コロナ禍でのカナダ留学体験談~3月渡航~<自己隔離後の生活>

2021年6月2日

このブログでは、コロナ禍である2021年3月に渡航され、学校に就学されている生徒さんよりコロナ禍での自己隔離後のカナダ生活に関してシェアして頂きました。詳しくシェアして頂きましたので、これから渡航を控えている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

コロナ禍での日本出国からカナダ入国&自己隔離期間の過ごし方については、こちらの記事で詳しくご紹介していますよ。

コロナ禍でのカナダ留学体験談~3月渡航~<日本出国から自己隔離終了まで>

 

前回、別の留学生さんにも体験談を伺っています。そちらの様子はこちらからどうぞ!

コロナ禍でのカナダ留学体験談~第2段<自己隔離後の生活>

それでは早速自己隔離後のカナダ生活に関して伺っていきましょう!

 

自己隔離期間を終えて・・・

14日間の隔離が終わりついに外に出ることができる時にはすごくワクワクしていました。私が住んでいるところは道路が広くて大きい公園がたくさんありリフレッシュできるところでした!
ちょうど桜の時期だったので桜を見たり、学校の近くのチーズケーキ屋さんに行ったり街を散策して歩きました。

この写真はバンクーバーダウンタウンにあるウォーターフロント駅の近くの桜です。

Treesというチーズケーキのカフェにも行きました。沢山チーズケーキの種類があってチーズケーキ好きにはたまりませんでした!

スタンレーパークはとても広く、天気の良い日にはお散歩に最適な場所です。ビーチもあり自然をすごく感じることが出来ます。ダウンタウンのすぐ近くにこんな大きな公園があるのはカナダならではだな~と思いました。私の癒やしのスポットになりそうです!

バンクーバーのショッピングモール

メトロタウンにはとても大きなショッピングモールがあり、日本でいうとららぽーとのような感じです。モール内にはいろいろなお店が入っており、とっても大きいスーパーも入っていました。『T&T』と呼ばれるアジア系食材を扱うスーパーや、THE海外!という雰囲気の食料品店も入っていました。高いですが無印やディズニーストアもありました!TSUJIRIも入っていましたが、日本に比べるとやはり高いです。他のスーパーなども日本製品は倍の値段はします。

最近できたダイソーも日本よりはやはり高いですが、店内は日本のようです。日本人の店員さんや、日本語が話せる店員さんもいました。値段は日本の2倍もしくはそれ以上しますが、日本の製品がそのまま売られていて、電子レンジのみでパスタや野菜を調理できる容器や、お米の容器も売っていました。持ってくるときに諦めようか考えたくらいかさばったので、日本よりは高いですがカナダにも売っていることが分かって嬉しかったです。

また、カナダでいう100円ショップはDOLLARAMAというお店です。ダウンタウンやメトロタウンにあり、いろいろな種類のものがありました!

お休みの日はホストマザーと一緒に買い物に行ったり、一緒に焼き鳥を作ったり、友達と出かけたりして楽しい日々を過ごしています。

 

カナダに来て驚いたこと

カナダではほとんど現金を使わないということにすごく驚きました。そしてチップの支払いははじめ知らなかったためすごく戸惑いました。

他にも驚いたことは、以前ハンバーガーを買いに行った時にシンプルなハンバーガーを頼んだら、オプションというものがあり、トマトやレタス、ピクルスなど自分でカスタマイズをするシステムでだったので、知らなかった私はとりあえずトマトとレタス、ピクルスを頼みました。そうしたら、なんとソースが入っておらず、ただの具材のみでした!

