【バイト探し&カフェでの就労体験談】Co-op留学中の大学生のバイト探し

2022年1月21日

 

現在大学を1年間休学し、バンクーバーのカレッジでビジネスのCo-opプログラムを受講中のSakuraさんのお仕事探し体験談と、カフェでの就労経験談です。
履歴書の作り方から、ローカルカフェでカナダ人に囲まれて働く良さや大変さについて語っていただきました。

 

レジュメ作り

アルバイトを探すうえでまず最初に力を入れたのがレジュメ作りです!

職場でのコミュニケーションから生きた英語を学ぼうと思っていたので、ローカルのカフェかレストランで働こうと決めていました。
そのためにはプロフェッショナルに見えるレジュメづくりが肝心で、レジュメを見て会ってみたいと思わせるように時間をかけて作りました。

一人で完成せるのではなく、学校の先生やCo-opのアドバイザーにもアドバイスを受けるようにし、またネットで”resume template”と検索するとレジュメの型がたくさんのウェブサイトから無料で提供されているのがわかります。
私が利用したのは”My perfect resume”というサイトです。(
https://www.myperfectresume.com/)

私は日本ではカフェ、居酒屋、英会話教室のアシスタントくらいしか経験がなく社会人経験もないので、カナダに来てから学校で取り組んだプロジェクトについてレジュメを埋めました。
社会人経験はないけれどそれと同等のスキルが自分にはある!!ということをアピールできたと思います。
ただ書いたからには面接でこのプロジェクトで自分はどんな役割を果たしたのか、内容はどんなものだったかについて聞かれるので練習しておく必要があります。

 

求人サイトから申し込み~面接、採用まで

主にIndeed、JPcanadaで求人を見て何件も申し込みました。

レジュメづくりを頑張ったおかげで送った半分くらいの会社には面接までたどり着き、最初はレストランの皿洗い、オーガニックグローサリーの試用期間での就労を経験しましたが何か技術的に得るものがほしいなと思いどちらも途中で辞退しました。

その後も仕事探しを続けて日本の人材会社とローカルのカフェから面接の案内が届きました。
日本の人材会社は留学する前から興味があった業界だったこともあり、会社の情報も頭に入れ三次面接まで進むことができました。(日本の会社ですがバンクーバー支店なので面接はすべて英語です。)
残念ながら採用までたどり着きませんでしたが、この過程で英語での本格的な面接力が鍛え上げられました。

最終的にはローカルカフェに採用してもらい試用期間と研修を経て、晴れてバリスタとして働くことになりました。

ジャーナル先生
ジャーナル先生
英語面接で悔しい思いをするのも良い経験です。皆さん採用に向けて複数回面接を受けるものです!

 

面接で聞かれたこと

どこの面接においても、レジュメの内容の詳細についてを詳しく聞かれました。

カフェの面接のときに出したレジュメに日本のカフェでの経験を書いたので、業務内容について細かく聞かれました。
採用後マネージャーに「あなたの日本での経験がとても気に入って採用することに決めたよ」と言われたので、バリスタの仕事に関係する経験を書いておいてよかったと思います。

ジャーナル先生
ジャーナル先生
応募する職種と類似経験がある場合、例えアルバイト経験であっても必ず書くようにしましょう

 

二番目に多く聞かれたのは、これからの目標です。
「カナダに来て勉強しているみたいだけど、最終的な目標は?」と聞かれますが、これは私が一番苦手な質問です。

今はいろんな挑戦したいことをやってみてそれから最終的な目標を見つけようとしている私にとっては言葉に詰まってしまう質問でした。
何度も面接を経験したことで真面目に働いてくれるかを見極めるための質問だと気づき、自分の考えを伝えることでどういう仕事ぶりなのか、また面接先企業での経験が今後の人生にどう影響するのかを説明できれば面接は突破できると思います。

「長くここで働いてマネージャーになりたいです」とでもいえばいいのかな….と悩んでいた時期もありましたが、雇用主側もそもそも留学生を採用するか悩んでる時点で期限付きなのはわかりきったことですから目標を聞くことで長く働ける人かどうかを見ているのではなく内面的な思考を見抜くために質問しているのだと私は思います。
質問の意図を汲み取って面接に臨みたいですね:)

ジャーナル先生
ジャーナル先生
「日本に帰って●●の業界で就職したいです。」と正直に答えて全然大丈夫です!「将来××がしたいから、そのためにここで▲▲という経験を積むことで将来に活かしたい。」など納得のいく説明ができると、何を考えて応募したのか、また相手に自分がどういう人か理解してもらえます!

