VOICE

留学生体験談

2019年7月11日投稿

北野 慶太さん

出身地:奈良

滞在期間: 11ヶ月

学校: VGC International College

コース: international TESL

通学期間: 7ヶ月

ビザ: 学生ビザ

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

■学校を選んだ理由
アットホームな雰囲気がよかったから。

■国籍比  
日本:20%、韓国:20%、ラテン:40%

■授業内のスピーキング頻度 (低←1・2・3・④・5→高)
 授業内のライティング頻度 (低←1・2・③・4・5→高)
 授業内のリスニング頻度  (低←1・2・③・4・5→高)
 授業内のリーディング頻度 (低←1・2・3・4・⑤→高)
感想:先生も生徒もとても仲良くしているので、間違いを恐れずに積極的に発言できる空気なのでとても良かった。

■通学後の上達実感度 (低←1・2・3・4・⑤→高) 
卒業後も先生と出かけたりしているので、英語力が衰えずに済んだ。

■先生の質 (低←1・2・3・4・⑤→高)
友達のような感覚でとても良かった。

■授業の質 (低←1・2・3・4・⑤→高)
生徒同士が助け合い正解に導く、良い関係にあった。

■選択科目(低←1・2・3・4・⑤→高)
自分の弱点を徹底的に追い込めた。

■クラスメイトの雰囲気(低←1・2・3・4・⑤→高)
いつも明るく、入学初日の人でも受け入れて仲良くなれる。

■アクティビティー(低←1・2・3・4・⑤→高)
アクティビティーで新しい友だちもでき、先生も参加してくれるのでネイティブの英語とも関われた。

■日本人カウンセラーの対応(低←1・2・3・4・⑤→高)
いつも気にかけてくれていて助かった。

■どんな人にお勧め?
楽しい雰囲気が好きで友達がたくさんほしい人  

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

ありがとうございました。

2019年7月10日投稿

YMさん

滞在期間: 1年間

学校: Whistler Adventure School (WAS)

コース: ロッククライミングコース

通学期間: 6ヶ月

ビザ: ワーキングホリデー

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

■学校を選んだ理由
この学校を選んだ一番の理由は、カナダでの1年間を最も充実させてくれる、また成長させてくれる学校だと感じたからです。カナダの人達が情熱を持って取り組んでいる事に触れ、それを学ぶ事によって新たな価値観や広い視野を手に入れる事が出来き、カナダの文化を知る事が出来ます。住んでいる街とクラスには日本人がいないため、英語はもちろん自分で生きていく力も身に付きます。せっかく1年間カナダで生活する事が出来るのだから、ここでしか出来ない事をここでしか出会えない人達と共有する。その中で英語はもちろん色々な経験を経て、人間としても成長するためにこの学校を選びました。また直接お会いさせてもらった校長先生の人柄も、この学校を選ぶ大きな理由になりました。

■授業の感想
最初の授業では自己紹介、スケジュールの確認、書類の提出や確認を行いました。その後は実際に山に行ってクライミングに必要な知識や技術を学びました。雨の日などは屋内でクライミングの歴史について学ぶ事もあります。
少人数のクラスで講師の方も含めて共に山に登り、クライミングをして昼食を食べ帰ってくる。まだ数回の授業ですがとても楽しく、ファミリーのような感じです。また、僕にとってはクライミングだけでなく英語の勉強にもなり、とても充実した時間を過ごさせて頂いています。

■学校満足度
100点です!

■学校の時間割について
6ヶ月間の受講期間のあるロッククライミングコースに通っています。

■インストラクターについて
インストラクターの方はとても気さくで親切です。クラスが少人数という事もあり、インストラクターの方も含め距離が近いのがとても素晴らしいです。また、クライミングの話だけでなく、様々な話もしてくれます。

■国籍比について
クラスメイトはカナダ人が2人、イギリス人1人、ブラジル人が1人と日本人の僕の計5人です。

■学校の雰囲気を一言で表すと?
アドベンチャー(今の所他のコースの生徒とは関わりが無いので、ロッククライミングコースの雰囲気という感じですが…)

■バンクーバーでの生活について
人も多く、お店も色々あるので便利でした。また世界中から旅行で訪れている人がたくさんいて、まさに人種のるつぼといった感じです。ゲストハウスに泊まれば、色んな国の人と関わる事が出来て、とても楽しかったです。

