【2022年】カナダの5月の祝日、ビクトリアデー(Victoria Day)とは?

2022年5月5日

初夏の新緑が見られる5月のカナダは、1日だけビクトリアデーという祝日があります。

2022年のビクトリアデーは5月23日(月)。

カナダジャーナルのオフィスも、この日はお休みとなります。

ビクトリアデー当日は、夏の始まりを告げるような日でもあるんです。そんなカナダのビクトリアデーについて紹介していきましょう。


カナダのビクトリアデー(Victoria Day)とは?

ビクトリアデーはカナダの祝日で、イギリスのビクトリア元女王の誕生日を祝う日です。

ビクトリア元女王の誕生日は1819年5月24日。5月25日より前に一番近い月曜日が、毎年ビクトリアデーとなります。

なぜイギリスの元女王の誕生日を祝うかというと、カナダはイギリス連邦加盟国で、英連邦王国の一つだからです。

この日は連邦法定の祝日であり、ほとんどの州が祝日になります(ニューブロンズウィック州、ノバスコシア州、ニューファンドランド州を除くカナダ全州)。

ビクトリアデーには空港や軍事基地、その他の王冠所有の資産を含む、すべての連邦政府の建物で、日の出から日没まで王立国旗が掲揚されます。

また、ビクトリアデーを含めた週末は、3連休となるため「May Long Weekend(メイ・ロング・ウィークエンド)」と呼ばれることも。

非公式ではありますが、この日を境に夏が始まるとも言われています。屋外プールや夏の営業時間などが開始される日になっているんです。


カナダのビクトリアデーはどうやってお祝いする?

オンタリオ州のトロントでは、毎年各地で花火が打ち上げられます。

寒くて厳しい季節を乗り越え、待ちわびた夏の到来を告げるような打ち上げ花火は、とても心が躍りますよ。

BC州の州都ビクトリアでは、市の名前がビクトリア女王に由来していることもあり、10万人もの人が訪れる盛大なパレードが行われますよ。

公園に屋台が出たり、イベントなどあちらこちらで開催され、一年で一番盛大なお祭りとなります。普段は落ち着いた雰囲気のビクトリアも、賑やかになります。

※新型コロナウイルス感染症の感染防止計画により、イベントの開催状況は各州の規制や年度により異なる場合があります。


メイ・トゥー・フォー・ウィークエンド(May two four Weekend)

ビクトリアデーの三連休は「メイ・トゥー・フォー・ウィークエンド(May two four Weekend)」と言われることもあります。

カナダ人が24本のビールを「24(twenty four)」と言わずに「2-4(two-four)」と呼ぶことが由来です。

ビクトリアデーの週末が24日の週であるため、ビールを飲んでパーティをするというのが浸透しているようです。

そんなカナダローカルの独特な文化にちなんで、留学生のみなさんも友だちと一緒にカナダの地ビールを楽しむ週末にしても良いかもしれません。


カナダのビクトリアデーについて、今年の祝日などを紹介しました! 

これからカナダ留学を考えている方や、カナダに住み始めたばかりの方は、カナダの祝日についてぜひ覚えておいてくださいね!

カナダ留学をして英語力を身に付けたい!カナダのカレッジで英語とスキルを身に付けたい!と考えている方は、カナダジャーナルまでお気軽にお問い合わせください。

LINEまたはお問い合わせフォームから、カナダ現地のスタッフに無料相談いただけます。


ブログ一覧に戻る

CONTACT
お問い合わせ

    コンタクト方法

    LINE上で、お問い合わせ、無料相談も承っております。
    下のQRコードからお友だち追加後、チャットで声をかけてください。

    カナダ留学ならカナダジャーナルお問い合わせ用LINE@

    上ボタンをクリック、もしくは『@canadajournal』(@マークも含めて)でID検索をしてお友だち追加してください。
    担当者がログイン後、お応えします。

             メープルリーフ装飾 SVG
    メープルリーフ装飾 SVG
    メープルリーフ装飾 SVG
             メープルリーフ装飾 SVG