VOICE

留学生体験談

2019年10月30日投稿

RNさん

出身地:茨城県

滞在期間: 1年半

学校: EC Vancouver

コース: セミインテンシブ

通学期間: 8ヶ月

ビザ: 学生ビザ

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

■学校を選んだ理由
多国籍な環境でレベルが10段階ある学校だったため、自分に合った英語のレベルで勉強できると考えたため。
■国籍比 
日本:10%、韓国:20%、ラテン:20%%、ヨーロッパ30%、東南アジア20%
■授業内のスピーキング頻度 (低←1・2・3・4・⑤→高)
 授業内のライティング頻度 (低←1・2・3・④・5→高)
 授業内のリスニング頻度  (低←1・2・③・4・5→高)
 授業内のリーディング頻度 (低←1・2・③・4・5→高)
感想:スピーキングが中心となっていて、習ったことをアウトプットできる。
■通学後の上達実感度 (低←1・2・3・④・5→高)
まだ通学中ですが、来た頃より英語を理解出来話せるようになった。
■先生の質 (低←1・2・3・4・⑤→高)
フレンドリーな先生が多く、拙い英語でも真剣に聞いてくれる。
■授業の質 (低←1・2・3・④・5→高)
グループでディスカッションをすることが多いので、自分から積極的に話さないと参加できない。
■選択科目(低←1・2・③・4・5→高)
自分の苦手な分野を選択できるので、苦手を克服できる。
■クラスメイトの雰囲気(低←1・2・3・④・5→高)
国際色豊かなので、文化の違いなど色々な話をできて楽しい。
■学校全体の満足度:(低←1・2・3・④・5→高)
日本人の割合が少なく、違う国の人とたくさん出会えるので、英語を積極的に話せる。また、コースが多いので、自分の学びたいコースを選択できる。
■バンクーバーでの生活全般の感想をお聞かせ下さい
色々な国籍の方が居て、留学生に対して寛容だと感じた。そのため、とても過ごしやすい環境だと思いました。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

丁寧な対応で、相談にも乗ってくれ、よく利用させて頂いています。また、郵送物の一時預かりを良く利用しており、とても便利だと思いました。

2019年10月30日投稿

坂元良輔さん

出身地:大阪府

滞在期間: 6ヶ月

学校: International Language Academy of Canada (ILAC)

コース: 一般英語

通学期間: 6ヶ月

ビザ: ワーキングホリデー

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

■学校を選んだ理由
大規模な語学学校なので、世界中の人と繋がれると思ったから。
■授業内のスピーキング頻度 (低←1・2・3・④・5→高)
 授業内のライティング頻度 (低←①・2・3・4・5→高)
 授業内のリスニング頻度  (低←1・2・3・④・5→高)
 授業内のリーディング頻度 (低←1・②・3・4・5→高)
感想:クラスのレベルが上がっていけば、周りの生徒のレベルも上がるので、自然と英語が身につくと感じた。
■先生の質 (低←1・2・3・④・5→高) 
とても親切に接してくれた。とても分かりやすい。
■授業の質 (低←1・2・③・4・5→高) 
毎日授業内容の焦点が変わるので、英語力が養えた。
■クラスメイトの雰囲気(低←1・②・3・4・5→高)
日本人と韓国人の割合が高いが友達は作りやすい。
■アクティビティー(低←1・2・3・④・5→高)
アクティビティの種類はとても多い。お金に余裕があれば参加できるアクティビティも増える。
■どんな人にお勧め?
初めての海外留学を経験する人や1から英語を学びたい人。
■学校全体の満足度:(低←1・2・3・④・5→高)
学校開始時はスピーキングのテスト等が無いので、スピーキングな苦手な日本人でも学習のペースについて行きやすく、学校に馴染みやすい。
■バンクーバーでの生活全般の感想をお聞かせ下さい
オシャレなバンクーバーの街の近くには多くの自然があり、都会過ぎず、田舎すぎずで住みやすい。雰囲気もとても良いと思う。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