■スコーミッシュでの生活について
自然が多くて素晴らしいです。そのため、クライミング、セーリング、カイトサーフィン、ハイキングなどに情熱を注いで生活している人が多いです。お店は少ないですが、必要なものは全て揃うし不自由はありません。また日本人がいないので、英語を伸ばすのに良い環境だと思います。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

カナダジャーナルの対応について
僕はカナダジャーナルからこの学校を紹介して頂きました。カナダジャーナルへ足を運ばなければこの学校に入学する事は出来なかったと思います入学するまでの過程での手続きや仲介、アドバイスなどとても親切にして頂きました。入学後も気に掛けて頂きとても感謝しています。特に何から何までお手伝いして頂き、個人的な話も聞いて下さったマオリさんには感謝してもしきれないです。この学校を紹介して下さったマオリさんのためにも全力で学んで全力で楽しみたいです。

2019年6月28日投稿

JOさん

出身地:東京都

滞在期間: 1年

学校: EC Vancouver

コース: インテンシブコース

通学期間: 3ヶ月

ビザ: ワーキングホリデー

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

■学校を選んだ理由
インテンシブコースのクラス数が多かったため。

■国籍比  
日本:15%、韓国30%、ラテン30%、ヨーロッパ圏25%

■授業内のスピーキング頻度 (低←1・2・③・4・5→高)
 授業内のライティング頻度 (低←1・2・③・4・5→高)
 授業内のリスニング頻度  (低←1・2・3・④・5→高)
 授業内のリーディング頻度 (低←1・②・3・4・5→高)
スピーキングにフォーカスしたアディショナルコースをとりましたが、個人的に通常の授業とあまり変わらない印象を受けました。全体的にスピーキングの頻度低めかもしれません。

■通学後の上達実感度 (低←1・2・3・④・5→高) 
リスニングに関しては上達が実感できました。

■先生の質 (低←1・2・3・④・5→高) 
個人的には好きな先生が多くいましたが、癖のある先生もいました。

■授業の質 (低←1・2・3・④.・5→高) 
授業に関しては満足ですが、時間割が変則的でした。

■選択科目(低←1・②・3・4・5→高)
レベルによって開口しているクラスが異なるので受けたい科目がないこともありました。

■クラスメイトの雰囲気(低←1・2・3・④・5→高)
韓国人が多い印象ですが、みんな仲良く賑やかでした。

■アクティビティー(低←1・②・3・4・5→高)
あまりなかったように思います。

■学校全体の満足度:(低←1・2・3・④・5→高)
3ヶ月だったので楽しめました。長期通学の場合は仕事のスケジュールが組みづらく、ちょうど良かったのかなと思います。

バンクーバーでの生活全般の感想をお聞かせ下さい
ネイティブの方とお会いする機会が少なく、英語があまり使えなくても暮らして行けてしまうという印象です。
日本人コミュニティが多いので心強くもありますが。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

すごく親身になって頂き感謝しています。

2019年6月28日投稿

SIさん

出身地:群馬

滞在期間: 1ヶ月

学校: SELC Vancouver

通学期間: 1ヶ月

ビザ: ビジター

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

■学校を選んだ理由
日本で担当カウンセラーさんと相談の際に学校紹介ビデオをみせてもらい、少人数でアットホームな雰囲気に魅力を感じたから選びました。

■国籍比
日本:70%、韓国:15%、ラテン15%

■授業内のスピーキング頻度 (低←1・②・3・4・5→高)
 授業内のライティング頻度 (低←1・②・3・4・5→高)
 授業内のリスニング頻度  (低←1・2・③・4・5→高)
 授業内のリーディング頻度 (低←①・2・3・4・5→高)
感想:日本でほとんど英語の勉強をしてこなかったため、最初の1週間は全然聞き取れずに焦っていました。3週間が過ぎてようやく分かることが増えてきた実感がします。

