[2020年版]カナダIT産業求人トレンド

2020年10月1日
2020年カナダIT産業求人トレンド・ブログタイトル画像
2020年カナダIT産業求人トレンド・ブログタイトル画像

カナダのテクノロジー産業は活況を呈しており、その傾向は2020年も新型コロナウイルスパンデミック後も継続すると見込まれています。 その中でもITは再びカナダで最も急成長している産業に選ばれています。
トロント、モントリオール、バンクーバーなどの都市は、AI、クリーンテクノロジー、クラウドコンピューティングなど、さまざまな技術分野のリーダーとして確立されてきています。この急速な拡大により、カナダのテクノロジーセクターは、ベイエリア(別名シリコンバレー)を破り、昨年、世界で最も急速に成長しているITジョブマーケットの称号を獲得しております。

カナダのテクノロジーシーンの急速な成長により、雇用者が必要な人材を確保するのが困難になってきていますが、スキルが非常に求められているITプロフェッショナルにとっては逆に朗報です。

技術的なスキル(特に、Java、Python、さまざまなCベースの言語などの一般的な言語でコーディングする能力)と経験をお持ちの場合は、カナダの大都市の多くで雇用のチャンスを見つけるでしょう。

そこで、LinkedInで紹介されていたレポートを元にして、私の見解を含めながら、2020年のトレンドを紹介していきます。

2020年の求人動向

ビッグデータイメージ図 Freepikより
ビッグデータイメージ図

技術は王様

テック人材の育成に多額の投資をしているカナダでは、これは驚くべきことではないかもしれません。カナダでは、従来の技術職からロボットや人工知能などの最先端の仕事まで、ほぼ全分野にわたっての技術的なスキルを持った人材が活躍しています。

どこにでもあふれるデータ

データは普及しており、これから述べるリスト上にあるすべての仕事で、関わってきています。それはデータが新たな黄金的資産であり、企業がデータを利益に変えられる人材を必要としていることを示しています。特にデータサイエンスは過去5年間で爆発的な成長を遂げている分野であり、今後何年もこのリストに登場し続けることが予想されています。

ますます需要が高まるソフトウェアスキル

ロボティクス、AI、データサイエンスの出現は自動化が迫っていることを示していますが、絶対に自動化できないものもあります。

コミュニケーション、時間管理、コラボレーションなどのスキルは、どのような役割であっても非常に価値のあるものであり、この競争の激しい雇用市場においても雇用主は求めています。

業界動向

DXイメージイラスト Freepikより
DXイメージイラスト Freepikより

DX時代の到来

DXとは、デジタル・トランスフォーメンション(Digital Transformation)の略語で、『デジタルを利用した変革』、企業がデータやデジタル技術を活用し、組織やビジネスモデルを変革し続け、価値提供の方法を抜本的に変えることと言われるものです。

すべての社内業務、商用取引、交渉、会議等が、ペーパーレス、遠隔で行える用になると思ってください。あらゆる業界で’DXの浸透が、コロナウイルスパンデミックのおかげで普及が加速しています。

また、カナダの従来銀行業界はいち早くDX浸透に着手し、デジタル消費者向けの新しいツールやソリューションの開発していき、成果が現れてきています。それは、ビッグデータ開発者やロボティクス・エンジニアを採用している業界第一位の人材を採用していたからです。

この波は、他の業界にも徐々に浸透していくことでしょう。

ゲームは次のレベルへ

コンピュータゲーム会社は、この10年間で大規模なイノベーションを起こしてきました。eスポーツ、バーチャルリアリティ、モバイルゲームの導入により、企業はゲーマーのために新しい体験を創造する機会を掴み、それが止まることはないようです。業界では、次世代のゲームを構築するために、人工知能とデータの両方の人材を採用しています。

まだまだ続くオンライン学習

数十億ドル規模のEラーニング業界が離陸しつつあり、その準備のために人 員を増員しています。さらに、コロナウイルスパンデミックは、オンラインでの学習普及を加速化さえました。

LinkedInのデータによると、この業界では営業と技術の両方の 人材が採用されており、この種のソリューションに対する顧客の継続的な 需要があることが示されています。

立地動向

ロケーションフリーイメージイラスト - Freepikより
ロケーションフリーイメージイラスト – Freepikより
3d illustration of detailed virtual planet Earth. Technological digital globe world

増えつつあるリモートワーク

新型コロナウイルスパンディミックは、人々をリモートワークへの体験・普及も一気に広めていきました。

それらより以前でも、トロントは世界でも有数の活発な不動産市場であり、バンクーバーは地価がかなり上がりきってしまっている現状は、多くのプロフェッショナルにとっては、都市部に住む必要性を疑問視されてきていました。

リモートでも高品質高収入の仕事が、どこにいてもできるという選択肢は、多くのプロフェッショナルには魅力的な環境です。

逆転するカナダはブレインドレイン(脳の流出)

