に直ぐ対応して頂きまして、ありがとうございました。機会があったらまた、利用させて頂きたいと思います。

2019年6月6日投稿

鈴木 稜子さん

出身地:大阪府

滞在期間: 1年

学校: Oxford International / Eurocentres Vancouver

通学期間: 6ヶ月

ビザ: ワーキングホリデー

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

▼学校
慣れない土地で、たくさんの人達と意見を共有したり知り合ったりする場としては大変良かった。先生方もそれぞれ個性的な教え方で授業を進めて下さり、少なくとも私が受講してきたクラスの担当の先生方は全員良かったと思う。
反省点としては周囲の生徒や先生の時間を気にするあまり、本当に自信が疑問に思っていることを納得いくまで伺えなかったこと。そして大半のクラスは高校までに習得済みの文法や語法だったため、その分IELTSやTOEICといった資格の勉強に費やせたのではないか、という点が悔やまれる。

▼バンクーバーでの生活全般
ホストファミリーの方々は、1ヶ月間という短期間の滞在だったにも関わらず、1年間が過ぎようとしている今でもパーティーやイベントの席に誘ってくれる。大変恵まれた環境でバンクーバーを過ごせた。友人に関しても少数ではあるものの、今でも親交があることに感謝している。
個人的な問題としてはワーキングホリデーという事に囚われるあまり、本来の英語学習を怠ってしまうことが多く、実際に英語能力が以前より上達した実感が無いことに対して、本留学を支援して下さった方々に申し訳なく思う。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

私自身あまり頻繁にセミナー等へ参加させて頂くことは無かったが、空港からファミリー宅まで送って頂いたこと、個人的な相談に時間を問わず親身に応じて頂いたこと等、全て快く即対応して下さったことが大変心強かった。
自分で考えてできることは自分で達成するようにしてきましたが、そのように心強く行動できたのもカナダジャーナル様をはじめ、留学を支援して頂いた皆様のお陰だと存じております。
最後まで本当にありがとうございました。

2019年6月5日投稿

K.Iさん

出身地:神奈川

滞在期間: 2年

学校: Oxford International / Eurocentres Vancouver

通学期間: 1年

ビザ: ワーキングホリデー

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

■学校を選んだ理由
友人がイギリス校に行っていたからです。

■国籍比
日本20%、韓国20%、ラテン40%、ヨーロッパ20%

■授業内のスピーキング頻度 (低←1・2・3・4・⑤→高)
 授業内のライティング頻度 (低←1・2・3・④・5→高)
 授業内のリスニング頻度  (低←1・2・3・4・⑤→高)
 授業内のリーディング頻度 (低←1・2・3・④・5→高)
感想:先生と生徒の距離がとても近く、困ったことがあったらすぐに相談できました。ビジネス・イングリッシュからスピーキングまで幅広く学べたと思います。

■通学後の上達実感度 (低←1・2・3・4・⑤→高) 
来た当初全く話せなかったが、卒業時にはスピーキング、グラマー共に自分が思っていた以上の上達でした。

■先生の質 (低←1・2・3・④・5→高)
とにかく分かりやすい先生というよりは友達として接することができた。

■授業の質 (低←1・2・3・④・5→高) 
先生にもよるが、自分自身の弱点を一つ一つ克服できた。

■選択科目(低←1・2・3・4・⑤→高)
スピーキング、ライティングなど幅広くレベルに応じて分けられており、便利だった。

■クラスメイトの雰囲気(低←1・2・3・4・⑤→高)
上のクラスに行けば行くほど、国籍費のバランスが良くなり話すことも増える。

■アクティビティー(低←1・2・3・4・⑤→高)
毎週学校でフリーで行けるものから、クラブなど種類がかなりある。

■日本人カウンセラーの対応(低←1・2・3・④・5→高)
ほとんど相談することが無かった。

■どんな人にお勧め?
自分の実力を一から伸ばしたい人や自分自身で環境を変えられる人。

■学校全体の満足度:(低←1・2・3・4・⑤→高)
一年間語学学校に通う不安もあったが、自分にとっては毎日が新鮮でした。先生も非常にレベルが高く分かりやすかったです。アクティビティもとても充実しており、楽しかったです。