 

職場の環境

国籍は私とキッチンのタイ人の子しかアジア人はいません。カナディアンとカナダで幼少期から過ごしている他国からの移民が大半です。

仕事を覚えるのと同時に英語での多様な言い回しを学び、シフトごとに教科書で習った英語の応用から実践まで同時並行で行っている感覚です。
忙しい仕事の最中に発言するので瞬発力が鍛えられました。

自分の英語力は数カ月しか経ってない割には一対一だとうまく話せるレベルでしたが、カナディアン同士の何気ない会話に入っていくのはとても難しく(みんな話の輪に入れてくれますがついてくのに私は必至で、まだリラックスして聞けません。。。)高い壁を感じます。留学生同士の会話、カナディアンとの一対一の会話をクリアした私ならできる!と自分を鼓舞して頑張っている最中です。

   

 

仕事内容

バリスタの私の仕事内容はオーダーをとる、ドリンクをエスプレッソマシーンを使って作る、ペイストリーを並べるが主な仕事です。
これらにプラスして私はオープニングもクロージングも行うのでその一連の流れも覚えました。

マネージャー含めて全員わからないことがあったり英語が理解できない時は手を差し伸べてくれました。
「英語でこういう言い回しをしたらいいよ!」「バー一人で大丈夫そう?」「ここまででわからないこととか聞きたいことはある?」など随時私の様子を確認してくれたり、忙しいラッシュを乗り越えた時「you killed it!! (よくやったじゃん!!)」など励ましてくれることでストレスを感じることなく仕事に慣れていくことができました。

今では二人でお店を回していくほどに成長しました。

勤務時間は6時間から8時間で途中に30分の休憩があります。
日本のカフェ時代はシフト表に休憩時間まで厳密に決められていましたが私の働いているカナダのカフェは取れるときに勝手に行くのが普通です。
忙しければ仲間を手伝ってから休憩に入るし、暇なら休憩はもうとっていたとしても仕事仲間とおしゃべりしたり、ボーっとしたり、何か食べたり、スマホを見ることだってあります。

かなり日本とのギャップは強いですがこの文化を私は結構気に入っています笑 みんないかにストレスをためないで働くかに重点をおいていて新しい考え方を学びました(日本のカフェだと勤務時間はとにかく働くのが普通でした)。

また服装もネイルや髪色も私のカフェではすべて自由です。日本の飲食店だと考えられないですよね。服やネイル、派手な髪色で遊ぶのが好きな私にはうれしい環境です。
お客さんや仕事仲間に服装やネイルを褒められるとうれしいし、そこから何気ない会話につながって仲良くなるきっかけになることもありました。
自分のアイデンティティをそのまま表現しながら働けているのが今の職場のお気に入りなところです♡

 

上手く接客する上でのTips!

まだ仕事に慣れていないとき注文を受けてタブレットに情報を打ち込むだけでも時間がかかっていました。
そんな時はお客さんに「まだなれていなくて。。少し時間をください」などと自分の状況を言語化してお客さんい伝えるといいと学びました。
黙っているとただ遅い人だなと思われますがちゃんと説明すれば大丈夫です。「全然ゆっくりでいいよ」とお客さんは言ってくれます。

ドリンクを作るのに忙しくてオーダーをなかなか取りにいけない時も同じです。
「こんにちは!すぐにそちらに行きます」と忙しくても一声かけるだけでのちのお客さんの態度が全然違います。
またお客さんの英語が聞き取れないときもよくあります。BGM、扇風機、お客さんの会話に妨げられて本当に大変でした。
間違えがないように注文ははっきりと、自信がなければ最後にもう一回復唱させてもらうを徹底して今はほぼ間違えが無くなりました。最初はいちいち確認するのがお客さんに申し訳ない気がしてできませんでしたが、何度も間違いを経験することでしつこく聞かれても間違えるよりはマシだと思われることに気づきました。

英語がわかってないと思われるのを恐れないで何でも聞くのが今の私のモットーです。(実際ネイティブもマスク越しだと一回では聞き取れないことがしばしばあります。)

これらのtipsは簡単なのでこれからカスタマーサービス系でバイトをする方は参考にしてみてください!

これから仕事探しをする人へ

ここまで私の体験を書いてきましたが、英語レベルや持っているスキルや経験に合わせて仕事を探すのが一番良いと思います。

たとえば英語は初心者だけど日本でレストランや居酒屋で働いていた人は日本食レストランがいいと思います。
基本的な動き方はお客さんが外国人だろうと変わりませんから仕事自体にはあまりストレスを感じないで英会話に集中して働く体験ができるでしょう。
逆に私のように日本でもサーバーをやったことがないひとには英語を使うこと以上に仕事自体が大変でそれがストレスに感じるかもしれません。
留学を何のためにしているか考えた時無駄なことにストレスを感じたくないですよね。

仕事探しは自分の得意な分野と(飲食、カフェ、ドラックストア、アパレル、教師etc…)、伸ばしたいスキル(英語だけなのか、プラスαで何か求めるものがあるのか)がなるべく一致するようなところを見つけられると自分にピッタリな仕事が見つかると思います!

 

ブログ一覧に戻る

CONTACT
お問い合わせ

    コンタクト方法

    LINE上で、お問い合わせ、無料相談も承っております。
    下のQRコードからお友だち追加後、チャットで声をかけてください。

    カナダ留学ならカナダジャーナルお問い合わせ用LINE@

    上ボタンをクリック、もしくは『@canadajournal』(@マークも含めて)でID検索をしてお友だち追加してください。
    担当者がログイン後、お応えします。

             メープルリーフ装飾 SVG
    メープルリーフ装飾 SVG
    メープルリーフ装飾 SVG
             メープルリーフ装飾 SVG