■通学後の上達実感度 (低←1・②・3・4・5→高) 
1ヶ月というごく短期間では耳が慣れてきて終わったという感じです。

■先生の質 (低←1・2・3・④・5→高) 
どの先生も優しく教えてくれます。

■授業の質 (低←1・2・③・4・5→高) 
日本人は文法はそこそこで話せないから話す機会がもう少し欲しかったです。

■選択科目(低←1・2・3・④・5→高)
語彙力を増やすために良い授業だった。ゲームなどもあり、楽しく学べました。

■クラスメイトの雰囲気(低←1・2・3・4・⑤→高)
みんなフレンドリーでお互い助け合える感じでした。

■アクティビティー(低←1・2・3・④・5→高)
種類は豊富です。自分はあまり参加していないので詳細はわかりません。

■日本人カウンセラーの対応(低←1・2・3・4・⑤→高)
とても親切です。すごく助けられました。

■学校全体の満足度:(低←1・2・③・4・5→高)
全体的に若年層が多く明るい雰囲気です。私は8年ぶりの学生生活で最初はすごく戸惑っていました。その場に慣れるまで少し大変でした。でも分からないことをしっかり示せば、周りの人が助けてくれて終わりの頃には積極的になれました。

■バンクーバーでの生活全般の感想をお聞かせ下さい
私は自然が好きでバンクーバーを選んできたので、少し歩けばすぐ公園や海に行ける環境は自分にとっては最高でした。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

ホームステイ延長の相談や生活全般のことを気にかけてくださいました。
ありがとうございました。

2019年6月20日投稿

N.Kさん

出身地:大阪

学校: Global College

ビザ:

【滞在期間】 1ヶ月
【学校】   Global College
【コース】  Power Speaking Training
【通学期間】 1ヶ月
【ビザ】   観光

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

▼学校
この学校を決めたのは、年末年始のシーズンに休みが少ないことが決め手でした。
短期留学にとっては、学校のお休みが少なく、良かったです。
学校内では、日本人とも英語で話さないといけないルールなので、大変でしたが、
困ったことが合ったときは学校の日本人のスタッフの方にも沢山助けてもらいました。
英語が話せない・思っていることが伝わらないなど、苦労する場面はたくさんありましたが、
いろいろな国の友達が出来たり、文化を知れたりしたので楽しかったです!

▼カナダ生活
本当に色々な国籍の方がいるので、街中を歩いていても
日本人は多いなと感じました。お店なども日本人がいるので、安心な面、
全く日本語から離れて生活したい方には向いていないかも。とも思いました。
滞在期間の一ヶ月は暇になることがないくらい
観光地や有名・人気なお店がたくさんあったので、
色々なところに行けて、楽しく週末を過ごせました。
クリスマスは、ホストファミリーの家庭柄想像と少し違ったのですが、
年越しの時期とかぶっていたので、外国ならではの年越しを過ごせました!

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

バンクーバーに来てすぐ、カナダジャーナルのクリスマスピザパーティーがあり、参加しました。
私よりも先に来ている方の話とか、共感できる話など、いろいろ話せたのでこのようなイベントに参加できてよかったなと思いました。
おすすめの場所や食べ物などを訪ねたら、沢山答えてくださったので、短い期間、とても充実して過ごせました!

2019年6月13日投稿

K.Kさん

出身地:埼玉

滞在期間: 3ヶ月

学校: International House Vancouver(IH Vancouver)

通学期間: 3ヶ月

ビザ: ビジター

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

■学校を選んだ理由
雰囲気が良かったので選びました。

■授業内のスピーキング頻度 (低←1・2・3・4・⑤→高)
 授業内のライティング頻度 (低←1・2・3・4・⑤→高)
 授業内のリスニング頻度  (低←1・2・3・4・⑤→高)
 授業内のリーディング頻度 (低←1・2・3・④・5→高)
学校の雰囲気が良く、楽しく過ごすことができた。

■通学後の上達実感度 (低←①・2・3・4・5→高) 
短期間だったため、あまり上達を感じられなかった。

■先生の質 (低←1・2・3・④・5→高) 
とてもよかった。

■授業の質 (低←1・2・3・④・5→高) 
とてもよかった。

■選択科目(低←1・2・3・④・5→高)
よかった。

■クラスメイトの雰囲気(低←1・2・3・④・5→高)
よかった。

■アクティビティー(低←1・2・3・4・⑤→高)
アクティビティはかなり充実している。楽しかった。

■日本人カウンセラーの対応(低←1・2・③・4・5→高)
あまりお世話にならなかった。

■学校全体の満足度:(低←1・2・3・4・⑤→高)
先生のクオリティがとても高い感じがしました。授業もとても分かりやすいし、とにかくみんな明るい!!楽しかった!!