■バンクーバーでの生活全般の感想をお聞かせ下さい。
自分が日本を出る時に立てた目標を一つひとつクリアできたと思います。この2年間が人生の中で一番大きな意味を持っていたと思います。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

来た当初からとても親切に困ったらすぐに助けてくれ、とても助かっていました。ありがとうございました。

2019年6月4日投稿

S.Kさん

出身地:鹿児島

滞在期間: 5週間

学校: Vancouver International College (VIC)

通学期間: 5週間

ビザ: ワーキングホリデー

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

■授業内のスピーキング頻度 (低←1・2・3・④・5→高) 
授業によって頻度は異なるが、どの先生もスピーキングのチャンスを与えて下さる印象があった。

■通学後の上達実感度 (低←1・2・③・4・5→高)
5週間の通学だったため、大きな上達度は感じられなかったが、長期間通学をすれば上達が見込めると思う。

■先生の質 (低←1・2・3・4・⑤→高) 
全ての先生方がフレンドリーで優しく、常に、分からないことはどんどん聞いてね!というスタンスでありがたかった。

■授業の質 (低←1・2・3・4・⑤→高)
予想以上に自分が学びたい!と思っていたものに近い授業だった。

■クラスメイトの雰囲気(低←1・2・3・4・⑤→高)
明るく、熱心なクラスメイトが多く、大変刺激になった。

■日本人カウンセラーの対応(低←1・2・3・4・⑤→高)
初日から常に親身に対応して頂いたので、安心して通学することができた。

■学校全体の満足度:(低←1・2・3・4・⑤→高)
5週間という短い期間ではあったが、フレンドリーな先生方やスタッフの皆さん、明るく、熱心なクラスメイトの中で、入学前に自分が思っていた以上の授業を受けることができ、この学校を選んで良かったと思える学生生活だった。

■バンクーバーでの生活全般
4月~5月の滞在だったこともあり、気候も良く、バンクーバーのキレイな街並みや自然に感動する毎日だった。海外での生活は慣れないことも多く、大変なこともあったが、バンクーバーの人達は皆優しく、これから留学・旅行をする方にぜひオススメしたい街だった。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

オリエンテーションからその後の生活や旅行についてなど、いつも明るく丁寧に教えて頂き、本当に心強かった。ありがとうございました。

2019年6月1日投稿

M.Mさん

出身地:岡山

滞在期間: 1年3ヶ月

学校: EC Vancouver

通学期間: 7ヶ月

ビザ: 学生ビザ

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

■学校を選んだ理由
多国籍、中人数制の授業スタイルであったこと。

■国籍比
日本30%、韓国30%、ラテン20%、ヨーロッパ10~15%、アジア圏5~10%

■授業内のスピーキング頻度 (低←1・2・3・4・⑤→高)
 授業内のライティング頻度 (低←1・②・3・4・5→高)
 授業内のリスニング頻度  (低←1・②・3・4・5→高)
 授業内のリーディング頻度 (低←1・2・③・4・5→高)

感想:素敵な先生たちに恵まれ、楽しく7ヶ月過ごすことが出来ました。定期的にクラスのレベルアップテストがあったので、それに向けて勉強も頑張り、授業後はクラスメイトと遊ぶ生活を満喫しました!