とても親切で相談にのってくれる。英語ばかりの日常はストレスがたまると思うので、気が向いた時に通うのもとてもいいことだと思う。

2019年10月29日投稿

WAさん

出身地:東京

滞在期間: 1年

学校: EC Vancouver

通学期間: 4ヶ月

ビザ: ワーキングホリデー

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

■学校を選んだ理由
エージェントの方と相談して良いと感じたので、決めました。
■国籍比  
日本:35%、韓国:40%、ラテン25%
■授業内のスピーキング頻度 (低←1・2・3・④・5→高)
 授業内のライティング頻度 (低←1・2・③・4・5→高)
 授業内のリスニング頻度  (低←1・2・③・4・5→高)
 授業内のリーディング頻度 (低←1・2・3・④・5→高)
感想:授業の内容は先生によって良かったり普通だったりしました。
■通学後の上達実感度 (低←1・2・③・4・5→高)
4ヶ月間で自分が思っていた程上達はしなかったです。(努力が足りなかった)
■授業の質 (低←1・2・③・4・5→高)
先生によると思います。
■クラスメイトの雰囲気(低←1・2・③・4・5→高) 
上のレベルに行く程、落ち着いた雰囲気
■日本人カウンセラーの対応(低←1・2・3・④・5→高)
クラスのコース変更する時に親切に対応して頂きました。
■どんな人にお勧め?
割と年齢層が低かった気がしたので、学生にお勧め
■学校全体の満足度:(低←1・2・3・④・5→高)
学生を卒業した後も、一緒に遊んだり、色々と相談できる友達ができたので良かったです。
■バンクーバーでの生活全般の感想をお聞かせ下さい
バンクーバーで家探しで失敗したり、仕事が辛かったり、、、大変なことも沢山あった1年でしたが、ローカルのソフトボールチームに参加して友達ができたり、色々な場所に旅行に行ったり、楽しいことも多くて充実した生活を送れたかなと思います。
■バンクーバーでの就労経験
バンクバーではカフェのアルバイトと歯科衛生士のアシスタントとして働きました。英語環境で大変なことも沢山ありましたが、留学はチャレンジの場なので、色々なことを経験できてよかったと思っています。英語環境の中で働けたことで自分の英語力に自信が付きました。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

何かあった時に相談できる場所があることで安心してワーホリ生活を送れました。レジュメをコピーさせて頂いたり、何度かお世話になりました。ありがとうございます。

2019年10月26日投稿

OMさん

出身地:大分県

滞在期間: 6ヶ月

学校: Vanwest College

コース: ワーホリプラン

通学期間: 6ヶ月

ビザ: ワーキングホリデー

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

■学校を選んだ理由
ワーホリプランがあるため学校のサポートが受けられるから。
■国籍比  
日本:40%、韓国30%、ラテン20%、その他10%
■授業内のスピーキング頻度 (低←1・2・③・4・5→高)
 授業内のライティング頻度 (低←1・2・3・4・⑤→高)
 授業内のリスニング頻度  (低←1・2・3・4・⑤→高)
 授業内のリーディング頻度 (低←1・2・3・4・⑤→高)
感想:毎週スピーキング、ライティングのテストがあり大変だったが、勉強になった。
■通学後の上達実感度 (低←1・2・3・④・5→高) 
Level3からLevel7になった。
■先生の質 (低←1・2・3・④・5→高)
皆フレンドリーで優しい先生たちばかりだった。厳しさは人による。
■授業の質 (低←1・2・3・④・5→高)
授業の進め方も先生によって異なる場合があるが基本的に楽しかった。
■選択科目(低←1・2・3・④・5→高)
選択肢がたくさんあり、変更も簡単だった。午前中の授業とは違い、明るく楽しい雰囲気だった。
■クラスメイトの雰囲気(低←1・2・3・4・⑤→高)
皆仲良く明るい
■アクティビティー(低←1・2・3・4・⑤→高)
毎日多様なアクティビティが用意されているため、友達とも仲良くなりやすい。
■日本人カウンセラーの対応(低←1・2・3・④・5→高)
話しやすい雰囲気で、生徒を気にかけてくれている。
■学校全体の満足度:(低←1・2・3・4・⑤→高)
全体的にアカデミックな授業内容で、スピーキングは自ら発言しなければあまり機会がないが、少人数なので発言しやすい雰囲気だった。
■バンクーバーでの生活全般の感想をお聞かせ下さい
日本食も食べれて過ごしやすい。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

