【ILAC】自分のペースで成長につなげる留学生活

名前: KS
学校名: ILAC International College
プログラム: Service Excellence for Business
入学時期: 2021年11月
期間: 1年

カナダジャーナルのサービスについて

契約前から丁寧に対応していただき、御社にお願いするきっかけになりました。

担当カウンセラーさんにはたびたび質問の連絡をしますが、いつも親身になって聞いてくださり丁寧に回答してくださるので、大変感謝しています。

SNSの投稿も良い情報ばかりでためになっています。

ホームステイ先もとても良かったです! 英語に慣れる良い機会でしたし、人柄もとっても良く親切でした。

ILAC International Collegeを選んだ理由

学校を選んだ理由は、生徒の出身国と年齢層の幅が広いとうかがっていたこと、キャンパスがきれいだったことです。

学校の満足度について

6週間ごとにタームが変わりクラス替えもあるので、色々な友達ができて良かったです。

キャンパスも期待通りきれいでした。

Co-opに関する専門スタッフがいたり、インターンシップ先の紹介メールなども定期的に配信されるので、サポート体制が良かったと思います。

ここがもっと良くなればいいなと感じた点

私の授業の時間帯が午後3~6時の固定だったため、アルバイトの選択肢が少なかったです。

他の学校では午前、午後、夜と選択制のところが多いようですが、ILACはコースごとに固定されています。

授業時間帯も学校が始まる1週間ほど前に知らされたので、何時に登校すべきかぎりぎりまで分からず不安でした。

また、授業時間は1日3時間のみ、講師によっては中休憩30分、5:30には切り上げる授業もありました。

クラスの雰囲気について

クラスの雰囲気は講師によって左右されると思います。

初めの頃のタームでは皆真面目に登校していましたが、慣れてくると出席する生徒が半数のみといったこともありました。

比較的、皆真面目に授業を受けており、特にヨーロッパ圏や南アメリカ圏の生徒は積極的に発言や質問をします。

先生は文化の違いを理解しているので、アジア人の積極性が少ないといったことは指摘されませんでした。

グループプレゼンの準備などでは和気あいあいとした雰囲気でした。

年齢層は18~20代前半が半数以上、30代~は10%くらいです。

日本人はかなり多く、南アメリカとフランス人がその次に多い印象でした。

講師の感想

講師によって違いがありました。

良い先生は常に授業の準備がされていて授業がスムーズですが、グループワークばかりでほとんど講義がない授業もありました。

先生方も出身国がさまざまなので、ネイティブの英語や発音を同時に学びたいと思っていた私には少し期待外れだったことが正直な感想です。

授業や課題の内容

こちらも授業によって差がありました。

良い先生は座学、グループワーク、プレゼンの割合が良く楽しかったです。

課題は週に2つ+週1かそれ以下の頻度でグループプレゼンといった感じです。

グループプレゼンなので自分の担当は2~3スライドで簡単なものでした。

Co-opやプラクティカムについて

現在日本食レストランでServerとしてインターン中ですが、ローカルのイタリアンレストランでもBusserとして掛け持ちしています。

学校のサポートはほとんど利用しませんでしたが、定期的に仕事の紹介メールが配信されます。

一か所だけメールに記載されていた職場に応募しましたが、基本的にはサポートがなくても自力で仕事を得られると思います。

クラスメイトは自国料理のレストランでServer、スーパーのCashier、ローカルカフェやスタバでバリスタなどが多いです。

これから留学を考えている方へのメッセージ

私の場合、留学を思いっきりエンジョイしたい!というよりは自分のペースで楽しみ自分の成長に繋げたい、ということをモットーにしています。

生活環境、職場環境、言語の壁、すべてが日本と違うので正直精神的負担は大きいです。

留学というとキラキラしたイメージ、絶対楽しまなきゃいけない!と考えがちですが、人それぞれ留学の在り方があって良いと思います。

たくさん苦労すると思いますが、一番は自分の心と身体を大事にすることです。

もちろん頑張れば頑張った分だけ得るものも大きいですし、成果に繋がると思いますが、周りのペースに合わせすぎず、自分に合った留学生活を送ってほしいです!

それを常に自分にも言い聞かせています(笑)。

CONTACT
お問い合わせ

    コンタクト方法

    LINE上で、お問い合わせ、無料相談も承っております。
    下のQRコードからお友だち追加後、チャットで声をかけてください。

    カナダ留学ならカナダジャーナルお問い合わせ用LINE@

    上ボタンをクリック、もしくは『@canadajournal』(@マークも含めて)でID検索をしてお友だち追加してください。
    担当者がログイン後、お応えします。

             メープルリーフ装飾 SVG
    メープルリーフ装飾 SVG
    メープルリーフ装飾 SVG
             メープルリーフ装飾 SVG