■通学後の上達実感度 (低←1・2・3・④・5→高) 
明確にこれが上達したとは言いにくいですが、卒業後何かと周りの人とコミュニケーションをとりながら仕事ができたのでリスニング、スピーキングとも上達したのかな?と思っています。

■先生の質 (低←1・2・3・④・5→高) 
授業内容が合わずクラスを変更する友達もいましたが、私は良い先生に恵まれました。卒業後も連絡を取ったり、会いに行ったりしています。

■授業の質 (低←1・2・3・④・5→高) 
テキストを使う授業が週3日、スピーキングやグループトークに重点を置く授業が週2日あり、偏りなく学ぶことができました。

■選択科目(低←1・2・3・④・5→高)
ライティングやボキャブラリー、グラマーなど自由にクラスが選べ、クラス変更もできたので苦手分野に挑戦できました。

■クラスメイトの雰囲気(低←1・2・③・4・5→高)
一時期は日本人、韓国人がクラスの大半を占める時もありましたが、比較的多国籍で多くの友達ができました。

■アクティビティー(低←1・②・3・4・5→高)
放課後の自由参加のアクティビティや近隣都市へのツアーもありましたが、時間の自由をきかすために私は自分でプランを組み、あまり利用しませんでした。

■日本人カウンセラーの対応(低←1・2・③・4・5→高)
初日のオリエンテーションでしか私はお話していません。困ることもそうなかったので。

■学校全体の満足度:(低←1・2・3・4・⑤→高)
立地も良く、バケーションを申請した分も期間が延長できたり、いろいろな授業が選択できたりと私はECを選んで良かったなと思います。アジア人が多い印象もありますが、もっと比率が高い学校もあるようなので、いろいろな国出身の方とお友達になれたと思います。

■バンクーバーでの生活全般
仕事が決まるまでしんどい期間もありましたが、山あり、谷ありで、たくさんの経験ができたと思います。クリニックの医療通訳講座を受講してクリニックや薬局で見学(インターン)が行えたのも日本ではできない体験だったなと思います。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

ハプニングがある度に相談させて頂き、たくさん助けて頂きました!レジュメのチェックをして頂けたり、何か困ったことがあったら相談できる場所として大きな存在でした。
カウンセラーのMaoriさんをはじめ、いろいろな方にお世話になりました。友人にエージェントは何も助けてくれないという子もいて、そういうエージェントもあるんだなと思いながら私はカナダジャーナルで良かった~!と思っていました。ありがとうございました。

2019年5月31日投稿

M.Sさん

出身地:東京都

滞在期間: 1年間

学校: Canadian Collage of English Language

通学期間: 2ヶ月

ビザ: ワーキングホリデー

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

▼学校を選んだ理由
接客英語クラスがあったからです。

▼国籍比
日本10~20% 韓国40% ラテン40%

■授業内のスピーキング頻度 (低←1・2・3・④・5→高)
 授業内のライティング頻度 (低←1・②・3・4・5→高)
 授業内のリスニング頻度  (低←1・2・③・4・5→高)
 授業内のリーディング頻度 (低←1・2・③・4・5→高)

■通学後の上達実感度 (低←1・2・3・④・5→高)
ネイティブの講師から生の表現や英語感覚を学べたので、表現力がついたと思います。

■先生の質 (低←1・2・3・④・5→高) 
常勤の先生は皆、クラスの国籍比率を気にしながら授業を行ってくれたりと色々調整して授業を進めてくれました。

■授業の質 (低←1・2・3・④・5→高) 
テキストが分かりやすく、それに沿って授業を進めてくれていたので良かったです。

■選択科目(低←1・2・3・④・5→高)
接客英語を含め、様々なジャンルの選択授業が選べます。

■クラスメイトの雰囲気(低←1・2・3・④・5→高)
国籍費が良いので、授業中に母国語を話す生徒もおらず、活発な雰囲気でした。

■アクティビティー(低←1・2・3・4・⑤→高)
ほぼ毎日アクティビティがあり、力を入れているようでした。

■日本人カウンセラーの対応(低←1・2・3・4・⑤→高)
授業やクラスでトラブルを抱えた時に迅速に対応してくださいました。留学生活をとても温かくサポートしてくださいます。