■バンクーバー全般の感想
バンクーバーの生活はとても肌にあっていて日本に帰りたくないと思った。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

良かったと思います。

2019年6月7日投稿

S.Mさん

出身地:長野県

滞在期間: 1ヶ月

学校: ILSC

通学期間: 1ヶ月

ビザ: ビジター

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

■授業内のスピーキング頻度 (低←1・2・3・4・⑤→高)
スピーキング、グラマー、ライティングなど、幅広くカバーされていたのが良かったです。

■通学後の上達実感度 (低←1・②・3・4・5→高) 
外国人と話す時に物怖じしなくなりました。スピーキングはあまり伸びていません。

■先生の質 (低←1・2・3・4・⑤→高)
よく教えて頂きました。 

■授業の質 (低←1・2・3・4・⑤→高) 
よく教えて頂きました。

■クラスメイトの雰囲気(低←1・2・3・④・5→高)
最初は少し慣れませんでしたが、時間が経つにつれて皆フレンドリーに接して頂きました。

■日本人カウンセラーの対応(低←1・2・3・4・⑤→高)
よくやって頂きました。

■バンクーバーでの生活全般
ホストファミリーのオタクが良くお世話をしてくれました。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

ホストファミリーが変更になった時に直ぐ対応して頂きまして、ありがとうございました。機会があったらまた、利用させて頂きたいと思います。

2019年6月6日投稿

鈴木 稜子さん

出身地:大阪府

滞在期間: 1年

学校: Oxford International / Eurocentres Vancouver

通学期間: 6ヶ月

ビザ: ワーキングホリデー

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

▼学校
慣れない土地で、たくさんの人達と意見を共有したり知り合ったりする場としては大変良かった。先生方もそれぞれ個性的な教え方で授業を進めて下さり、少なくとも私が受講してきたクラスの担当の先生方は全員良かったと思う。
反省点としては周囲の生徒や先生の時間を気にするあまり、本当に自信が疑問に思っていることを納得いくまで伺えなかったこと。そして大半のクラスは高校までに習得済みの文法や語法だったため、その分IELTSやTOEICといった資格の勉強に費やせたのではないか、という点が悔やまれる。

▼バンクーバーでの生活全般
ホストファミリーの方々は、1ヶ月間という短期間の滞在だったにも関わらず、1年間が過ぎようとしている今でもパーティーやイベントの席に誘ってくれる。大変恵まれた環境でバンクーバーを過ごせた。友人に関しても少数ではあるものの、今でも親交があることに感謝している。
個人的な問題としてはワーキングホリデーという事に囚われるあまり、本来の英語学習を怠ってしまうことが多く、実際に英語能力が以前より上達した実感が無いことに対して、本留学を支援して下さった方々に申し訳なく思う。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

私自身あまり頻繁にセミナー等へ参加させて頂くことは無かったが、空港からファミリー宅まで送って頂いたこと、個人的な相談に時間を問わず親身に応じて頂いたこと等、全て快く即対応して下さったことが大変心強かった。
自分で考えてできることは自分で達成するようにしてきましたが、そのように心強く行動できたのもカナダジャーナル様をはじめ、留学を支援して頂いた皆様のお陰だと存じております。
最後まで本当にありがとうございました。

2019年6月5日投稿

K.Iさん

出身地:神奈川

滞在期間: 2年

学校: Oxford International / Eurocentres Vancouver

通学期間: 1年

ビザ: ワーキングホリデー

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

■学校を選んだ理由
友人がイギリス校に行っていたからです。

■国籍比
日本20%、韓国20%、ラテン40%、ヨーロッパ20%

■授業内のスピーキング頻度 (低←1・2・3・4・⑤→高)
 授業内のライティング頻度 (低←1・2・3・④・5→高)
 授業内のリスニング頻度  (低←1・2・3・4・⑤→高)
 授業内のリーディング頻度 (低←1・2・3・④・5→高)
感想:先生と生徒の距離がとても近く、困ったことがあったらすぐに相談できました。ビジネス・イングリッシュからスピーキングまで幅広く学べたと思います。