ありがとうございました。

2019年10月5日投稿

JOさん

学校: EC Vancouver

コース: ジェネラル イングリッシュ

ビザ: ワーキングホリデー

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

■留学の目的について教えて下さい。
カナダの映画会社でアニメーター職に就くことを第一目標に、ワーキングホリデーで渡航してきました。

■語学学校入学時と卒業時の英語力の変化について教えて下さい。
入学した時は、英語はカトゥーンやアメコミが好きなので、少しは慣れていたので、それなりにできると思っていたのですが、
実際クラスメイトとの会話やショートスピーチなどで喋るとなると全く言葉が出てこなくて最初はかなり辛かったです。
それでも1ヶ月くらいたったら多少は苦しい思いもせずにいクラスメイトと話すこともできるようになったので、
英語学校の授業を通して喋ることに慣れられたのが良かったと思います。
卒業した時は簡単な会話だったらできるようになったと思います。

■現地での就職活動について質問します。どのような就職活動を行いましたか?また、就活をする中で大変だったことはありますか?
私は当初の目標の通り、アニメーター職を目指して就職活動をしました。
就職活動は主にLinkedinという就職活動向けSNSでリクルーターにコンタクトをとったり、そこから業務用メールアドレスに直接作品を送ったり、
あるいは必要に応じて企業の応募フォームにエントリーしたりしました。

大変だったのは、とにかく応募に対して圧倒的に返事が帰ってこなかったことです。
ハリウッド映画のCGスタッフとなれば当然世界中の人が応募してくるので、応募作品の実力が足りなければ門前払い。
スキルが十分でも、その圧倒的応募者数の中に埋もれて応募書類が目に止まらないことが全然あるそうです。
断りの返事をくれた中には「200通を超える応募があって見逃した」といわれたこともありました。

それでも運良く書類選考も通って2者面接までいけたのですが、当然英語の面接で英語圏の人向けに「自分を売り込む」
ためのすごく魅力的な自己アピールをしなくてはいけなかったのですが、自分を誇張することができず、
作品や実力は申し分ないのに不採用になってしまったこともあり、それはとても勿体なかったと思います。

■内定を得た企業がどのような企業でこれからどこのポジションで仕事をしていくのか教えて下さい。
短期契約ですが、有名なタイトルを手掛ける映画スタジオで、アニメ映画作品での3DCGアニメーターとして就職することになりました。
急募だったため、会社からのビザサポート無しの人のみが対象だったので、ワーキングホリデービザがあってよかったです。
画面の中のキャラクターを動かして状況や性格に最適なお芝居をつくり、その演技を通して映画の内容を観客に伝えるのが役目です。

■英語環境で仕事をする上で大変だと思うことはありますか?
研修がある会社なので、業務上ルールや独自システムの使い方などを教わっていますが、
研修担当の言っていることの半分以上が聞き取れずわからないです。(笑)
幸い日本人の先輩アーティストも多く働いているので彼らに質問したり、チュートリアルビデオや
社内資料もあるのでそれらを繰り返し目を通してなんとかなっています。
また、実制作では当然上司や同僚とのコミュニケーションが必須、重要になるので、少しずつですが、英語の勉強も再開し始めました。

■これからの目標を教えて下さい。
日本ではそれなりの実務経験があるのと、オンラインスクールを通してアニメ映画向けの自主制作をしていたおかげもあって、
アニメーションを作ることには心配がないと思っています。
今の会社でそのまま継続して働きたいので、「会社に必要な人間」と見てもらえるよう結果を出していきたいと思っています。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

