【中学・高校留学】カナダで学べる必須科目と選択科目

2021年1月13日

カナダの中学・高校では、どのような教科を学ぶことができるのでしょうか。日本との違いはどうでしょうか。必須科目と選択科目があるってご存知ですか?カナダでは州によって教育制度が異なります。こちらでは、留学に人気なブリティッシュコロンビア(BC)州とオンタリオ(ON)州に焦点をあてて、それぞれの科目や卒業に必要な単位などをみて行きます。カナダでの中学高校留学を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ブリティッシュコロンビア(BC)州

ブリティッシュコロンビア州で卒業要件を満たし、ブリティッシュコロンビア州の卒業証明書(ドッグウッドディプロマ)を取得するには、最低80単位を取得する必要があります。 80単位には、必須科目の52単位(キャリア教育コースの8単位を含む)と最低28単位の選択科目が含まれている必要があります

必須科目にはどんな科目があるの?

選択科目にはどんな科目があるの?

 

オンタリオ(ON)州

オンタリオ州で卒業要件を満たすためには、州が定めている18の必須科目(Compulsory credits)と12の選択科目(Optional credits)を取得する必要があります。更に40時間のコミュニティ活動に参加すること。加えて2021年以降はオンタリオ州のリテラシーテスト(OSSLT)に合格する必要があります。

必須科目にはどんな科目があるの?

選択科目にはどんな科目があるの?

 

必須科目については、日本とも同様に 国語(言語)数学理科社会科保健体育が含まれます。加えてカナダ特有の科目を挙げるとすると「キャリア学習/キャリアライフ教育」です。キャリア学習とは、学生自身で目標を設定し、生涯を通じて目標を立てること、責任を負う自主的な個人になるために必要なスキルを育てることです。具体的には、様々な将来設計を模索し、心身ともに健康であることの必要性、財務計画のスキルを磨いていきます。

一方で選択科目はと言うと、非常にバラエティに富んでいます。上記に挙げているものも、ほんの一部です。カナダでは、高校生(Grade10~12)となると 自身で科目を選択して時間割を組み立てます。日本のように、クラスメートと同じ科目を1日中学ぶわけではありません。大学でのクラス選択に似ていて、必須科目以外は自分の興味や将来の目標に応じて1人1人決めます。

ダンスや音楽、アート系など芸術的なものから、経営学やビジネス、コンピュータや最新技術について学ぶ科目もあります。開講している科目については、学区・教育委員会や学校の規模によっても異なります。上記に挙げているものは、本当に一部の科目なので より興味のある科目が開講している可能性もあります。

留学生に人気の科目は?

留学生に人気の科目としては、ダンスや音楽などの芸術系科目です。留学当初は、英語でのコミュニケーションに不安があるかもしれません。ダンスや音楽といった科目では、さほどの英語力を必要としなくてもクラスに参加することができる点が人気の理由かと思います。ですが、留学も1年2年と経つうちに英語力も向上して最終学年では、将来の目標や進学先の専攻などに合わせて、より専門的な科目を選択できるようになると思います。留学生の皆さんも、現地の生徒に混ざって様々な分野に挑戦して、学ぶ機会があります!

 


留学中に学びたい科目がある場合は 個別でお問い合わせくださいませ。皆さんの希望科目を開講している、お勧めの学校・学区をご案内させて頂きます。

中学・高校留学に関してのご相談やご質問は、下記のお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡くださいませ。

 

 

ブログ一覧に戻る

CONTACT
お問い合わせ

    コンタクト方法

    LINE上で、お問い合わせ、無料相談も承っております。
    下のQRコードからお友だち追加後、チャットで声をかけてください。

    カナダ留学ならカナダジャーナルお問い合わせ用LINE@

    上ボタンをクリック、もしくは『@canadajournal』(@マークも含めて)でID検索をしてお友だち追加してください。
    担当者がログイン後、お応えします。

             メープルリーフ装飾 SVG
    メープルリーフ装飾 SVG
    メープルリーフ装飾 SVG
             メープルリーフ装飾 SVG