歴史的に、カナダでは若者の失業率が低く、高いスキルを持った労働者はそれが原因で国外に出ていくことを選んできましたが、雇用機会の増加や法律の改正により、その傾向は変わり始めています。カナダのスタートアップ企業への投資は着実に増加しており、若いプロフェッショナルにとっては魅力的な就職先が増えてきております。こういったスタートアップ企業は、新型コロナウイルスの不況でも衰えをみせません。2019年までのカナダの新しい仕事の成長と相まって、カナダの若いプロフェッショナルにとっては希望の光となる可能性があります。

非常に注目されているIT職種のトップ15

15の注目IT職種タイトルイメージ - Freepikより
15の注目IT職種タイトルイメージ – Freepikより

1. AIスペシャリスト

人工知能と機械学習はともにイノベーションの代名詞となっており、当社のデータによると、それは単なる話題性以上のものであることがわかります。この役割のための雇用は過去5年間で毎年85%増加しており、業界全体に広がっているにもかかわらず、人工知能エンジニアと機械学習エンジニアとかのようないくつかのタイトルが存在しますが、すべてが非常にAIの特定スキルのセットが求められています。

求められるスキル: 機械学習、ディープラーニング、TensorFlow、Python、PyTorch

雇用がある場所: トロント、モントリオール、バンクーバー、ケベック、オンタリオ、カルガリー

採用しているトップ業界: コンピュータソフトウェア、 情報技術とサービス、高等教育、 研究、 インターネット

2. サイト・リライアビリティ・エンジニア (SRE)

あなたが使用しているアプリが常に稼働していることを確認しているのは誰なのかと疑問に思ったことがあるならば、それ以上のことは考えないようにしてください。

SREは、開発プロセスや運用プロセスがスムーズに進行しているかどうかを確認し、万が一不具合が発生した場合には問題を修正する責任があります。さらに、求められているスキルは、さまざまなエンジニアリング業務に応用できるという利点もあります。

求められるスキル: Amazon Web Services(AWS)、DevOps、Terraform、Kubernetes、Docker製品

雇用がある場所:トロント、バンクーバー、モントリオール、オタワ、キッチナー、カルガリー

採用しているトップ業界: コンピュータソフトウェア、インターネット、情報技術とサービス、銀行・金融サービス

3. データエンジニア

データは、あらゆる企業にとって最も価値のあるリソースとなっています。
常に整理し、情報の意味を理解しておく必要があります。この役割は、2015年以降、毎年の雇用が50%以上増加しており、データの氾濫に伴い、雇用増加が止まる気配がありません。

求められるスキル: Apache Spark、Hadoop、Amazon Web Services(AWS)、Python、ビッグデータ

雇用がある場所:トロント、モントリオール、バンクーバー、オタワ、カルガリー

採用しているトップ業界: コンピュータソフトウェア, 情報技術およびサービス, インターネット, 銀行, 金融サービス

4. データサイエンティスト

データサイエンスは、あらゆる業界で大幅な成長を続けている専門分野です。LinkedInのデータによると、この成長の理由として、以前から存在する統計学者のような仕事が進化していること、日々のビジネス上の意思決定を推進する上でのデータの重要性に起因していることが、考えられます。

求められるスキル: 機械学習、データサイエンス、Python、R、Apache Spark

雇用がある場所:トロント、モントリオール、バンクーバー、カルガリー、オタワ

採用しているトップ業界:: 情報技術およびサービス, コンピュータソフトウェア, 銀行業, 金融サービス, インターネット

5. サイバーセキュリティスペシャリスト

サイバーセキュリティがどの企業にとっても最重要課題であることは周知の事実であり、サイバーセキュリティの導入により、より重要性はさらに明確になってきています。

2018年11月以降、推定1,900万人のカナダ人がデータ侵害の影響を受けており、データ侵害によるコストは過去5年間で12%上昇しており、企業と消費者に平均392万ドルのコストがかかる可能性があることから、この役割の成長と重要性は今後も続くと考えられます。

求められるスキル: サイバーセキュリティ、情報セキュリティ、セキュリティ情報・イベント管理(SIEM)、ネットワークセキュリティ、ペネトレーションテスト

雇用がある場所: トロント、モントリオール、バンクーバー、オタワ、ニューブランズウィック、カルガリー

採用しているトップ業界: 情報技術・サービス、経営コンサルティング、コンピュータ・ネットワークセキュリティ、テレコミュニケーション
バンキング

6. ビッグデータデベロッパー

デジタル化が進む今日の世界では、かつてないほどのデータの海が存在しています。問題を解決自動化、より良いサービスを提供するために、ビッグデータデベロッパーへのデータ要件の抽出、分析、解釈、および開発の依頼は増加の一方です。データサイエンティストと同様に、今後も増加する可能性が高いでしょう。