■どんな人にお勧め?
国籍比率を気にしている人をはじめ、どの人にもおすすめです。

■学校全体の満足度:(低←1・2・3・④・5→高)
授業や学校の雰囲気など、総合してとても満足しています。
コース選択も充実しているので、ワーホリの方にも留学目的の方にもおすすめです。

■バンクーバーでの生活全般の感想をお聞かせ下さい
特にダウンタウンは過ごしやすいです。他の英語圏よりも温かい人が多いき気がするので留学生には良い環境だと思います。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

留学前からお世話になっていましたが、オフィスがダウンタウンにあることもあり、留学中はとても安心です。

2019年5月28日投稿

M.Sさん

出身地:東京都

滞在期間: 1年半

学校: SELC Vancouver

通学期間: 6ヶ月

ビザ: ワーキングホリデー

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

▼学校→仕事
個人的に最初からワーホリを使わず学校の期間は勉強に集中するという選択は正解でした。卒業してからレジュメ作り、職探しに取り掛かり、最終的に辿り着いたエキストラの仕事はとても良かったです!撮影が不定期なので掛け持ちの仕事ができなかったのが少し厳しかったですが、給与も待遇も良いですし、スタッフの人たちはネイティブばかりでガンガン話すのでかなり耳が鍛えられました。実際の仕事はADさんの支持に従って歩いたりするのみ、当然台詞があるわけでもないので本当に簡単で、待ち時間はドリンクもスナックも食べ放題なので食費も節約できました。(笑)

▼バンクーバーでの生活全般
たまたま私が過ごした冬は例年よりも暖かかったらしく、レインクーバーと言われる割には雨の日も少なかったように感じます。それでもやはり夏に比べるとできるアクティビティは少なく、友達と遊びやすいので、それを踏まえると春夏に学校に通うほうがいいのかな、と思います。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

どのスタッフさんもご丁寧かつフレンドリーでした!オフィスがダウンタウンにあるのでちょっと気になることがあったらすぐ聞きに行けましたし、スタッフさん同士で確認し合って確実な情報をくださいました。また、カナダジャーナルさんを通して留学した学生向けのサービスで郵送物の送り先として無償で利用させて頂きました。

2019年5月2日投稿

南部勇登さん

出身地:三重県

滞在期間: 約11ヶ月

学校: EC Vancouver

通学期間: 12週間

ビザ: ワーキングホリデー

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

▼学校
ただ楽しかったです。色んな国籍の、様々なバックグラウンドを持つ人たちとの出逢いが自分の毎日を豊かにしてくれました。具体的には、みんなで楽しくクラスを受けて、そのあとはビールを飲みに行って騒ぐという日々でしたが(笑) 学校の規模自体も大きく、かっちり勉強というよりも、楽しく英語を学びたいという雰囲気の人が多い風潮だったのが自分に合っていました。英語は全く話せない所からのスタートでしたが、遊ぶ中で英会話を身に付けていきました。ただ、英語のネイティブが生徒としているわけではないので、英語を使うことに慣れる・多くの友達を作る・その中で情報交換をしながらバンクーバーの生活に順応するという3点で、3ヶ月という期間が私にとっては丁度良かったように感じます。

▼バンクーバーでの生活全般
到着して1ヶ月の頃、家関係で詐欺に遭う・ホームレスになる・誘拐されかける・お金がなく、ご飯もまともに食べられないという最悪のスタートでしたが、本当に有意義な1年でした。というより、最高の1年にした自信があります(笑) みんなにかっこよく思われたいという不純な理由から、ローカルのカフェでバリスタの仕事を探しました。日本ではスターバックスでの経験だけで、英語もまだまだだったので、specialty coffeeの人気店に雇ってもらうのは大変でした。色々なお店に実際に足を運び、コーヒーを飲み、マネージャーと話し、レジュメも魅力的なものになるよう何度も改良を重ねた結果49th Parallel Coffee Roastersというお店に雇ってもらえ、8ヶ月働きました。自分の最終日に「Yutoが淹れる最後のコーヒーを飲みに来たよ!」と30人以上のお客さんが私に会うために来店してくれたことが全ての結果です。諦めずに努力した結果が形となって楽しかったこと・辛かったことを思い出すと涙が止まりませんでした。バリスタとして働く日本人はうちの店舗ではひとりだったので、英語力の向上にも繋がりました。なにより、本当に家族のような仲間に仲間にたくさん出逢えたことが一生の財産です。どんなつらいことも、乗り越えるために自分に必然的に起こることだと考えられるようになったのが、ひとつの成長です(笑)