ありがとうございました。

2019年9月13日投稿

ATさん

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

■学校を選んだ理由は?
East Coast Language College (ECLC)という学校を選んだ理由は3つあります。

1つ目は、行きたかったカレッジへのパスウェイコース(卒業したときにもらえるcertificateが大学入学の英語力の証明に繋がる)があったから。
2つ目は小規模な学校かつ、日本人の少ない街で英語力を伸ばしたかったから。
3つ目は電話で問い合わせをした時に、何度も確認したり英語力が拙い僕に対して、親切に対応してくれたから。でも最終的な判断は直感です(^^)

■受講したクラスについて
100〜500までレベルがある中で、UCP300(大学進学コース)とUCP400をそれぞれ、7週間、10週間受講しました。

■学校に対しての満足度
満足度120%です。
毎週テストがあり、週毎に英語力が上がっていることを実感できる環境がとても良かったです。
テストの結果で自分の弱みが分かり、改善することで徐々に英語力が伸びる。そしていつの間にか弱みが強みになって、、といういい流れのおかげで自分の英語力にとても自信が付きました。

学校では自分のなりたい姿をイメージして勉強しました。目標を持って楽しんで勉強したことで、苦もなく学習を継続できました。結果的にカレッジ進学の切符を掴むことができ大満足です。

■どういう人にお勧めの学校、クラスか
その人次第でどの色にでもなれる。自分の意思さえしっかり持ってれば、なりたい自分になれる学校だと思います。

友達はできやすく、アクティビティは毎日のようにある最高の学校です。留学生活を満喫できること間違いなしです。町自体が小さいですので、日本人は少なく、英語環境も作りやすいと思います。こちらに来られている学生は目的意識を持った方が多いですので、意識を高く持って勉強できます。

■学校の時間割について
8:45-12:00
13:00-15:30
それぞれの授業で15分の休憩があります。
お昼の時間は1時間です。

■学校の宿題の内容、量について
僕が通っていたパスウェイコースでいうと、丁度いいのかなと。あくまで僕個人の意見です。僕はめっちゃ楽しんでやってたので。宿題の量はなかなかボリューミーなので友達は泣きそうでしたが笑)特にプレゼンのパワポ&資料の作成とエッセイが…

■毎週のテストについて教えて下さい。
この学校では毎週10点満点のテストがあります。それが10週間続き、最終的に合計100点満点のうち何割取れたかで、成績が決まります。テスト内容はリスニングの、リーディング、プレゼンテーション、ディスカッション、エッセイと毎週毎週、試験内容が様変わりし、週毎にどの技能を伸ばしているかが分かります。

■講師について
とても親切だなという印象です。また規模が大きくない学校なため、ほとんどの先生と知り合いになることができ、また街も小さいため、よく歩いていると先生方にお会い出来る機会があります。どこ行くの〜などとてもフレンドリーに話しかけてくれます。それでも、しっかりと距離をちゃんと自覚されてるなと感じ、というのも卒業するときに、何人かの先生はインスタやフェイスブックなど交換してくださり、その先生はヒソヒソ声で、今日から生徒じゃなくなるからオッケーだよねっておっしゃってくれて笑、それは個人的にとても印象的でしたし、嬉しかったです。

■選択科目について
午前の授業では基礎を固める授業を受けます。基本的には文法などを学びます。午後のクラスではそれぞれ、大学進学コース、アカデミックコース(英会話。多くの生徒がここです) アートコース、ビジネスコース(ブラジルやメキシコの生徒さんは30代40代で、、将来を考えて来た、という方がたくさんいて、そういう方はこのコースをとってました)、IELTS コース(通ってた友達はとてもオススメしてました!)
などのクラスがあります。毎週、金曜日に、午前のクラスのテストと午後のクラスのテストがあります!!!

