PDFファイルに直にサインする方法 – Adobe Acrobat Readerアプリの活用

2020年8月27日
PDFファイルに印刷をしないでサインをする方法 blog 記事タイトル画像
PDFファイルに印刷をしないでサインをする方法 ブログ記事タイトル画像

カナダ留学準備が進むにつれ、もしくは、カナダ生活中に、Eメールで送られてきた書類にサイン(署名)をする機会って増えていないですか?

申し込み書にPDFファイルが送られてきて、そこへ情報を入力して、サインをして送り返さないといけないかんじです。

通常は、プリンターで印刷して、それに手書きで記入、サインをして、それをスキャンし、Eメールに添付して送り返します。中には、スキャンせずにスマフォにその書類を撮影して、それを送り返す方もいます。

ですが、一人暮らしの方で常時プリンターを置いていないかたも少なくないはずです。だから、仕事先、もしくはエージェントオフィスで、日本であればコンビニエンスストア等でそのファイルを印刷しているかたと思います。

ここでは、そんなプリンターで印刷する、サインした後スキャンする(もしくは写真に撮る)ことをせずに、直にPDFファイルにサインをする方法を教えます!

しかも、使用するのは、『Adobe Acrobat Reader(無料)』だけです。

中の人の一人
中の人の一人
私が持っているデバイスがすべて英語版なので、スクリーンショットの中のアプリがすべて英語表記です。

ちなみに、カナダ移民局の申請書類などのように、セキュリティがかかっているPDFファイルには、直にサインができないようになっているのもありますので、すべてのPDFファイルに適用するわけではありません。

iPhone編

1. インストール

iPhoneのApp Storeの検索で、『Acrobat Reader』と検索をしてください。

カナダ版のApp Store内でのAdobe Acrobat Reader for PDF
カナダ版のApp Store内でのAdobe Acrobat Reader for PDF

このようにAdobe Acrobat Reader for PDF と言うアプリが見つかります。それをインストールしてください。

iPhone上でのAdobe Acrobat Reader for PDFのアイコン

このようにこのアイコンで現れます。それをクリック。

Adobe Acrobat Readerの最初の画面。
 iOSでのAdobe Acrobat Readerの最初の画面。英語版

Apple ID、Facebook、Googleのアカウントでログインでき、その時にEメールアドレスを入力します。

最初のログイン後のAcrobat Readerの画面。有料版サブスクリプションの催促
最初のログイン後のAcrobat Readerの画面。有料版サブスクリプションの催促

ログインされたら、上記のようにポップアップが現れ、有料版をサブスクリプションしませんかと、催促のメッセージが出てきますが、頻繁にPDFを編集したりするする人でない限りは、ほとんど必要ないですし、この記事を読む時点でもうそこまで使ったことがない人が明確なので、これは無視しましょう。ポップアップの右上の『×』をクリックしてください。

iOS Adobe Acrobat Readerの最初の画面
iOS Adobe Acrobat Readerの最初の画面

これが、アプリの最初の画面となります。有料版の催促が相変わらず出てきますので、これも無視してください。

中の人の一人
中の人の一人
ちなみに、私はすごく使っていますので、有料版に入っています。PDF編集もできます!

これでインストールは完了です

2. メールで送られてきたPDFファイルを開く

それでは、実際にサインをしてみましょう。

Gメールアプリでメールを受信して、そこからファイル開いた場合で説明します。

PDFファイルが送られたメール画面 - Gmailアプリ
PDFファイルが送られたメール画面 – Gmailアプリ

PDFが入っているメールを開いて、ここをタップしてください。

メールアプリ内のPDFビューワーで書類を閲覧中 - Gmailアプリ
メールアプリ内のPDFビューワーで書類を閲覧中 – Gmailアプリ

右上のシェアボタンを押してください。

そうすると共有方法の選択、他のアプリで開く方法などのメニューが出てきます。

iOSの共有メニューにAcrobatのアイコンがでてきているところ。
Acrobatのアイコンがでてきます。

そのファイルをどうするか、上記のように選択ポップアップが出てきます。

そこにAcrobat Readerのアイコンが現れてくるはずです。それを選んでください。

もし、見つからない場合はアプリのアイコンが並んでいる所をスライドさせて、一番右端を見てください。

アプリ一覧をスライドさせて右端の『More(その他)』アイコン
アプリ一覧をスライドさせて右端の『More(その他)』アイコン

これを押すと、それ以外のアプリが選べるようになります。Acrobat Readerのアイコンを探して、押してください。

Acrobat Reader アプリの最初の画像
Acrobat Reader アプリの最初の画像

こんな感じで、Acrobatアプリが起動し、ログイン画面に似た最初のタイトル画面がでてきます。ここで、Continue(つづける)をおしましょう。もしかしたら、ログイン画面が出て来るかもしれません。その時はログインし直してください。

Acrobat Reader アプリで開いたPDFファイル

さぁ、これでPDFファイルをAcrobat Readerで開けました。

見ての通り、同意書でチェックマークを入れるだけでなく、サインをする項目があります。

ここからがサイン🖊です!