ケチャップなどのソースまで自分で頼まないといけないんだ!!と驚きました。お店にもよるみたいですが、日本とはいろいろ違うので毎回勉強になります。

 

カナダに持ってきて良かったもの・持ってくるべきだったもの

自己隔離期間があるため、最低2週間は生活していけるものを持っていく必要がありました。それなので持っていきたい荷物が沢山あり大変でした。個人的にですが、特に持ってきてよかったなと思ったものを紹介します。

 

持ってきて良かったもの

・スリッパ

→ホテルにもスリッパがなく、またホームステイ先でも靴を脱いだらサンダルかスリッパに履き替えます。多分ほとんどの家がそうなのではないでしょうか。

 

・日本食

→初めは新しい味に嬉しく思いますが、ふとした時に日本の味が恋しくなります。カナダにも売っていますが、日本よりすべてのものが2倍以上の値段になってしまうので荷物に余裕があればおすすめします。水に溶かせる緑茶などもおすすめです。また、自炊をする予定がある人は和風だしなどそんなにかさばらないものを持ってくるのもいいかもしれません。

また、お菓子なども持っておけば隔離中おなかがすいたりしたときに軽く食べれるものがあってよかったなと思いました。

 

・加湿器

→カナダはとても空気が乾燥しています。乾燥が気になる方はマストアイテムです!カナダでも買えますが隔離ホテルなども加湿器が欲しいなと思うくらいだったので余裕があればおすすめします。

 

・レインシューズ

→バンクーバーはレインクーバーと言われているくらい雨が降ることが多いです。レインシューズが重宝したので少しかさばりますがおすすめです。

 

・延長コード

→住むところにもよりますが延長コードがあるととても便利です!シェアハウスやホームステイ先によって違うので延長コードがあった方が臨機応変に対応できて便利だと思います!

 

・タオル

→洗濯は基本週に一回なので一週間持つ分のタオルが必要です。隔離中ですし買いに行くこともできないので必需品です!

 

・パーカー

→部屋で着るパーカーを持ってこればよかったと思いました。朝晩は冷えるのであったら便利だったなと思いました。

 

・ドライヤー

→現地購入も可能ですが、隔離があると買いに行けませんので持参することをおすすめします。

 

・小さめの洗濯ピンチ

→乾燥機があるからいらないかも…と思っていましたが、下着やマスクは乾燥機にかけずに部屋で干していました。なのでこれは持ってきて正解だなと思いました!無印の小さいサイズの物が丈夫でコンパクトでおすすめです!

 

・着圧ソックス

→隔離中体を動かすことが難しいのでむくみやすくなりました。なのでその際に履いていました。

 

・ヨガマット

→隔離中はとにかくすることがなく、ストレッチなども床でするのは少し抵抗があったのでヨガマットが欲しかったです。かさばるので持ってくることは不可能でしたが余裕があればおすすめします。カナダでも買えますが…

 

・化粧水

→日本製品のものは売っていますがとても高いですし、生活が変わり、乾燥も気になるので初めは使い慣れたものを持ってきて使うことをお勧めします!

 

必要のなかったもの

 

・コンタクトとコンタクト洗浄液

→初めの二週間分は必要ですがカナダで買うことができます。コンタクト洗浄液はドラッグストアで買えます。

 

・水筒

→こちらにもたくさん売っていますので、持ってくる際にかさばりますし必要なかったなと思いました。お気に入りのものや、品質が気になる方は持ってきてもよいと思います!

 

・電子辞書

→これも個人的な意見ですが、せっかく持ってきたのに一回も使っていません。携帯で検索をしたり、私の学校は先生に聞くほうが良いという感じのため使っていません。

 

・ルーズリーフ

→これは学校にもよりますが私の学校は基本テキストのみだったのでルーズリーフに出番が少なかったです。書く紙がなくても配ってくれます。どのくらい必要かわからず、結構持ってきましたがこんなに要らなかったかなと思っています。結構重かったので…ですが、単語の練習に使っているので少しは減っていくと思いますが大量には必要ありませんでした!