■国籍比について
アジア70 %ラテンアメリカ20% その他ヨーロッパなど10 %で
アジア70%の内訳は中国43%、韓国43%、ベトナム14%といった感じです。
ラテン系の割合はブラジル、メキシコが多いです。その他にもチリやコロンビアなどからも少人数ではありますが、学生が来られます。

■学校の雰囲気を一言で!
様々な生徒さんたちのニーズに答えてくれる学校だと思います。正直オススメしたくないんです!!!だって、オススメしたら日本人がたくさん集まっちゃって環境が変わってしまうので。それでもやっぱりシェアしたい、共有したいと思ってしまうくらい語学学校も街も人も良さがたくさん詰まっています。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

大変お世話になりました。
ありがとうございました。

2019年9月12日投稿

NSさん

出身地:千葉県

滞在期間: 1ヶ月

学校: International Language Academy of Canada (ILAC)

コース: 一般英語

通学期間: 1ヶ月

ビザ: ビジター

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

■学校を選んだ理由
評価の高い学校だったから。

■国籍比  
日本20%、韓国30%、ラテン10%

■授業内のスピーキング頻度 (低←1・2・③・4・5→高)
 授業内のライティング頻度 (低←1・②・3・4・5→高)
 授業内のリスニング頻度  (低←1・2・3・4・⑤→高)
 授業内のリーディング頻度 (低←1・②・3・4・5→高)

■通学後の上達実感度 (低←1・2・3・④・5→高) 
リスニングがかなり伸びたように感じる。

■先生の質 (低←1・2・3・④・5→高) 
先生によるが、基本的に良いと思う。

■授業の質 (低←1・2・3・④・5→高) 
一般英語は良かった。Power クラスは少し満足度は低め。

■クラスメイトの雰囲気(低←1・2・3・4・⑤→高)
とても仲が良い!自分から話しかけた方が良い。

■アクティビティー(低←1・2・3・④・5→高)
安く楽しめるものが多かった。

■どんな人にお勧め?
Speaking Listeningを伸ばしたい人

■学校全体の満足度:(低←1・2・3・④・5→高)
クラスの変更ができない週があるので、苦手な先生にあたったら辛い。

■バンクーバーでの生活全般の感想をお聞かせ下さい
Victoriaがとてもきれいだった。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

とても良かった。お世話になりました。

2019年9月6日投稿

SHさん

出身地:福岡

滞在期間: 1年間

学校: Vancouver International College (VIC)

通学期間: 3ヶ月

ビザ: ワーキングホリデー

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

■学校を選んだ理由
日本で医療関係の仕事をしており、VICにはMedical Englishコースがあったため。

■国籍比  
日本50%、韓国25%、ラテン25%

■授業内のスピーキング頻度 (低←1・2・③・4・5→高)
 授業内のライティング頻度 (低←1・2・3・④・5→高)
 授業内のリスニング頻度  (低←1・2・3・④・5→高)
 授業内のリーディング頻度 (低←1・2・③・4・5→高)
感想:スピーキングはロールプレイのような内容が中心であった。

■通学後の上達実感度 (低←1・2・③・4・5→高) 
ボキャブラリーが増えた。

■先生の質 (低←1・2・3・④・5→高) 
親切で優しい先生が多い印象だった。

■クラスメイトの雰囲気(低←1・2・3・④・5→高)
国籍関係無く、皆仲が良いが、ほとんどが日本人

■日本人カウンセラーの対応(低←1・2・3・4・⑤→高)
何度もお世話になった。丁寧に対応して頂けた。

■学校全体の満足度:(低←1・2・3・④・5→高)
友達はたくさんでき、学校の雰囲気も良く楽しかった。

■バンクーバーでの生活全般の感想をお聞かせ下さい
気候が良く、自然も多いため、生活環境はすごく良く感じた。
日本人に対する現地の方達の対応も優しく、英語力が低くても生活は楽しく過ごせた。
思っていたより、アジア人比率が高く驚いた。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