3. サインをする

ここは、iPhoneもAndroidでも共通です。

Acrobat Reader アプリ上の鉛筆アイコン

開いた画面上右下に、鉛筆アイコンがあります。これを押してください。

鉛筆アイコンから進むポップアップメニュー – Adobe Acrobat Readerアプリ

ここの『Fill & Sign(入力と署名)』が選べますので、それをおす。

入力と署名メニューが下部に出てきます - Adobe Acrobat Reader アプリ

サインをしたい場合は、ここを押してください。

『署名を追加』、『イニシャルを追加』メニュー – Adobe Acrobat Readerアプリ

署名を追加』を選んでください。

英語表記と日本語表記が微妙に違いますが、ご了承ください。

署名を追加登録する画面 – Adobe Acrobat Reader アプリ

このようにサインを書き込める画面が出てきます。

指書きでサインを登録する – Adobe Acrobat Readerアプリ

指で、かっこいいサインをかいてください!

サインをPDFファイルに載せているところ - Adobe Acrobat Readerアプリ
サインをPDFファイルに載せているところ – Adobe Acrobat Readerアプリ

上記の画像のように、登録したサインがファイルにのります。サイン周りの枠を指で押しながら、動かしてみてください。位置を調整できます。

サインの大きさを変えてみる - Adobe Acrobat Readerアプリ
サインの大きさを変えてみる – Adobe Acrobat Readerアプリ

サインの大きさが小さいなと思ったら、このようにサイズ変更ができます。

サイン入力後の画面 - Adobe Acrobat Readerアプリ
サイン入力後の画面 – Adobe Acrobat Readerアプリ

これで仕上がりました。

サイン済みのPDFファイルを誰かに送る

Adobe標準のシェアの方法

PDF閲覧中の上部 - Adobe Acrobat Reader
PDF閲覧中の上部 – Adobe Acrobat Reader

サインした後の書類を誰かにメールしたい場合は、こちらのボタンを押してください。

Adobe Acrobat Readerアプリの標準のメールフォーム
Adobe Acrobat Readerアプリの標準のメールフォーム

このようにメールフォームが出てきます。ここに送りたい先のメールアドレスを入力して、メッセージを入力して、送信してください。

受け取り側は下記の画像のようにAdobeよりメールが届きます。

message@adobe.comから届いたメール。- Adobe Acrobat Readerアプリ
message@adobe.comから届いたメール。- Adobe Acrobat Readerアプリ

届いたメールは、message@adobe.comから届き、実際はファイルが保存されているリンク先です。作成されたファイルは、Adobeのクラウドストレージサービス『Document Cloud』に保存されています。これは、最初のAdobeアカウントを作成した時に無料で自動的に付随してきます。

メール受信者は、このAdobe Document Cloud』ページに飛び、そこから自分とこにダウンロードするなり、プリントアウトしたり等ができるようになります。

その他のアプリで、他の人に送信

ここで作成されたファイルは、LINEやMessenger等のアプリでも共有が可能です。

先のメールフォーム画面の下部にある『共有』というボタンを押してください。

下部左にある『共有』ボタンを押す - Adobe Acrobat Readerアプリ
下部左にある『共有』ボタンを押す – Adobe Acrobat Readerアプリ

ここを押すとなじみのメニューが出てきます。

 iOSの標準の共有メニュー - Adobe Acrobat Readerアプリ
iOSの標準の共有メニュー – Adobe Acrobat Readerアプリ

ここから、LINEやメッセージアプリ等他のアプリを使って共有できます。

ファイル自体はあくまでも『Document Cloud』に保存されており、送信されるのは、それを閲覧できるURLだけです。

受信者は、そのURLのリンク先からファイルをダウンロードしたり、コメントを残したり、印刷したりします。

ダウンロードして、メールに添付して送る

この方法は、iPhoneやAndoidスマフォ単体でできないこともないですが、少々手間がかかります。素直にPCのAdobe Acrobat Readerを使って『入力と署名』を使うことをお薦めします。

まとめ

以上、iPhoneのAdobe Acrobat Readerアプリを使って、プリントアウト、スキャンをせずにPDFファイルにサインをする方法を紹介しました。

どうでしょうか?

本当はフォームの入力もできるのですが、そこの紹介は省略しました。

また、Androidを使った場合、PCのデスクトップアプリを使った場合、その複合技もあるのですが、それは、また追々この記事に追加していきます。

中の人の一人
中の人の一人
ちなみに、カナダ移民局の書類は、モバイルアプリで開けませんし、PCアプリで開いても、サインして保存できません。これは、そういったセキュリティがかかっていないごく一般のPDFファイルでのフォームの入力とサイン(署名)の仕方です。

無料のアプリの使い方の知識が増え、カナダ留学計画、カナダで生活していく上、お役に立てるのではないでしょうか?

後日、また追記していきますので、お楽しみに♪

ブログ一覧に戻る

CONTACT
お問い合わせ

カウンセリングを希望しますか?

LINE上で、お問い合わせ、無料相談も承っております。
下のQRコードからお友だち追加後、チャットで声をかけてください。

カナダ留学ならカナダジャーナルお問い合わせ用LINE@

上ボタンをクリック、もしくは『@canadajournal』(@マークも含めて)でID検索をしてお友だち追加してください。
担当者がログイン後、お応えします。

         メープルリーフ装飾 SVG
メープルリーフ装飾 SVG
メープルリーフ装飾 SVG
         メープルリーフ装飾 SVG