バンクーバー空港到着から市内までの行き方【徹底ガイド】

2019年9月4日

カナダライン車両。Marine Drive駅です。コンコース 空港やリッチモンドセンターに向かうには便利です。

バンクーバー到着後、市内(ダウンタウン)までどういけばいいの?

と不安に思っている方は多いと思います。

今回はそんな声にお応えしてバンクーバー空港から市内(ダウンタウン)までの行き方を徹底ガイドします!写真付きで案内していきますよ!

空港到着後

空港到着後木彫りの像が目印です。

バンクーバーに到着してまずは木彫りの像をチェックしましょう!

像の周りには到着を待つお迎えの人がたくさん!

像周辺にはインフォメーションデスクや両替所、さらには日本語のガイドマップが設置されています!日本語のガイドマップの中にはオススメの料理屋さんや現地携帯電話の案内を始め、様々な情報が掲載されています。初めてバンクーバーに来た人にお得な情報が満載です!取っておいて損はないですよ!

また、像周辺には両替所もあります。一般的に空港の両替所での両替はレートがあまり良くありませんので、バンクーバー市内にあるVBCEと呼ばれる非常にレートの良い両替商での両替をオススメします。

お得な両替情報についてはこちら

バンクーバーのお得な両替VBCE

ちなみにこちらの像の横にあるエスカレーターを登って2階に向かうとカフェや飲食店、お土産屋さんもありますので、空港送迎の待ち時間等のお暇を無くしたい方はそちらで過ごしてもいいですね!

木彫りの像横にインフォメーションデスクがあります。

インフォメーションデスク前には日本語の現地マップが置いてあります。

インフォメーションデスク横に両替所があります。

像をチェックしたらその後ろのエントランスから空港の外に出ましょう!ここからがあなたのバンクーバー生活の第一歩です。ウキウキワクワクの生活が始まります!

木彫りの像後ろより、空港を出ます。

真っすぐ空港を出ると写真の景色が見えてきます。歩行者優先の道路とはなっていますが、時折車が横を通るので注意しながらさらに真っすぐ進んでいきましょう!

空港を出ると横断歩道があります。

歩き続けると右手にJAPADOGと書かれたホットドッグ屋さんが見えてきます。こちらはバンクーバーでとっても人気なホットドッグ屋さんの一つです。JAPADOGはバンクーバー市内でも多く見かけますので、是非一度試してみて下さい!お手頃価格で量もあります。

日本からの長旅で小腹が空いた方はここでホットドッグを購入するのもありかも!

どんどん進みます。

するとエスカレーターが見えてきます。時間帯によっては沢山の人がエスカレーターに続いているので、ついていくだけで駅まで進めてしまうかも笑

さてこちらを上りましょう!

空港を出てしばらく歩くとエスカレーターが見えてきます。

上に向かうエスカレーターがあるので、こちらを登りましょう

頭上に注意していると

To the cityと書かれた表示が見えるので

その案内に従ってエスカレーターを上ります。

頭上を見上げると駅への案内が見えてきます。

サインに従って登っていくと駅に到着するので、こちらでチケットを購入しましょう!初めてコンパスカードを購入する場合は少し戸惑うこともあるかと思いますが、ご安心下さい、コンパスカードの購入方法についての記事もあるので以下より、コンパスカードについて確認してみて下さい。

コンパスカードの買い方はこちら

コンパスカードの買い方・使い方

※定期券の購入ではなく、片道切符を購入する場合は2ゾーンのチケットを購入しましょう!

エスカレーターを上まで登るとコンパスカードの自動販売機が見えてきます。

無事にチケットが買えたら、チケットを改札口にタップして駅のプラットフォームで電車の到着を待ちましょう!大きなお荷物をお持ちの方は一番右側の少し大きめの改札口を利用するとGOOD!

電車はWater Front行きです!電車は4分おきくらいで新しい電車が来ますので、乗り遅れても次が直ぐに来ますよ!

コンパスカードの購入が終わったら、改札口にチケットをタップしてプラットフォームに入りましょう

駅構内にはマップもあります。

車内には日本同様電光板が設置されており、行き先及び、次の到着駅を確認することが可能です。英語を聞き逃してもこちらを見れば安心ですね!

電車内には電光板があり、行き先が確認できるようになっています。

電車に乗って25分ほどしたら市内(ダウンタウン)に到着です!

ブログ一覧に戻る

CONTACT
お問い合わせ

LINEでお問い合わせの場合は、送信ボタンの下をご参照ください。

LINEでお問い合わせの場合は、下のQRコードからお友だち追加後、チャットで声をかけてください。
カナダ留学ならカナダジャーナルお問い合わせ用LINE@


または、『@canadajournal』(@マークも含めて)でID検索をしてお友だち追加してください。

担当者がログイン後、お応えします。

         メープルリーフ装飾 SVG
メープルリーフ装飾 SVG
メープルリーフ装飾 SVG
         メープルリーフ装飾 SVG