何度かお世話になり、その都度丁寧に対応して頂けた。

2019年9月5日投稿

SHさん

出身地:神奈川

滞在期間: 6週間

学校: SELC Vancouver

ビザ: ビジター

  

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

■学校を選んだ理由
立地の良さとアクティビティの充実度

■国籍比
日本70%、韓国15%、ラテン15%

■授業内のスピーキング頻度 (低←1・2・3・④・5→高)
 授業内のライティング頻度 (低←1・2・③・4・5→高)
 授業内のリスニング頻度  (低←1・②・3・4・5→高)
 授業内のリーディング頻度 (低←1・2・③・4・5→高)
感想:テキストを元にスピーキング中心の授業だった。

■通学後の上達実感度 (低←1・2・3・4・⑤→高) 
スピーキング力が上がった。

■先生の質 (低←1・2・3・4・⑤→高) 
良い先生ばかりです。

■授業の質 (低←1・2・③・4・5→高) 
生徒を中心に授業が進むので、クラスメイトに左右されます。

■クラスメイトの雰囲気(低←1・2・3・4・⑤→高)
日本人が多い。誰でも気軽に質問できるような良い雰囲気。

■アクティビティー(低←1・2・3・④・5→高)
様々なアクティビティが充実している。

■学校全体の満足度:(低←1・2・3・4・⑤→高)
SELCに行ったことで沢山の素敵な友達に出会うことができ、学校外でも常に友達と楽しく過ごすことができた。

■バンクーバーでの生活全般の感想をお聞かせ下さい
ホストファミリーや学校の友達と遠出したり、観光したり、バーに行ったり毎日とても楽しく過ごすことができた。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

親切にしていただけました。

2019年8月22日投稿

TAさん

出身地:千葉県

滞在期間: 1ヶ月

学校: St. Giles International

通学期間: 1ヶ月

ビザ: ビジター

Q今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

■国籍比  
日本10%、韓国15%、ラテン55%、ポルトガル20%

■授業内のスピーキング頻度 (低←1・2・3・4・⑤→高)
 授業内のライティング頻度 (低←1・2・3・④・5→高)
 授業内のリスニング頻度  (低←1・2・3・④・5→高)
 授業内のリーディング頻度 (低←1・2・③・4・5→高)

感想:全体的にバランスが良かった。

■通学後の上達実感度 (低←1・2・3・④・5→高)
話せるようになった。

■先生の質 (低←1・2・3・4・⑤→高) 
どんな質問にも答えてくれた。

■授業の質 (低←1・2・3・4・⑤→高) 
テンポ良く勉強できた。

■クラスメイトの雰囲気(低←1・2・3・④・5→高)
気軽に話せた。

■アクティビティー(低←1・2・3・④・5→高)
無料のアクティビティが多くて参加しやすかった。

■日本人比率について
クラスに一人くらいは日本人がいると思う。
下から二つ目くらいのクラスに日本人が多い。上級クラスには日本人は殆どいない。

■どんな人にお勧め?
優しい人が多いが、若年層は少ない。

■学校全体の満足度:(低←1・2・3・4・⑤→高)

■バンクーバーでの生活全般の感想をお聞かせ下さい
今回の留学がきっかけで大学留学プログラムに参加したいと思った。

Qカナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

ホームステイが良かった。ご飯がおいしかった。ホームステイ先の人は色々とサポートが良かった。
質問があればいつでも聞けるのが良かった。

PREV
NEXT
過去の体験談を見る(旧デザイン)

CONTACT
お問い合わせ

LINEでお問い合わせの場合は、送信ボタンの下をご参照ください。

LINEでお問い合わせの場合は、下のQRコードからお友だち追加後、チャットで声をかけてください。
カナダ留学ならカナダジャーナルお問い合わせ用LINE@


または、『@canadajournal』(@マークも含めて)でID検索をしてお友だち追加してください。

担当者がログイン後、お応えします。

         メープルリーフ装飾 SVG
メープルリーフ装飾 SVG
メープルリーフ装飾 SVG
         メープルリーフ装飾 SVG