【VGC】大学進学のためにアカデミック英語を強化

名前: R.I
学校名: VGC International College
プログラム: 一般英語
期間: 4か月

留学先としてカナダを選んだ理由

他の国と比べると、永住権が簡単ではありませんが比較的取得しやすいからです。

移民の国であるだけに、人種差別が少ないことと、みんな留学生に慣れていて優しい(特にバンクーバー)ということ。

日本のように銃規制があるので、アメリカのような銃犯罪が少ないことも理由です。

VGCを選んだ理由

私は大学進学のためにIELTSスコア6.5取得する必要があります。

もともとIELTS専門校であり、アカデミック英語に強いVGC を選びました。

通学時の国籍比

  • 日本:50%
  • 韓国:10%
  • ラテン:40%

VGCの満足度について

総合満足度 5 ★★★★★

  • スピーキング頻度 3 ★★★
  • ライティング頻度 3 ★★★☆☆
  • リスニング頻度 3 ★★★
  • リーディング頻度 2 ★★☆☆

 

日本人の割合は多く国籍に偏りはありますが、コロナの関係もあるのでこの点に関してはどの学校も一緒で、今は致し方ないかと思います。

その他の点では不満はなく私に合っていると思います。良い先生が多く、またレベルアップのシステムもしっかりしています。

クラスももし自分に合わない変えたいと思ったら相談することで変更も可能です。

またコロナ対策もしっかりされていて毎日投稿時に検温や消毒も徹底されていると思います。

安心して学べる環境が整っています。

自分の英語が伸びるか伸びないかは学校のせいではなく、自分の努力次第なので、日本にはないこの環境でどれだけ積極的に英語に励むかが重要だと思います。

私は特にスピーキングに力を入れたいですが、授業中スピーキングの頻度が特別多いわけではありません。

積極的に質問したり、先生の雑談や問いかけに積極的に答えたりすることで、自分のスピーキング頻度をあげられると思います。

通学後の上達について

上達実感度 4 ★★★★

約4ヶ月いるので初めの頃に比べると聞き取れ、伝えられるようになってきた実感はありますが、個人的にはまだまだです。

講師の感想

満足度 5 ★★★★★

先生たちはすごくフレンドリーで、生徒個人個人をしっかり把握しているように思います。

生徒の中にはあまり自分から発言しない子もいますが、「Don’t be shy」とあえて発言させる機会を平等に与えてくれます。不満はないです。

授業の感想

満足度 5 ★★★★★

コースブックを先生が読むだけではなく、プリントでグラマーの練習をするので頭に入りやすいです。

また雑談やスピーキングの時間も設けられるので話す練習をする時間もあります。

選択科目の感想

満足度 5 ★★★★★

自分が力を入れたい科目に集中することができます。

私がお気に入りのクラス「Afternoon plus class」では問題を解くだけではなく、よく先生とまったく授業に関係ない雑談をします(笑)。

日常生活で感じたカルチャーショックであったり、バンクーバーあるあるなど他愛もない話をしているときが、一番私が力を入れたいスピーキングの練習になっている感じがして楽しいです!

クラスメイトの雰囲気

満足度 5 ★★★★★

私はクラスが3回変わっていますが、上のクラスに行けば行くほどクラスメイトのレベルも上がり発言する人も多くなる感じがします。

生徒の中には毎日真面目に登校している生徒と、休みや遅刻が多い生徒もチラホラいます。

でもそれで士気が下がったりとかはないです。自分次第ですね。

アクティビティの感想

満足度4 ★★★★

初めの頃は友達作りのためによく「Conversation Pub」という、お酒を飲みながら英語で会話を楽しむアクティビティに参加していました。

出費がかさむので、ある程度他国籍の友達ができたあとは、プライベートで友達と遊びに行くようになり、あまりアクティビティは参加しなくなりました。

日本人カウンセラーについて

満足度 5 ★★★★★

入学日の放課後に、日本人だけによるオリエンテーションが日本語で行われ、学校の説明を受けます。

カナダに到着したばかりで何もわからない方が多いので、学校のこと以外にも、今後のシェアハウスの探し方や日本と違う常識、ホームレスにお金はあげるな、など教えていただきます。

また学校の延長手続きなど英語では難しいことは日本語でやり取りできます。

VGCをおすすめできる方

アカデミック英語をしっかり学びたい方や、IELTSコースやカナダの大学やカレッジ進学に繋げたい方。

アクティビティやイベントもしっかりあるので、勉強だけではなく友達をたくさんつくって楽しみたいという方にもおすすめです。

留学中での一番の出来事を教えてください

特に一番というものはないですが、日本にいた頃と違って毎日がとても充実しているように感じます。

語学学校の友達もたくさんできて、天気がいい日には遊びに行くこともあります。

また冬の間は天気が良くない日が多いですが、夏になると雨の日が少なくなり外出できる日が増えそうで楽しみです。

カナダジャーナルのサービスと対応について

初めてお問い合わせさせていただいたときから、すごく丁寧に親身に相談にのってくださりました。

私の目標への確実な道を教えてくださり、また渡航前の手続きのサポートのおかげでスムーズに計画どおり渡航することができました。

留学生活が始まってからの現地サポートが手厚く、Zoomで現状をヒアリングしてくださったり、Lineで困ったことがあればいつでも質問できるようになっているのが心強いです。

私はカナダジャーナルさんにお手伝いしていただいて本当に良かったと感じております。

これから留学を考えている方へのメッセージ

留学を決めてからはしっかり計画を練り、準備することが大切だと思います(特に資金面)。

また、英語の勉強はもちろんですが、留学先の文化の違いをしっかり調べておいたほうがいいと思います。

日本では大丈夫だけど、カナダでは非常識になることもあるので文化の違いを知らなかったゆえに自分が恥ずかしい思いをしないためにも。

私はYouTube などでカナダあるあるや、カナダと日本の文化の違いなどを調べていました。

ただそれを鵜呑みにしすぎたり、固定観念ガチガチで来るのはやめたほうがいいです。

私はカナディアンみんなが「Eh?」と言うのかと思っていましたがバンクーバーの人々はあまり使わないようです。

「That’s a stereotype!」と言われました(笑)。

CONTACT
お問い合わせ

    コンタクト方法

    LINE上で、お問い合わせ、無料相談も承っております。
    下のQRコードからお友だち追加後、チャットで声をかけてください。

    カナダ留学ならカナダジャーナルお問い合わせ用LINE@

    上ボタンをクリック、もしくは『@canadajournal』(@マークも含めて)でID検索をしてお友だち追加してください。
    担当者がログイン後、お応えします。

             メープルリーフ装飾 SVG
    メープルリーフ装飾 SVG
    メープルリーフ装飾 SVG
             メープルリーフ装飾 SVG