求められるスキル: Apache Spark、Hive、Hadoop、Scala、ビッグデータ

雇用がある場所: トロント、モントリオール、バンクーバー、キッチナー、ハリファックス、カルガリー

採用しているトップ業界: 銀行業、情報技術・サービス業、テレコミュニケーション、金融サービス、コンピュータソフトウェア

7. DevOpsエンジニア

DevOps (デブオプス)とは、開発チーム (Development)と運用チーム (Operations)が協力しあってシステムを開発・運用することでビジネスの価値を高めるための様々な取り組みを示す概念です。

DevOpsエンジニアの需要は増加しており、その理由を理解することは難しくありません。DevOpsの実践を活用している企業は、以下のことを行っています。
DevOpsエンジニアは、ソフトウェア開発プロセスを変革し、競合他社に比べて最大30倍の速さでコードを実装しています。DevOpsエンジニアの仕事の定義は役割ごとに異なりますが、ソフトウェアアプリケーションの開発と運用に関する専門知識と知識を持ち、開発者やDevOpsチームが次世代インフラを作りげていくことでしょう。

求められるスキル: Docker製品、Jenkins、Amazon Web Services(AWS)、Ansible、DevOps

雇用がある場所: トロント、バンクーバー、モントリオール、オタワ、キッチナー、カルガリー

採用しているトップ業界: 情報技術およびサービス, コンピュータソフトウェア, 銀行業, 金融サービス, インターネット

8. フルスタックエンジニア/ デベロッパー

フルスタックとは、主にウェブアプリ開発において、複数種類の開発技術を習得しており、開発業務における一通りの需要に応えられるような技能・スキルのことであります。 Webアプリ開発現場では、フロントエンド、バックエンド(サーバーサイド)の両方にも対応できる開発能力を持つことを意味することが多く、そのような技能を身につけた開発者は「フルスタックエンジニア」「フルスタックデベロッパー」と呼ばれています。

実は、そんなに新しい仕事ではありませんが、技術の変化のスピードが速いため、フルスタック開発者はどの企業にとっても貴重な資産となっています。
彼らは、プロジェクトのエンドツーエンドの構築を理解することができるように、多種多様な異なる技術的ソリューションに精通していることが求められます。

求められるスキル: React.js、Node.js、AngularJS、JavaScript、Git

雇用がある場所: トロント、モントリオール、バンクーバー、オタワ、キッチナー、カルガリー

採用しているトップ業界: コンピュータソフトウェア, 情報技術・サービス, インターネット, 金融サービス, マーケティング・広告

9. エクスペリエンスデザイナー

日常的にオンラインでビジネスを行う機会が増える中、ユーザーにシームレスで抵抗のないデジタル体験を提供することが、これまで以上に重要になってきています。調査によると、情報過多の結果として注意力が低下しており、企業が消費者に印象を残すにはたったの数秒しかありません。エクスペリエンス・デザイナーが近年重要職種になったのは、当然のこと、これらの専門家は、顧客がサイトに来る理由と最適化されたユーザー・エクスペリエンスを提供する方法を理解していないといけません。

求められるスキル: ユーザーエクスペリエンス(UX)、ユーザーエクスペリエンスデザイン(UED)、デザイン思考、ユーザーインターフェースデザイン、ワイヤーフレーミング

雇用がある場所: トロント、モントリオール、バンクーバー、オタワ、カルガリー

採用しているトップ業界: コンピュータソフトウェア, デザイン, マーケティング・広告, 金融サービス, 高等教育

10.ロボティクスエンジニア

ロボティクスは燃えている業界です。最も人気のあるロボットソリューションの1つであるUiPathは、ちょうど70億ドルと評価されたばかりで、業界としては
全体では、この上昇の勢いが続くと予測されています。ロボティクスエンジニアという役割の求人は、2015年から年平均で前年比40%増と増えています。
トロントやモントリオールのような大都市だけでなく、キッチナーのような新興都市でもこの職種の求人を見かけています。

求められるスキル: ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)、ブループリズム、ロボティクス、UiPath、Fanuc Robots

雇用がある場所: トロント、カルガリー、ケベック、モントリオール、キッチナー

採用しているトップ業界: 銀行業, 産業オートメーション, 情報技術およびサービス, コンピュータソフトウェア, 自動車業界

11.カスタマーサクセス・スペシャリスト

「カスタマーサクセス」とは? 直訳は「顧客の成功」です。カスタマーサクセスという言葉は現在、2通りの使われ方をします。

テクノロジー専門家派遣サービスの成長にも後押しされ、カスタマーサクセスの役割は増加傾向にあります。カナダでのカスタマーサクセスマネージャーの雇用は、2019年に35%増加しました。これらの専門家は通常、テクノロジーの理解と顧客関係の管理の両方を担当するため、ソフトスキルとハードスキルを組み合わせて実践できる能力を持っています。