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

到着してからのオリエンテーションや定期的に開催してくれるイベントは出会いの場であり、日本人の仲間が見つかる場です。私も留学前は、せっかくカナダに住むのに日本人のコミュニティを作る必要はないという考えでしたが、同じ境遇で頑張っている人には刺激を貰えるし、同じ日本人だからこそ分かり合えることも多いので、そこに対する考え方は変わりました。また上にも書きましたが、トラブルに巻き込まれたときにカナダジャーナルのMaoriさんがとても親切に対応してくれ、事務的な手続きもそうですが、不安な気持ちを少しでも解消して頂き、かなり助かった記憶があります。お世話になりました。

2019年4月25日投稿

S.Iさん

学校: Canadian Collage of English Language

コース: TRADE MANAGEMENT & CO-OP

通学期間: 1年

ビザ: 学生ビザ + Coop

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

▼学校
私は、カナダジャーナルさんに紹介され、Canadian CollegeのTRADE MANAGEMENT & CO-OP (CERTIFICATE) を受講しました。学校全体の雰囲気としては、様々な国からの生徒が同じ教室で同じことを学ぶことで、クラスを通じて文化や考え方の違いを学ぶことができました。授業も全て英語、学習する内容も国際貿易と、少し難しいところもありましたが、クラスメイトと助け合い無事、卒業することとCertificateを手に入れることが出来ました。
留学全体を振り返って一番思うことは、挑戦の連続だったなと思います。カナダに着いた初日から英語でのコミュニケーションや学校の授業、さらにはCO-OP先の仕事探しなど、カナダ滞在の間に多くの挑戦があったなと思います。もちろん全てが満足に行く結果ではなかったですが、カナダでの体験は今後の人生の大きな自信になると思っています。

▼バンクーバーでの生活全般
バンクーバーでの生活は、とても刺激的でした。当然ですが、日本とは全てが違っていました。言語、交通機関、食事、家、仕事と全てが日本にはないものばかりでした。ただ、世界的にも過ごしやすい都市と言われているように不便を感じることは少なかったです。むしろ、Wi-Fi の普及率や交通機関は日本より発展している部分も有りました。生活費に関しては、生活スタイルにもよると思いますが、自炊をすることで支出を減らすことや、日々のコーヒーやスナックを控えることである程度は出費を抑えることができると思います。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

カナダジャーナルさんには大変お世話になりました。学校の手配に限らず、仕事先の見つけ方や日々の生活、なによりオフィスにお邪魔する度に、いつもスタッフの方々が暖かく迎えてくれました。普段は英語な分、スタッフさんとの日本語での雑談は私にとって癒やしの場でもありました。もし、今後カナダに行く用事があれば、また是非ご挨拶にお伺いしたいと思います。

PREV
NEXT
過去の体験談を見る(旧デザイン)

CONTACT
お問い合わせ

LINEでお問い合わせの場合は、送信ボタンの下をご参照ください。

LINEでお問い合わせの場合は、下のQRコードからお友だち追加後、チャットで声をかけてください。
カナダ留学ならカナダジャーナルお問い合わせ用LINE@


または、『@canadajournal』(@マークも含めて)でID検索をしてお友だち追加してください。

担当者がログイン後、お応えします。

         メープルリーフ装飾 SVG
メープルリーフ装飾 SVG
メープルリーフ装飾 SVG
         メープルリーフ装飾 SVG