 

これはすべて個人的な意見ですが参考になれば嬉しいです。

 

 

私が留学をしたいと思ったきっかけ

私は以前まで幼稚園教諭として働いていました。毎日がルーティーン化していて起床→朝早く出勤→仕事→夜遅くに帰宅→就寝という毎日に嫌気がさした時がありました。何か刺激が欲しいなと…。そんな時に、人生一回しかないので思い切って何かに挑戦してみよう!やりたいことしよう!と思ったのがきっかけです。もちろんこの仕事も好きでしたが。そう考えていた時、遊びに出るたびに外国人の方に道を聞かれることが立て続けにあり、その際に英語が全く話せなかったので助けることができませんでした。

また困っている外国の方がいたのにもかかわらず、英語が話せないからなぁと思い、声をかけるのをやめたことがありました。そんな中英語が話せたらなぁ…と思ったのがきっかけです。日本で英語を始めてもよいと思いましたが、思い切って憧れていた留学をしてみよう!と思いました。

調べていくうちに行きたい気持ちが強くなり、海外にも住む経験ができるしたくさん刺激をもらうことができて良い経験になるに違いないと思いました。

仕事を辞め、あと少しで渡航!というところでコロナが流行してしまい延期せざるを得なくなりました。延期になり、先が見えない中諦めようかと考えたこともありましたし、モチベーションを保つのが大変で、不安に思うこともたくさんありました。しかし、今カナダに来て諦めなくてよかったなと思っています。

カナダに来てみて

ついに自分のやりたいことを実現でき、カナダに行くと決めてから約2年。やっとカナダに留学することができました。飛行機に乗ってもカナダについても実感がなく、外出をし始めてから少しずつカナダに来たんだ…と感じるようになりました。英語初心者の私は、買い物するのにも緊張しています。学校は少しずつ慣れてきている所です。

これからのカナダ生活で、語学を身につけられるよう勉強を頑張りたいと思っています。

やはり日常での英語の会話は必要となってくるのでその都度、調べ使っていくことで覚えていくんだなぁと身を持って実感しています。

日本では経験できないものができる気がして楽しみでいっぱいです。カナダの自然に触れ、ここでしかできないことをたくさん経験していきたいです。

外出できるようになってから、すぐに店内飲食の制限がかかってしまい、いろんなお店に行くことができていません。しかし、学校の友達や先生におすすめの場所を聞いたり、ホストファミリーに教えてもらったり、制限が解除されたら行きたいお店が沢山あります。

今は少しでもコロナ感染者が収まることを願うばかりです。自分自身もコロナ対策をしっかりしていかなければいけないと思います。

 

留学後の目標

留学後は、何の職に就くかなどまだ決めてはいません。しかしせっかく身に付いた英語が日本に帰ってからも使わないと忘れてしまうと思うので何かしらの形では英語を続けたいと思っています。留学に来て思うことは自分のやりたいことができることがとても幸せだなと感じました。

私は前の仕事も大好きですし、もしかしたらその仕事に戻るかもしれません。

そういうと、せっかく留学したのにもったいないと思う方もいると思います。

しかし、私は私がやりたいことをして行きたいと思っているので留学が終わり英語を活かす仕事につくかもしれないし、また違う仕事に就くかもしれませんが、やりたいことには全力で挑戦していきたいと思っています。

後悔の内容にこれからも過ごしていきたいと思っています。

 

カナダジャーナルより

コロナの影響により、一時渡航を諦めた時期もあったとのことですが、「諦めずに留学をして良かった」というお声を聞けて大変嬉しく思います。コロナによる規制はありつつも、以前の生活を取り戻しつつあるカナダですので、大変な自己隔離期間を終えた際には素敵なカナダ生活を送って頂けますよ。

2021年のカナダ留学ご相談は、下記のお問い合わせフォーム若しくはLINEより受け付けております。お気軽にご連絡くださいませ。

ブログ一覧に戻る

CONTACT
お問い合わせ

    コンタクト方法

    LINE上で、お問い合わせ、無料相談も承っております。
    下のQRコードからお友だち追加後、チャットで声をかけてください。

    カナダ留学ならカナダジャーナルお問い合わせ用LINE@

    上ボタンをクリック、もしくは『@canadajournal』(@マークも含めて)でID検索をしてお友だち追加してください。
    担当者がログイン後、お応えします。

             メープルリーフ装飾 SVG
    メープルリーフ装飾 SVG
    メープルリーフ装飾 SVG
             メープルリーフ装飾 SVG