カナダ学校情報はこちらから!

カナダ学校留学割引情報| カナダ学校留学相談| カナダ学校生活| カナダ学校検索サイト | カナダジャーナル| カナダ留学体験談

英語の前に・・何故カナダに来たのか・・・そんな方はSammyとHirokiへ
SELC

SELCはオーストラリアの創立25年以上の伝統校で、バンクーバー校はバンクーバー発祥の地でありお洒落なガスタウン内にあります。 SELCお勧めポイントは日本人を含めたアジア人比率が非常に少ない点。 主にヨーロッパや南米の生徒さんが主体となる学校ですので、日本人がいない環境で とことん英語付け!を希望の生徒さんにはぴったりの学校です。 SELCオリジナルのネイティブスピーカー並みの発音になる発音矯正も大変好評です。 アットホームな環境で英語漬けな毎日を過ごすことが出来ます。 校内には楽しみながら生徒同士が交流出来るようラウンジなどもあり、天気のいい日は皆で外に出かけたりもします。 授業はスピーキング、リスニング、ライティング、リーディングと総合的にしっかりと学ぶことが出来ます。

受付の様子 小さな入口に華やかな笑顔のカウンセラーが快く案内してくれた。今日、調度その方の誕生日だったようで受付にいっぱいバースデーカードが置いてあった!アットホーム。
体験レッスンまでの流れ 簡単な説明を受けて教室へ。
授業の様子 皆、目的意識を持って取り組んでいるので、会話も自然。
授業の感想 勉強をするというよりは、別のことを学ぶ中で自然に英語を身につけるという感じ。
担当カウンセラーの説明 Hirokiさんはとてもアイディアが抱負で、学校が持っているカリキュラムというよりは生徒個人個人にあったプランを一緒に考え、 ニーズに合わせたサポートを提供しているため、目的があるかたでもないかたでもいい相談場所になると感じた。

良い点

カウンセラー Hirokiさんはとても親身に話を聞く人で、英語を勉強する理由を見つけてくれるので、今後の人生にも活かせる英語、またはビジョンが明確になる。
アクティビティ 先生やカウンセラーが地域のアクティビティを探して、提供するので、地元のカナダ人との交流も増える。
セミナー Sammiyさんが毎週水曜日に行っているセミナーでは、人生をどのように生きるかというテーマで行っているため英語だけでなく自分探しができる。
インターンシップ Hirokiさんが常にアイディアを出して、生徒さんの希望にあったインターンプログラムを作成。それにより、英語力だけではない経験ができたとフィードバックをもらっている。

残念な点

校舎 小さい。
コース ベーシックの英語コースとバリスタレッスン程度のコースのみ。 アカデミックなコースはあまり存在しない。 ※上記情報は取材当時のもの。 2014年1月現在はたくさんのコースがあります
環境 楽しい雰囲気のため、勉強に重点を置く人には、うるさいと思ってしまう可能性がある
勉強<遊び 雰囲気はとても良いが、英語を勉強する環境というよりは遊びや生活の中で英語を自然に覚える環境。

こんな人に向いています

*なぜカナダにきたのか?なぜ英語を?と自問して答えが出ない人向き
*まだ見ぬ新しい発見をしたい人向き
*英語を学ぶのではなく人生の一部に「英語」を盛り込む。というスタンスの方向き

*目的が既に決まっている人には不向き
*人に相談する必要がない人には不向き
*大学進学など勉強をメインにしたい人には不向き

体験談

今日は、体験レッスンに行ってきました。学校に入るなりレセプションには笑顔の女性とハッピーバースデーのカードが! 聞くと本日誕生日らしく、皆からのコメントなどが寄せられていた!
そしてカウンセラーのHirokiさんにお会いして今日の体験レッスンの様子を聞くと・・・ バリスタのレッスン!!びっくりしたけど、話を聞くと・・・結局ESLはどこを受けても同じ・・・ なのででは違いを!ということで、バリスタレッスンを受けました。

レッスンはとても趣きがあり、今日はラテを作ってました。でもただ作るだけではなく、何を入れるか、 どうやったら酸味が出てしまうか、ということをプリントで確認しながら実際にコーヒーを入れる。 良く考えると普通に教科書とかで学びそうなボキャブラリーの本を使いながら。 そして、レジの対応なども学ぶ。実際にこういうことが、英語を覚えるということなのかも。 と思った。よくある授業を受けて、普段使わないような会話を勉強しても学校から離れたら忘れてしまう。 こういう体験型授業で実際に学校終了後、レストランやカフェで働く際に使える英語が身に着く。 人によっては全く関係ないけど・・一般的なワーホリタイプには宜しいと思った。

そしてその後はHirokiさんとお話を・・・びっくりしたのは、実際の体験談がリアル!なんて言ったって、 卒業後はカナダのバレエ団に入りました。とか、野球のコーチをしながら、カナダの日本人が0人の街で インターンとして働いてます。とか・・・どうしてそうなったのか聞いたら、 実はこそこまでのサポートをしているという!!!しかも良心で!!!!!

普通、学校が終わったら、その後ワーホリで働きたいかたはお手伝いしますよ~なんて言って、結局は何もないし。. そもそも自分が何ができるのか、何がしたいのかわからないと思う。 Hirokiさんと本日お会いしなかったSammyさんはそんな「目標」や「夢」の部分でのサポートをしているらしい。
と言うか、みんなせっかく英語を勉強してもその後使えないと意味がないよね。 という観点から自然にその後のサポートまで繋がっていると言う。 実際私もだけどカナダにきたけど、滞在中に何がしたいか、何ができるか、どうなりたいか。 って考えると難しい。。。 人生相談!というか話すことで結構面白い、新しい発見があると思う!

Hirokiさんは僕みたいなタイプは好き嫌いはあるので~とおっしゃってましたが、 私はおもしろいなー!と思った。せっかく使った英語をどう生かすか!どう生きていくか! ということに重点を置いているため、これからもどんどん新しいサポート方法を考えているらしい! 小耳にはさんだのは、「一人旅!」のミッションを作って、一人でどこか違う街へ行くらしい! 多分、自分で考えてなかった何かが芽生えるかも!そんな気持ちになった! そんな語学学校というよりは人生相談学校に英語教育をつけました。
って言う感じの学校。
ライター写真
ライター Yuka
カナダ、バンクーバー在住です。こちらに来てまだ2週間、右も左も分かりませんが、 いろいろな学校を見てきた感想を辛口視点で評価しました。10校以上の学校を見てきたので だいぶ学校を見る目が変わりました。

更新履歴

カナダ学校1
ZONI
自由にのびのび            
カナダ学校2
inlingua
Speakingに力を入れたい人に           
カナダ学校3
Ashton College
実践的なノウハウを学べる学校     


カナダ全国学校検索サイト

お問い合わせ