藤崎優春さん

出身地:石川県

滞在期間: 1年間

学校: St.George International College (SGIC)

コース: 一般英語

通学期間: 2ヶ月

ビザ: ワーキングホリデー

Q 今回の留学全体を振り返っての感想をお聞かせください。

A

■学校を選んだ理由
日本人が少ないと聞いていたため。
■国籍比  
日本:15%、韓国:15%、ラテン:20%、ブラジル50%
■授業内のスピーキング頻度 (低←1・2・3・4・⑤→高)
 授業内のライティング頻度 (低←1・2・③・4・5→高)
 授業内のリスニング頻度  (低←1・2・3・4・⑤→高)
 授業内のリーディング頻度 (低←1・2・3・④・5→高)
感想:思ったよりも日本人が多く居たため、日本語を聞く機会が多少あった。毎日のようにアクティビティがあり、国際交流する機会が多い。友達がすぐできる。
■通学後の上達実感度 (低←1・2・3・④・5→高) 
自分で表現が出来ない時でも、表現方法を豊富に教えてくれるので、沢山の場面で話せるようになった。
■先生の質 (低←1・2・3・4・⑤→高)
決して見捨てない。シャイな日本人にとってとても魅力的な先生ばかりだと思う。
■授業の質 (低←1・2・3・④・5→高)
質問していたことには私が理解するまで教えてくれる。そして分かりやすい。
■選択科目(低←1・2・3・4・⑤→高)
クラス関係なく、その日のテーマに沿って話し合うことで、友達との仲が深まる。英語力も高まる。
■クラスメイトの雰囲気(低←1・2・3・④・5→高)
30歳前後の生徒が多く、気にかけてくれたり、とても楽しい人達ばかり。しかし、授業となると真剣で良い雰囲気。
■アクティビティー(低←1・2・3・4・⑤→高) 
カナダのことをしれるし、自分だけではすることのないようなアクティビティが用意されている。積極的に参加すべきものだと思う。
■日本人カウンセラーの対応(低←1・2・③・4・5→高)
少し話に矛盾を感じることもあったが、基本的には優しくサポートしてくれる人だった。
■学校全体の満足度:(低←1・2・3・4・⑤→高)
インプットに比べアウトプットの機会が多く、自分のボキャブラリーが増えていることを実感できるような学校だった。授業以外にも良いところが沢山ある。人がとても優しく、抵抗なく道を聞くことができるし、話せば友達になることができると感じる。

Q カナダジャーナルの対応についてお聞かせください

A

飛び込みで話を聞きに行っても丁寧に対応してくれる人達ばかり。毎週セミナーを開いてくれたりと日本人にとってとても助かることばかりで安心することができる。

2019年11月2日投稿

戻る

CONTACT
お問い合わせ

LINEでお問い合わせの場合は、送信ボタンの下をご参照ください。

LINEでお問い合わせの場合は、下のQRコードからお友だち追加後、チャットで声をかけてください。
カナダ留学ならカナダジャーナルお問い合わせ用LINE@


または、『@canadajournal』(@マークも含めて)でID検索をしてお友だち追加してください。

担当者がログイン後、お応えします。

         メープルリーフ装飾 SVG
メープルリーフ装飾 SVG
メープルリーフ装飾 SVG
         メープルリーフ装飾 SVG
1