■通学後の上達実感度 (低←1・2・3・4・⑤→高) 
来た当初全く話せなかったが、卒業時にはスピーキング、グラマー共に自分が思っていた以上の上達でした。

■先生の質 (低←1・2・3・④・5→高)
とにかく分かりやすい先生というよりは友達として接することができた。

■授業の質 (低←1・2・3・④・5→高) 
先生にもよるが、自分自身の弱点を一つ一つ克服できた。

■選択科目(低←1・2・3・4・⑤→高)
スピーキング、ライティングなど幅広くレベルに応じて分けられており、便利だった。

■クラスメイトの雰囲気(低←1・2・3・4・⑤→高)
上のクラスに行けば行くほど、国籍費のバランスが良くなり話すことも増える。

■アクティビティー(低←1・2・3・4・⑤→高)
毎週学校でフリーで行けるものから、クラブなど種類がかなりある。

■日本人カウンセラーの対応(低←1・2・3・④・5→高)
ほとんど相談することが無かった。

■どんな人にお勧め?
自分の実力を一から伸ばしたい人や自分自身で環境を変えられる人。

■学校全体の満足度:(低←1・2・3・4・⑤→高)
一年間語学学校に通う不安もあったが、自分にとっては毎日が新鮮でした。先生も非常にレベルが高く分かりやすかったです。アクティビティもとても充実しており、楽しかったです。

■バンクーバーでの生活全般の感想をお聞かせ下さい。
自分が日本を出る時に立てた目標を一つひとつクリアできたと思います。この2年間が人生の中で一番大きな意味を持っていたと思います。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

来た当初からとても親切に困ったらすぐに助けてくれ、とても助かっていました。ありがとうございました。

2019年6月4日投稿

S.Kさん

出身地:鹿児島

滞在期間: 5週間

学校: Vancouver International College (VIC)

通学期間: 5週間

ビザ: ワーキングホリデー

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

■授業内のスピーキング頻度 (低←1・2・3・④・5→高) 
授業によって頻度は異なるが、どの先生もスピーキングのチャンスを与えて下さる印象があった。

■通学後の上達実感度 (低←1・2・③・4・5→高)
5週間の通学だったため、大きな上達度は感じられなかったが、長期間通学をすれば上達が見込めると思う。

■先生の質 (低←1・2・3・4・⑤→高) 
全ての先生方がフレンドリーで優しく、常に、分からないことはどんどん聞いてね!というスタンスでありがたかった。

■授業の質 (低←1・2・3・4・⑤→高)
予想以上に自分が学びたい!と思っていたものに近い授業だった。

■クラスメイトの雰囲気(低←1・2・3・4・⑤→高)
明るく、熱心なクラスメイトが多く、大変刺激になった。

■日本人カウンセラーの対応(低←1・2・3・4・⑤→高)
初日から常に親身に対応して頂いたので、安心して通学することができた。

■学校全体の満足度:(低←1・2・3・4・⑤→高)
5週間という短い期間ではあったが、フレンドリーな先生方やスタッフの皆さん、明るく、熱心なクラスメイトの中で、入学前に自分が思っていた以上の授業を受けることができ、この学校を選んで良かったと思える学生生活だった。

■バンクーバーでの生活全般
4月~5月の滞在だったこともあり、気候も良く、バンクーバーのキレイな街並みや自然に感動する毎日だった。海外での生活は慣れないことも多く、大変なこともあったが、バンクーバーの人達は皆優しく、これから留学・旅行をする方にぜひオススメしたい街だった。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

オリエンテーションからその後の生活や旅行についてなど、いつも明るく丁寧に教えて頂き、本当に心強かった。ありがとうございました。

PREV
NEXT
過去の体験談を見る(旧デザイン)

CONTACT
お問い合わせ

LINEでお問い合わせの場合は、送信ボタンの下をご参照ください。

LINEでお問い合わせの場合は、下のQRコードからお友だち追加後、チャットで声をかけてください。
カナダ留学ならカナダジャーナルお問い合わせ用LINE@


または、『@canadajournal』(@マークも含めて)でID検索をしてお友だち追加してください。

担当者がログイン後、お応えします。

         メープルリーフ装飾 SVG
メープルリーフ装飾 SVG
メープルリーフ装飾 SVG
         メープルリーフ装飾 SVG