求められるスキル: サービスとしてのソフトウェア、顧客関係管理、アカウント管理、Salesforce、顧客リテンション

雇用がある場所: トロント、バンクーバー、モントリオール、オタワ、ハリファックス、カルガリー

採用しているトップ業界: コンピュータソフトウェア, 情報技術・サービス, インターネット, マーケティング・広告, 金融サービス

12. Javascript デベロッパー

JavaScriptのいずれかでコードを記述する方法を知っていると、ほぼすべてのプラットフォームで動くアプリを構築することができると言われています。

そういった意味で、JavaScript開発者は、カナダで最も需要のある職種であるでしょう。

求められるスキル: React.js、Node.js、AngularJS、JavaScript、TypeScript

雇用がある場所: トロント、モントリオール、バンクーバー、カルガリー、オタワ

採用しているトップ業界: コンピュータソフトウェア, 情報技術およびサービス, 銀行, インターネット, 金融サービス

13.プロダクトオーナー

プロダクトオーナーとは、製品開発のうえで、方向性を定め、製品の価値を最大化することに責務を持つ職種のこと。

主な役割は、システムの機能や要件を優先順に記述した「プロダクトバックログ」を作成し管理することです。プロダクトオーナーは、開発チームがゴールできるよう、プロダクトバックログの見える化・明確化に努めなければいけません。まさに企業の開発サイクルの中心的な存在です。

カナダでは、ビジネス戦略から製品設計までをカバーするいくつかの重要な役割と責任を化せられているのが、プロダクトオーナーと言われているのが、一般的です。

2015年以降、カナダでプロダクトオーナーを採用するトップ産業には、情報技術やサービス、金融サービス、コンピュータソフトウェア産業などがあります。

求められるスキル: アジャイルメソドロジー、スクラム、プロダクトマネジメント、アジャイルプロダクトマネジメント、JIRA

雇用がある場所: トロント、モントリオール、バンクーバー、カルガリー、オタワ

採用しているトップ業界: コンピュータソフトウェア, 情報技術とサービス, 銀行, 金融サービス, インターネット

14.データコンサルタント

企業はこれまでに多くのデータを持っているかもしれませんが、誰もがそれを最大限に活用しているわけではありません。
データを分析して処理する能力は、コスト削減と収益の増加を通じて、組織の収益性、コストパフォーマンスを向上させることができます。

求められるスキル: Hadoop、Apache Spark、Hive、機械学習、ビッグデータ

雇用がある場所: トロント、オタワ、モントリオール、バンクーバー

採用しているトップ業界: 情報技術・サービス, 銀行, 金融サービス, 経営コンサルティング, コンピュータソフトウェア

15.クラウドエンジニア

クラウドコンピューティングは、企業の自社のサーバーを必要とせずに製品を構築したいと考えさせ、戦略自体を大いに変えさせました。

クラウドの需要が大きくなると、クラウドエンジニアは、全国的にあらゆる業界で継続的に必要とされている可能性が高い職種でしょう。

求められるスキル: Amazon Web Services、クラウドコンピューティング、Microsoft Azure、DevOps、Docker製品

雇用がある場所:トロント、バンクーバー、モントリオール、オタワ、カルガリー

採用しているトップ業界: 銀行、金融サービス、通信、インターネット、政府機関

まとめ

いかがでしたでしょうか?データを扱う職種がさらに重要性を増していると感じることでしょう。

多くの職種がスキルだけでなく、経験も必要とします。さすがにカナダにきて学校行けば、これらになれるのかと言えば、正直なところ無理があります。

ただ、育成される環境はどんどん増えているのは確かで、その出だしとなるプログラミングを学ぶ場所は増えています。そこから、開発者の一員となり、その後のステップアップで、多くの方がエンジニア、コンサルタントへと上って言っています。

また、他の分野のキャリアを持つ方がITへの以降をするために、また学びはじめていたりもします。

官民そろって、ITの人材を育もうとする流れが、カナダにはあり、今後も続くことでしょう。

キャリアチェンジとしての学校探し、カナダジャーナルは喜んでお手伝いします。

ブログ一覧に戻る

CONTACT
お問い合わせ

    コンタクト方法

    LINE上で、お問い合わせ、無料相談も承っております。
    下のQRコードからお友だち追加後、チャットで声をかけてください。

    カナダ留学ならカナダジャーナルお問い合わせ用LINE@

    上ボタンをクリック、もしくは『@canadajournal』(@マークも含めて)でID検索をしてお友だち追加してください。
    担当者がログイン後、お応えします。

             メープルリーフ装飾 SVG
    メープルリーフ装飾 SVG
    メープルリーフ装飾 SVG
             メープルリーフ装飾 SVG